2011.11.04

江ノ島展望塔台から

044dayi4ss

4x5カメラを展望台の手すりに載せて手持ち撮影。

044dayi5ss

DAYI Portable 4x5 Camera / Nikkor-SW 65mm f4.0 / Kodak 320TXP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.08

4x5シートフィルム現像・Yankee Agitankの改造

P1010480s
4x5シートフィルムの現像にあたってYankee Agitankを米国のネットショップから購入。ネット上の大判フォーラムなどで造りの悪さの評判は聞いていたけど、実際に現物を見ると軽くショック。アメリカらしいおおらかさで日本の製品ではありえないような精度の悪さ。でも、まぁ、使えないことはない。

P1010484s
ということで、4x5シートフィルムを現像してみるとフィルムの縁に現像ムラが出る。もちろん、引伸機のネガキャリアにセットする時はある程度マスクされるとはいうものの、あんまりといえばあんまり。この現像ムラを解消すべく情報を収集して思い当たったのが、フィルムを保持するホルダーの天板とフィルムの間に気泡が入って取れないのではということ。それならば気泡を抜く穴を開ければいいということで、そこは昔取った杵柄。ミニリューターを使って自分で穴を開けてしまった(写真左)。そもそも、底板はメッシュになっているので、同じにしてくれればいいのにな。ともあれ、これで気泡による現像ムラは解消。

On the web, Yankee Agitank for the sheet film developing has bad reputations. Indeed, when I used it for the first time, I found some uneven streaks near the edge of several films. It seemed that air bubbles between films and an upper board of film holder during developing process might be responsible for the failure. So I drilled holes on the upper board to let the bubbles out. This modification worked great, the streaks did not appear in the developed films last time. Anyone who uses Agitank as a pen stand or door stopper, try this!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.03

今年も桜が咲き始めた

009toyo679s
Toyo-field 45A/Nikkor-SW 75mm f4.5/Kodak Tri-X

なかなか暖かくならないけれど、今年もさくらが咲き始めた。
自宅近くで三脚を立てて大判カメラで桜を撮っていたら散歩中の老婦人から話しかけられた。「毎年この桜を見るのが楽しみ。この歳(85歳)になると、ここの桜を見て、また1年生きられたと実感するの。いい写真が撮れますように」ありがとうございます。お婆さんもお元気で。

009toyo6710s
Toyo-field 45A/Nikkor-W 135mm f5.6/Kodak Tri-X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.27

First light

008dayiac4s

本来、ファーストライト (first light) とは新しく完成した天体望遠鏡が、設計通りの性能に達しているかどうかを確認するために行う最初の観測のこと。先の連休では下関に前のエントリーに書いたDAYI大判カメラを持ち帰り、使ってみた。使用したレンズはNikkor-SW 65mm。水平画角が約85度で、お馴染みの35mmフィルムでは、ほぼ20mm超広角レンズに相当する。

現像後のフィルムのムラは前回に比べるとマシになったが、まだ歩留まりが悪い。現像の手順に工夫が必要のようだ。フィルムと現像液についても試行錯誤していくつもり。

008dayiac6s
DAYI 4x5 Portable / Nikkor-SW 65mm f4.0 / Fujifilm ACROS 100 / 下関市響灘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.26

DAYI Portable 4x5 Camera

P1010444s
香港の業者から入手した中国製のポータブル大判カメラ。DAYIとは漢字でどう書くのだろう?4x5判カメラの他にも120フィルムを使うパノラマカメラなども作っている。しかし、メーカー自体についてはネットで検索してもほとんど情報が得られない。広州か深センあたりの町工場ではないかと想像するのだが。

送料込で540米ドルだったので今のレートだと45,000円くらい。カメラと言っても部品点数は少ない。ヘリコイド付レンズボードをネジ止めでグリップ付ボディーに装着するという単純なもの。レリーズとレンズ装着のためのレンチが付属。フォーカシングスクリーンやフィルムを装着するためのカメラバックとレンズは価格に含まれておらず、別途、調達しなくてはならない。自分は既に持っていたトヨフィールド45AのカメラバックとNikkor-SW 65mm f4.0を使っている。

P1010448s
ボディはNC加工で金属板から削り出したと思しきもの。精度よくかっちりと仕上がっている。レンズ向かって左にあるノブを緩めることでレンズボードを上下に各々19mm動かすことができる。自分のテーマにしている水平線撮影にはチルトやスイングといったアオリは必要ないのでこれで十分。シンプルな分、トヨフィールドよりも1kg以上軽く、徒歩での持ち運びには有難い。その気があれば、外付けファインダーを付けて手持ちでスナップ写真を撮ることだって不可能ではない。

007dayi1s
DAYI Portable 4x5 camera / Nikkor-SW 65mm f4.0 / Fujifilm Acros 100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.15

TOYO Field 45A

R0013892s

先日、新宿の中古カメラ屋でトヨフィールド45Aが、ジャンク扱いでネットオークションよりずいぶん安い値段で転がっているのを発見。ジャンク扱いとはいえ、使い込まれてはいるが、蛇腹はきれいだし、そもそも大判カメラは小型カメラ程には精密な作りになっていないので、使う分には大丈夫だろうと判断。他のカメラ屋をいくつか回りながらしばらく考えた結果、保護することに。本体は安かったのだけど、レンズ他、現像タンクなどもろもろを揃えていくと結構な金額になってしまった。まぁ、それもわかった上でのこと。

このカメラは4×5インチ(10×12.5 cm)のシートフィルムを使う。一般に馴染みのある35mmフィルムでは通常の1コマは2.4×3.6 cmなので面積は約15倍大きいことになる。撮影は撮るまでの手順とお約束が多くて面倒なのだけど、かえってそこが面白い。ただ、ピント合わせの際に布を被るのだが、人目があるところだとそれがかなり恥ずかしい。しかし、ピントグラスに映った逆さまの世界には写真術という言葉がぴったりくる不思議な魅力がある。

R0013897s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.14

メタセコイア

007toyo4s
Toyo field 45A / Nikkor SW 75mm f4.5S / ILFORD HP5Plus

ついにというか、やっぱりというか、大判カメラ(4x5)に手を出してしまった。まだ使いこなせていない。フィルム現像も初回は現像ムラだらけだった。撮影も現像も更なる情報収集と試行錯誤が必要のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)