2013.08.28

LOVE

Dscf0027

六本木ヒルズ・森美術館で開催のLOVE展、草間彌生の展示は撮影可。
自分はそれ程の信奉者ではないのですが、自分の中ではLOVE展は彌生様が全部持って行っちゃいました。暗い中に光る不思議な物体、低く響く彌生様の声。最後に見たせいもあって、それまでに見た他の展示の印象が吹っ飛んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.10

館長 庵野秀明特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技

O9090592t

東京都写真美術館にて開催中の「館長 庵野秀明特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に行ってきました。懐かしい特撮映画のミニチュアで会場が埋め尽くされていて幸せ。

O9090601t

撮影可能な荻窪駅周辺のミニチュアセットではいい歳した大人が写真を撮りまくっていました。もちろん僕もその1人。

O9090602t

会場で上映されている特撮短編映画『巨神兵 東京に現わる』は小さい子供にはトラウマになるのではというくらい素晴らしい出来栄え。CGを使わずに特撮だけで製作されたとのこと。

O9090622t

この『巨神兵 東京に現わる』の美術監督の三池敏夫君は高校の同級生でした。うちの高校は1学年450人いたので交流はなかったけど。三池君はメイキング映像に出演してました。

O9090604t

会期中にもう1回観に行きたいけど、日程的に無理かな。

Olympus E-5 / Leica D Vario-Elmarit 14-50mm f2.8, Zuiko D 7-14mm f4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.20

世界報道写真展2011@東京都写真美術館

R0014666s

降りそうで降らない梅雨空。目黒駅から歩いて恵比寿方面へ。
東京都写真美術館で開催中の世界報道写真展2011に足を運んだ。例年になく救いのない写真が多かったように感じた。しかし、それが世界の現実。

R0014667s

Ricoh GR digital II


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.31

立体写真ワークショップ@世田谷アートフリマ

Goliras

2011年4月23日(土)、24日(日)に三軒茶屋のキャロットタワー内の生活工房で世田谷アートフリマvol. 15が開催されます。世田谷アートフリマって何?って方はここを読んでいただくとして、本題。
このイベントの体験ワークショップコーナーで僕が講師を務める立体写真(ステレオ写真)のワークショップを開催します。

題して「写ルンです!で3D写真を撮ろう 〜 使い切りカメラで手軽に楽しむ立体写真 〜」

「写ルンです」を使って3Dカメラを作成し、自分が撮った写真で立体写真を楽しむというワークショップです。参加費は1,000円。これには関係各位のお陰で、太っ腹なことに写ルンです2台と現像・プリント代が含まれています。事前申込みが必要です。
ワークショップの詳細と申込みはこちらをどうぞ。

Setasen
Nikon F100/AF Nikkor 50mm f1.4D+Pentax Stereo Adapter/Kodak MAX400/平行法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.10

Friday Night

032zisw45

Friday NightといえばArabesqueの往年のディスコヒットを思い出すあたり、歳がばれる。

仕事を定時に上がり、練馬駅近くの練馬文化センターへ石神井バレエアカデミーの公演を観に行った。環8は例によってひどい渋滞で、職場から車で1時間半掛かって数分遅刻。早めに着いて練馬駅周辺で写真を撮ろうと思っていたけど、見込みが甘すぎる。車でiPodをシャッフルにしていたら、久しぶりにピアソラの曲が流れて、いいねぇと思ったら、バレエ公演でもピアソラの曲に振り付けた作品があり、ちょっとびっくり。

032zisw53

Zeiss Ikon SW / C Biogon 21mm f4.5 / ILFORD Delta 100 /三軒茶屋キャロットタワー最上階

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.17

国宝燕子花図屏風@根津美術館

R0012310s
Ricoh GR digital II

行ってみたいと思いながら、長いこと改装中だった根津美術館。新装記念特別展第5部として、尾形光琳作 燕子花図屏風が公開されている。
人気の展示とあって結構な入場者。といっても最近の上野国立博物館の特別展の混みように比べると大したことないけど。お目当ての燕子花図屏風は光琳ならではの本質の抽出と単純化の極致。眼福。そして、立派な庭園をしばし散策。ここはまた人出が少ないときに来てみたい。

その後、南青山周辺を1時間以上彷徨うことに。というのも出掛けにチェックしたgoogle mapに表示された位置が間違っていたからで。ちゃんと住所を確認しておくべきだった。それで携帯電話のブラウザの検索機能を使うも、ヒットしてくるページの情報がどれも当てにならない。結局は何とか目的地にはたどり着いたのだけど。全く以てネットの情報の精度に振り回されてしまった。

たくさん歩いたせいか、夕食直後ソファで長時間うたた寝してしまった。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.15

第13回TARO賞

R0011729s
日曜も午前中は休日出勤。停滞した気分を吹っ飛ばすため、帰宅途中にTARO賞の展示を観に岡本太郎美術館に寄った。

R0011726s
相変わらず変なものがいろいろ。

R0011734s
生田緑地の梅園もちらほら。

Ricoh GR digital II

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.11

医学と芸術展@森美術館

R0011578s

昨日の頑張りで、今抱えている仕事に何とか目処がついたので、連休3日目は休みにした。今朝はたっぷり朝寝し、午後から六本木ヒルズの森美術館で開催中の「医学と芸術展」へ。ダ・ヴィンチの頭蓋骨の素描やクリックが書いたDNA二重らせんの鉛筆画、グリップに髑髏が付いているダーウィンの杖など、なかなか面白かった。本当はもうひとつ美術館をハシゴする予定だったけど、思った以上に見るのに時間が掛かったのと疲れたのとで、展示を堪能した後は屋上に上がって暮れなずむ東京の街をしばし眺めた後、帰宅。

R0011595s

Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.08

A wink of sleep

P1010026

昨日のエントリーの杉本博司氏の写真集と一緒に個人輸入したRichard Avedonの写真集
「AVEDON FASHION 1944-2000」

既に持っている3冊の写真集と被る写真多数なるも、ファッション雑誌に掲載された写真とジャンルを区切ることで統一感があり、見応えのある写真集となっている。この写真集の表紙はHarper's Bazaar1965年4月号から。見る角度によってモデルの右目がウインクするという仕掛けも再現されている。

P1010027

今朝も瞬きのような睡眠時間。今日から3日間は目の回る忙しさ。せっかくの写真展にも行けそうにない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.23

岡本太郎美術館

R0011359s

インフルエンザも癒えてやれやれというところが、昨夜から四十肩が再発し左肩が半端なく痛い。お陰で身動きが辛い。たっぷり朝寝して起きてもやはり肩は痛い。それでも天気のよさに誘われて、昼食後「対照・佐内正史の写真」開催中の生田緑地の岡本太郎美術館へ。

R0011350s

観覧後、木々が冬の準備を始めた生田緑地内をゆるゆると散歩。しかし、左肩が痛いのはいかんともしがたく、早々に帰宅した。

Ricoh GR digital II


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧