2015.01.18

色の記憶のない夢

0622s

子供の頃から、たまにパニック映画のような夢を見る。先程のうたた寝の時に久し振りにそんな夢を見た。夢に現れるのはいつも、混乱の現場ではなくパニックが起こる直前の静けさ。

0623as

夢の中の私には、今の静けさは束の間のものであり、遠くない未来に混乱が避けられないのはわかっている。芯の部分に熱っぽさを秘めた静寂。それはちょうど台風上陸の前日の夕方のような気配、避けようのない混乱を怖れつつ、どこかそれを期待する気持ちも否定できない、そんな感触の夢。

0623fs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.24

季節が動く

Img_2837

今月初めの個展を終えた後、ぼうっとしていてるうちに季節が動いていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.06.13

I wanna be a lighthouse keeper

Sdim1217s
SIGMA DP1 Merrill / 角島灯台

I wanna be a lighthouse keeper and spend the day watching the sea.

灯台守になって毎日海を眺めて暮らすのにちょっとだけ憧れる。実際の仕事は大変なんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.17

Knee Crasher

042h4cs
Hasselblad SWC/M / C Biogon 38mm f4.5 / Kodak TRI-X / 鋸山・房総

先週末に左膝に炸裂したこれまでで2番目にひどい痛風発作もようやく収束に向かい、やっと鎮痛剤の世話にならなくて済むようになった。しかし、まだ左脚の動きがぎくしゃくしていて歩くのがとても遅い上に微妙な段差に足を取られて転びそうになる。特に下り坂。自省するにここ数年は発作が出てもたいしたことなかったのですっかり慢心していた。これも身から出た錆ならぬ関節腔に出た尿酸結晶。

発作が出てしまうと痛くて不自由極まりないけれど、己の不摂生に対する親身なる警報なのだと思えばそれはそれでありがたい。この尿酸値が高い体質は亡き母親譲りなのだが、ということはある意味、痛風発作は母の小言みたいなものなのか。死してなお「あんた最近お酒飲み過ぎじゃなかとね」と。まぁ、そんなこと死ぬまで酒を手放せなかったあなたに言われる筋合いはないとも思うのだけれど。しかし、今日のところは素直に小言を受け入れて、もう少し節制した生活をしなくてはと静かに思っている。

写真の鋸山山頂から日本寺の大仏まで下る階段はまさにKnee Crasherだったなと本文と無理矢理関係づけてみた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.04.07

中目黒は葉桜

Sdim1140rs
SIGMA DP1 Merrill

中目黒の桜もすっかり葉桜。それでも花見客(?)が結構多い。
酔客を避けて歩きながら「お酒飲む人、花ならつぼみ、今日もさけさけ明日もさけ」という都々逸を思い出す。初めて聞いたのは、確かその昔、十朱幸代の胃腸薬のCMだったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.02

東京は雨です

Img_20130402_082709

そろそろ晴れないかなと思へど、明日も雨の予報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.30

花吹雪

L17601191s
Leica X1

散る花びらが雪のごとく降り積む春の夕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.27

満開

Sdim1108sq
SIGMA DP1 Merrill

この界隈で一番大きな桜の木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.12

残照

O3101098rs
OLYMPUS E-5 / Leica D Vario-Elmarit 14-50mm f2.8

彗星を探しにいつもの海岸へ行くも見つけられず残念。
当初の予想ほどは明るくなっていないらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.05

Passing through the walkway

005ro3bs_edited1
Rolleiflex 3.5f / Planar 75mm f3.5 / Kodak Tri-X

Where are we going?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧