2013.10.05

ARGUS - Motion and Fitness Tracker

Argus

先日の検査の数値が諸々悪くて、主治医から12月第1週までに5kgの減量を言い渡されちゃいました。取りあえず夕食の摂取カロリー過多なのはわかっているので節酒生活に戻ります。

iPhone用の歩数計アプリを探していたところ、IT系ライターの知人からお勧めされて、ARGUSというライフログのアプリを入れてみました。歩数だけでなく食事や体重の記録などもできる優れもの。

さて、目標達成はなるのか?あまり自信ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.29

遅ればせながら

Img_0591

1988年以来のMacユーザー&Appleフリークなのだが、諸事情によりこの期に及んでのiPhoneデビューとなった。さすがに最新機種。サクサク動いて気持ちいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.07

Ricoh GXR Mount A12

R9317345s
今週末に発売されるリコーGXR MOUNT A12ユニットのデモ機を銀座のリコーRING CUBEでちょいと拝借。1930〜40年代にCarl Zeiss Jenaで製造された古いレンズ、Sonnar 5cm f1.5、通称いちごゾナーを装着して、ほんの短い時間だけ使ってみた。f1.5と明るいレンズのおかげなのか、通常の液晶画面でも案外ピントがつかみやすい。また、紹介記事で読んだ時は、その効果に懐疑的だった被写体のエッジだけを表示するフォーカスエイドもしばらくやっていると思った以上に使いやすい。熟練すれば普通にレンジファインダーカメラでピントを合わせる程度には使えるようになるかも。シャッター音も含め動作は軽快で、サクサク撮れる。そして撮れた画像も好感触。ちょっと欲しくなったけど、しかし、僕にとって最大の問題はGXRのベースユニットを持っていないこと。別件で物入りなんでGXR+Mount A12は当面先送りかな。

R9317335s
Ricoh GXR MOUNT A12 / Carl Zeiss Jena Sonnar 5cm f1.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.24

畑も飛ぶ飛ぶ家も飛ぶ

Shot_1311322569624s

例年通り一足早く短い夏休み。
GRD2入院中のため、代わってInfobar A01のカメラアプリRetro Cameraで。電子シャッターの読み取り速度が速くないので高速移動するものは激しく歪んでしまっておもしろい。

Shot_1311323769936s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.21

iPhone/iPod touch用ポーチ

P1010535s

AppleStore限定のPorterブランドのポーチ。ポーター・ドライブ・ポーチSとデザインは似ているけど、サイズが少し違うのとオレンジ色のアクセントが限定品の印。もちろん、AppleStoreではiPhone/iPod用として売られているのだが、実のところ、INFOBAR A01用に買った。iPod touchと2台持ちするのにも便利。

2年半使って来たGR digital IIの内部にゴミが入ってしまい、空を撮ると無様な影が写りこむようになってしまった。安いコンパクトデジカメなら買えるくらいの修理見積なれど、GRD2には代え難し。ということで修理行き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.19

Leica X1

L1000023ss
いまだにフィルムカメラ&モノクロフィルムがメインで、デジカメは撮影記録に使う程度なので、高価なデジカメを買っても仕方ないと思いつつ。二子玉川のライカショップで発売直後に触ったときに好感触だったのが尾を引いて、結局、入手する羽目に。APS-CサイズのCMOSセンサー搭載の上、コントラストAFなので合焦速度はそれなり。ズームもアートフィルターも何たらモードも外付けEVFも動画も何もなし。ただただ静止画を撮るだけのカメラ。こういう発想のカメラは薄利多売の日本のデジカメメーカーでは商品化できないできないのだろうなぁ。

L1000023ss
ハンドグリップとSBLOOで軽くカスタマイズ。SBLOOは1950年代のライツ全盛期に製造された35mmレンズ用のビューファインダー。造りと見えの良さで今でも根強い人気がある。これは、以前、IIIf+Summaron用に入手しておいたもの。X1のレンズの画角は35mm換算36mmで、それ専用のビューファインダーが発売されているのだけど、そもそもビューファインダーは厳密なフレーミングをするためのものではないので焦点距離で1mm程度の画角差は御愛嬌のうち。

L1000023ss
X1で撮ったご先祖様 Leica IIIf + Summaron 35mm f3.5 + SBLOO。

X1といって思い出すのは、その昔に使っていたシャープ製の8ビットパソコン、Sharp X1。テレビが見れるパソコンとして話題になったパソコンだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.10

DN-50

R0015071
この夏、鈴木商店の鈴木社長イチ押しのトイデジカメDN-50
リンク先の作例を見て貰えばわかりますが、ホワイトバランスをRGB毎にそれぞれで簡単に変更できるなど、いろいろ遊べる機能があります。遊べるといえば、リンク先では紹介されていませんが、昔懐かし倉庫番やテトリス(のような)ゲームまで搭載されていて本当に遊べます。これでお値段8820円。最近、この手のチープなデジカメは1ロット、多くて数ロットしか製造されないようで、このDN-50も在庫限りとのこと。興味のある方はお早めに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.31

Panasonic DMC-L1+D Summilux 25mm

R0013077s

メモ用のコンパクトデジタルカメラはあるけど、写真を撮るのにはフィルムカメラがメイン。デジタル1眼レフは興味はあるものの、ピンと来るものがなく何となく未導入。ところが、今月号のアサヒカメラで記事を読んだD Summilux 25mmが使ってみたくなって、ボディとの組合せを考えてみた。
1. フォーサーズ規格の盟主オリンパスの次期フラッグシップを待つ。
2. 小型軽量一眼レフOM-1の正統な末裔、E-410との組合せでボディとレンズのアンバランスを楽しむ。
3. ライカブランドのレンズにはやっぱりライカブランドのDigilux 3。
etc...

いろいろ思いを巡らせているうちに、ふと、ネットでPanasonic DMC-L1とVario-Elmaritレンズキットの値段を検索してみると後継機が出るからだろうか、最安値は14万円を切っていることが判明。これって発売直後のほとんど半額近い。それに付属のVario-Elmaritってレンズ単体で買うとなると今でも11万円くらいする。ということはDMC-L1本体の値段は...Vario-Elmaritは気に食わなければ売ってしまってもいいか...などと考えているうちに、気が付くとD Summilux 25mmとDMC-L1レンズキットを即納を謳うショップに発注してしまっている自分を発見。7月初めにはボーナスも出る予定だし、日本に帰ってきて1年間、真面目に働いたご褒美ということで。 実はDMC-L1導入は発売当初にも考えていたのだけど、マウントアダプター経由でのフィルムカメラ用のレンズ使用の際に露出計が作動しないということで興味が失せて見送っていた。しかし、ファームウエアのアップデートでこの点も既に解消していたというのも購入に傾いた要因のひとつ。

親戚筋の叔父さん達との記念撮影。
DMC-L1のシャッターボタンに僕の手が映っているのは御愛嬌。
R0013085s
DMC-L1/D Summilux 25mm vs M5/Summicron 35mm (2nd)
ボディの横幅はM5の方が大きいけど、厚みはDMC-L1の方が1.5倍くらいある。

R0013088s
DMC-L1/D Summilux 25mm vs R8/Summilux-R 50mm (1st)
同じ名前を背負った一眼レフ用標準レンズなれど、38年の年齢差のある2本、対決やいかに。乞う御期待。

しかし、カメラと飛行機の話題は文章が長いね。

| | コメント (0)

2004.06.01

Panasonic DMC-F1

024_22L.jpg
このリッチモンド日記の写真の8割程はPanasonic製コンパクトデジカメLUMIX DMC-F1で撮ったもの。小型だけど精密感が感じられる重さが手に持って心地よい。この手にしたときの心地よさ、フィルムカメラで言えばRollei 35に似ている。最近はどこに行くにも持ち歩いてメモ代わりに撮りまくっているのはこの日記の通り。デジカメはフィルム代がいらないのでこういう用途には便利。昨年9月に購入してようやく最近使い方に慣れてきたような気がする。それでも、まだフィルムカメラの方が自分にはしっくり来るかなぁ。スポット測光が選べることとシャッターボタン半押しでフォーカスと露出ロックができるのは○。露出がプログラム露出だけで絞りのコントロールができないのが惜しい。ストラップがカメラ向かって右なのは×。
アメリカでは販売されていないらしく、使っているとどこで買ったのかとよく聞かれる。もし、売っていたとしてもアメリカ人のごっつい指では小さなボタンを押すのに苦労しそう。それに同じ値段だったら重くて大きい方を買うというアメリカ人の消費者心理(←職場の同僚が言ってた)では小さいカメラは売れないかも。

| | コメント (0)