2014.10.15

'64のカメラ

1

先日、しばらく前に録画しておいたAlways 三丁目の夕日 '64を鑑賞した。面白かったのだが、カメラマニアとして駄目出しを1つ。銀座で歌舞伎座への道順を白人男性に英語で尋ねられるシーンで男性の首から下がっていたカメラはストロボ内蔵プラスチック外装のAFコンパクトカメラに見えた。世界初の市販AFカメラであるジャスピンコニカが発売されたのが1977年だから時代考証に無理がある。そもそも1960年代は金属外装のカメラが主流だった。

ビデオを戻して静止画(上記画像)でカメラをよく確認してみると、どうやら1981年発売のミノルタハイマッチクAF-Dのようだ。緻密なCGであの時代を再現しようとも、こんな簡単なことで時代考証をきちんとやらないのはがっかり。1964年が舞台なのだからミノルタハイマッチク7かキャノネット、もしくは1964年7月発売で海外からの旅行者にもよく売れたというアサヒペンタックスSPを用意してほしかった。

9月の個展が終わってから、写真活動に関してはただ呆然と過ごしている。撮影済みのフィルムも未現像のまま放置状態。10月も既に半ば。ということで、お世話になっている貸暗室が年明けに主催する公募展に申し込んだことだし、そろそろ再始動しなくてはと考えているところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.18

風立ちぬ

O8172019s

ここ数日、つれ合いが仕事で上京中。OFFは金曜だけというので、自分も休みを取って宮崎駿最新作「風立ちぬ」観にシネコンへ。

未見の方にネタバレは避けたいので「Caproni伯爵かぁ、駿氏、どれだけ多翼機好きなんだ」と飛行機マニアらしいコメントだけにしますが、観てよかったです。歳のせいで涙もろくなったせいか何回か涙を流しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.07

Thunderbirds are Go!

O7072004

雑誌Penの最新号はサンダーバード完全読本。この特集はなかなか気合い入ってていいね。来週からの日本科学未来館でのサンダーバード博も楽しみ。もちろん前売り券購入済み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.22

傷だらけのエンジェル

Sdim0818s
SIGMA DP1 Merrill

その昔、大好きだったテレビドラマ「傷だらけの天使」でショーケンと水谷豊が屋上の小屋に住んでいたエンジェルビル、今も代々木駅近くにある。老朽化で建物自体は外から見てもまさに傷だらけで相当やばいことになっているけれど、いろいろ事情があって建て替えられないらしい。

ドラマのOPで軽快な音楽が流れる中、ショーケンが手を使わずに牛乳瓶の蓋を開けるんだけど、あれを真似して牛乳をこぼした中学生の数知れず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.13

Thunderbirds Cafe@神保町

O9090632t2
特撮博物館の帰りに特撮繋がりということで鈴木社長@鈴木廻漕問屋に連れられて今年6月に神保町に開店したサンダーバード・カフェへ。ここは関東でカラオケボックスのチェーンを展開しているパセラが運営している。もちろん、正式のライセンス契約をしているとのこと。
ところでJeff Tracy(お父さん、写真一番左)は劇中ではこの看板にある国際救助隊の制服を着たことはない。また、サンダーバード各号機のパイロットであるTracy familyの5兄弟、Scott (TB1)、John (TB5)、Virgil (TB2)、Gordon (TB4)、Alan (TB3)のfirst nameはそれぞれアメリカ宇宙開発黎明期の宇宙飛行士に因んでいる。

O9090630t
入口のネオンサイン。店内はサンダーバード好きにはたまらないものがたくさん。

Tb2soda_2
サンダーバード2号という名前のソーダフロート。いちいちサンダーバードにこだわったユニークなメニューになっている。

O9090645r
店を出るとサンダーバードの背景に出てきそうな芸術的な雲。

12092012_00_53_41
以前、大人買いしたDVD。また観るよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.10

ミシシッピーの人魚

P1010526s

あまりの日射しの強さに恐れをなして、日中は外出せずに部屋で過ごした。元々エアコン嫌いと言うこともあるが、窓を全開にすれば暑さもそれ程苦痛ではない。随分前に買ったままになっていたDVD, La Sirene du Mississippi(直訳:ミシシッピーの人魚、邦題:暗くなるまでこの恋を)を観た。フランソワ・トリュフォー監督1969年作品、ジャン-ポール・ベルモンドとカトリーヌ・ドヌーブが共演のサスペンス。金持ちのお坊ちゃまが悪い女の魅力に嵌って堕ちていく話。

この映画の冒頭は、マダガスカル島の東にあるフランスの海外県レユニオン島が舞台である。レユニオン島なんてこの映画を観るまで知らなかったが、DVDを見終わってラジオのスイッチを入れると流れてきたのはレユニオン島のグループの曲だった。まさにシンクロニシティ。ちょっとびっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.07

もうひとつの「もののけ姫」と「傷天」のその後

P1010519s

先週末帰省して夕食後にテレビをつけると「もののけ姫」の最後の方だった。テレビがジブリ特集をやりはじめると夏が来たような気がする。
もののけ姫といえば、初期のイメージボードを絵本に仕立てたものがある。これは17年程前に本屋で立ち読みしたきり、一度も見掛けたことがなく、自分の中では幻の本になっていたのだが、ふとしたことでまだ購入可能であることを知り、しばらく前に入手した(ネット書店万歳)。アニメ映画と同じなのはタイトルだけで、中身は、かなりというか全然違う。表紙にあるように「もののけ」は猫バスとトトロを足して2で割ったところにポルコ・ロッソのニュアンスを加えたような化け猫だし、ヒロインはラピュタのシータの雰囲気。ストーリーは「美女と野獣」に「リア王」を足したような感じ。本の奥付を見ると1993年12月31日初版。何部刷ったのかはわからないけど、よくもまあ、裁断されずに残っていたものだ。

そして、もう1冊。

兄貴ぃ!中坊の頃に観てたあのTVドラマ「傷だらけの天使」の30年後を矢作俊彦が書いたとなると読まずにはいられないぜ、兄貴ぃ!(ここはアキラの口調で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.05

週末は下関

R0012470bws
Ricoh GR digital II

週末は下関で過ごした。雨はそれ程でもなかったけれど、高温多湿で参った。
HDに録画してあったドリームガールズを観た。シュープリームスをベースにした話だということぐらいしか知らなかったが、面白かった。あとは刑事コロンボを2本。これは両方とも昔々に一度観たもの。話の筋はだいたい憶えていたけど、それでも楽しめるのがコロンボのいいところ。しかし、場所構わず葉巻を吸うってのは今は考えられない設定だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.13

寒暖差

015nf335s
Nikon F3/Ais Nikkor 20mm f3.5/Fujifilm ACROS 100/響灘

昨日は真冬並みの寒さで今日は最高気温20℃超え。
来月のスケジュールを確認したら土曜の休みが1日しかないことに気付いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.30

CAOL ILAとドヌーヴ×ドゥミ×ルグラン

O9300620

先週の誕生日、つれ合いから貰ったプレゼントはアイラ・ウイスキー CAOL ILA。Caol Ilaとはゲール語で「アイラの海峡」という意味だそうだ。ちょっとこだわりの酒屋で、これこれこういう酒飲みに飲ませるウィスキーをくれと言ったところのお勧めらしい。
そして、自分で自分に買ったのは「ドヌーヴ×ドゥミ×ルグラン コンプリートDVD-BOX」

ウィスキーもDVDも楽しみな秋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧