« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.24

「暗室からコンニチハ」と「6x6写真研究部修了展」

年明け早々に「暗室からコンニチハ」と「6x6写真研究部修了展」の2つの写真展に参加します。

Egara

東京都写真美術館ボランティアスタッフ有志27名による写真展「暗室からコンニチハ」

私はこの写真展の幹事を務めております。まだ越えなくてはならないハードルがいくつか残っていますが、4月から企画をスタートさせ諸々の準備を経てようやく来月の開催となりました。

東京都写真美術館ボランティアスタッフは同館が開催する写真・映像関連のワークショップや学校向け体験プログラムをお手伝いしており、70名程が在籍しています。この写真展は、いわばいつも裏方にいる私たちがたまには暗室から出て表舞台にという趣向で、出展者自身の手で暗室作業によってプリントされたモノクロ写真(サイアノタイプを含む)によって構成されます。デジタル全盛の昨今ですが、アナログ写真の良さを改めて感じて頂けたらと思っております。

場所: ギャラリー・コルソ@神田神保町 入場無料
会期: 2014年1月13日(月・祝)~26日(日)
時間: 12:00~19:00 初日は15:00開場 最終日は17:00まで
初日の16:00よりオープニングパーティを開催します。(どなたでも参加できます・会費無料・差し入れ歓迎)
アクセス等の詳細はここを参照して下さい。最寄り駅は神保町または九段下になります。

【注意】13日(月・祝)、19日(日)、26日(日)はビルの入口が旋錠されていますので、入場の際に03-3556-3636まで電話してください。

6x6exhibit

もうひとつは 6x6写真研究部修了展「新春早々文化祭!」

Rolleiflexを含む多くの二眼レフやHasselbladなど6x6cmの正方形のイメージをフィルムに捉えるカメラがあります。「ろくろく」と呼ばれるこの正方形フォーマットには根強い人気があり、私もその愛好者の一人です。

この写真展はいつもお世話になっている四谷4丁目のギャラリーRoonee247photographyでの真四角写真の魅力を探るという企画に関連したものです。会場には14人の参加者による様々な「ましかく」写真が並びます。そこに私はRolleiflexで撮った2点の肖像写真で参加します。例によってプリントも自分でやりました。

会期:2014年1月14日〜19日
時間:12:00〜19:00(最終日は16:00まで)
会場:Roonee 247 photography
アクセスはここを参照して下さい。最寄り駅は四谷三丁目駅です。

これら2つの写真展は会期が1週間被っています。2つの会場は若干離れてはおりますが、ご都合よければ両方見ていただけるとありがたくもうれしく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.16

年末進行

Cloud

そろそろ峠は越えそうだが、例年のことながら年末は公私共々タフな進行になっている。そんな私の日々はDavid Sylvianの音楽と夕空、そして冷蔵庫のライムによってかろうじて支えられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.11

写真展「展示バカ2013」

Photo

最近の忙しさに告知を忘れていたけれど、南青山のNADAR Tokyoにて開催中の公募展「展示バカ2013」に参加してます。とっても地味なモノクロプリントを1点出展しています。12/22(日)まで。アクセス、営業時間など、詳細はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.02

GA645wi 故障中

Img_0636

どうも昔から臨時収入があると何かが壊れるというジンクスがあり、今回もそれが遺憾なく発揮された。フジGA645wiは義父の形見として引き継いだカメラのうちの1台。ブローニーフィルムを使用するのだが、自動巻き上げ、自動焦点、自動露出というように中判カメラには珍しく自動化されている。つまり、シャッターボタンを押すだけのカメラで、それもあって引き継いだ当初はあまり出番がなかったのだが、使ってみるとフジのレンズ独特の端正な写りが気に入って時々持ち出していた。しかし、先日の江ノ島撮影散歩の際に固まってしまいどうにもこうにも動かない。それで池袋にあるフジのサービスセンターに持ち込んで修理送り。治るといいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »