« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.31

Speed of life

011f9c6
Nikon F6 / AiAF Nikkor 20mm f2.8 / Kodak Tri-X


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.28

写真展「世界の果ての9日間」終了

写真展「世界の果ての9日間」は昨日、無事に終了しました。9日間のささやかな冒険が終わりました。

ご来場頂いた皆様、また、私宛に暖かいコメントを残してくれた皆様、また、来場できなかったけれど応援してくれた皆様、そして、私の少々風変わりなアイディアに発表の場を与えてくれたギャラリー世田谷233様に感謝申し上げます。

近いうちにまたお目にかかれますように精進したいと思います。

27sun16x20
8日目の展示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.27

写真展最終日

私の写真展「世界の果ての9日間」も本日いよいよ最終日。

こぢんまりとした空間で1日に1点、日替わりで9点しか展示しないという少々実験的な写真展でしたが、観客に恵まれました。よいアドバイスをたくさん貰いました。少々交通不便なところまで足を運んでくれた皆さんに感謝です。という訳であと1日。ギャラリー世田谷233で本日20時までやっています。

19sat14x17
初日の展示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.25

On the table

010f6b3

テーブルの上を占拠するモノたち

010f6b4

Nikon F6 / Carl Zeiss Distagon 35mm f2.0, AiAF Nikkor 50mm f1.4 / Kodak Tri-X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.23

写真展「世界の果ての9日間」開催中

L10003651bw

今回の写真展では165x290cmのこぢんまりした空間に私の考える「世界の果て」を1点だけ展示している。入り口を暗幕で仕切り、照明は作品にあてたLEDスポット1灯だけ。展示スペースには椅子を置き、空調を外よりも少しだけひんやりと涼しくし、リラックスできるような音楽を低く流している。少なくとも1~2曲終わるまではゆっくりと椅子に座って「世界の果て」での滞在を楽しんで貰えたらと考えている。

作品は9日分、9点用意し、日替わりで入れ替えている。これは「毎日見に来い」ということではなく、来た日によって観た写真が異なることで、それぞれ違った印象・記憶を持ち帰ってもらうということ、つまり、写真を媒介とした空間での一期一会を感じて貰いたいということなのだ。

写真展は5/27(日)まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.22

Slices of life

010f6a6

写真に撮らなかったら残らなかったような記憶の断片

010f6b2

Nikon F6 / Ai AF Nikkor 20mm f2.8D / Kodak Tri-X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.21

Annular eclipse

P1010671s

昨夜の関東地方の天気予報ではダメかと思ったけど、雲間からちょうどのタイミングで金環蝕が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陰本線 下関市豊浦町付近

013f6d4s

山口県下関市豊浦町 山陰本線

013f6d3s

Nikon F6 / Ai AF Nikkor 20mm f2.8D / Kodak Tri-X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.19

写真展「世界の果ての9日間」始まりました

577977458_n

ギャラリー世田谷233にて5/27まで(5/22定休)。
銀塩モノクロ写真を展示します。写真を媒介として一期一会を楽しんで頂けたらと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.17

Zero 4x5 75D

R9318272s

香港から個人輸入したZero Image社製のピンホールカメラ。チーク材と真鍮製の部品でできており、思った以上に軽く、作りも美しい。ゴムバンドで3ピースのフレームを組み合わせて連結することで焦点距離を25, 50, 75mmと3段階に変えることができる。市販の4x5シートフィルムホルダーの他、ロールフィルムホルダーやインスタントフィルムバックも使用可能。工作機械で作製されたピンホールの性能はさすがに優秀。ちょっと優秀すぎる(?)くらい。

ピンホールカメラでの撮影はゆったりしていて光を読むという言葉がぴったり。景色のいいところに持ち出してのんびりと撮影を楽しみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.16

Sakura in Pinhole

014zero1s

4x5の針穴カメラで撮った桜
このネガをサイアノでプリントしようと企み中

014zero5s
Zero 4x5 75D / φ0.35mm f216 / Kodak Tri X 320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.13

夜の駐車場

L10009091

L10009051

L10009111

Leica M9-P / Summicron 35mm f2.0 (2nd)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.10

夜桜

Yozakurab2012
Printed in cyanotype process

青空を背景に輝く昼間の桜もいいが、僕は夜のどこか妖しい桜の方が好き。黒い部分がサイアノタイプでは青として表現されるためため、桜の花びらを空に白く浮かび上がらせるには必然的に夜桜を撮影することになる。他の季節であればカメラと三脚を持って夜中にうろうろしているとかなり怪しまれるのだろうが、桜の季節に限っては「あぁ、桜の写真を撮っているのだな」と納得してもらえる傾向があるような気がしている。

四谷のクロスロードギャラリーにて開催中の写真展「ことしのさくら」に関連して、5/12(土)18時から「ゴザの花見」と称してギャラリー内にブルーシートをひいて花見の宴を楽しもうという会が開かれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.08

公募写真展「ことしのさくら」開催中

007swc2b_edited1

四谷のクロスロードギャラリーで写真展「ことしのさくら」開催中です。会期は13日(日)まで。4/27の日記に書いたサイアノタイプ法でのプリントを1点出展しています。

007swc3as

Hasselbald SWC/M / C Biogon 38mm f4.5 / Kodak Tri-X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.04

対比と移行

R9318448_edited1

 対比
  と
  移行

R9318449_edited1

Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.02

雲・光

009f100d3_edited1s

099f100e2s

Nikon F100 / Nikkor 20mm f3.5, AF Nikkor 50mm f1.4 / Legacy Pro 100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »