« 写真展「世界の果ての9日間」 | トップページ | 微生物学 基礎から臨床へのアプローチ »

2012.04.16

目黒川

R9318398s

目黒川の桜はもう葉桜だろうなと思って来てみると、下の枝は散っていたが、上の方ではまだ結構咲いていた。

R9318399s

川面に浮かんだ花びらが塊になって流れていく様子を花筏(はないかだ)と呼ぶそうだ。

R9318405s

【週末に観た写真展】
東京都写真美術館
「生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー」
子供を見る眼差しの暖かさが印象的だった。プリントの調子はきれいなのだが、ネガ上のゴミに意外と無頓着でスポッティング(ゴミ跡で白く抜けた部分を隠すこと)もほとんどされていなかったのもある意味面白かった。

「幻のモダニスト 写真家堀野正雄の世界」
戦前の雑誌グラビアのドキュメンタリーを額装して見せるのが面白かった。反体制側から体制側に取り込まれるに従って写真のセンスが洗練されていくのが興味深かった。

「フェリーチェ・ベアトの東洋 J・ポール・ゲティ美術館コレクション
幕末・明治維新前後に撮影されプリントされた鶏卵紙のプリントがとても美しかった。

リコーフォトギャラリー・リングキューブ
マグナム・フォト創設65周年記念写真展「マグナム・コンタクトシート」
展示の構成上仕方なかったのかもしれないが、写真のほとんどが印刷だったのが残念。

Ricoh GR digital II

|

« 写真展「世界の果ての9日間」 | トップページ | 微生物学 基礎から臨床へのアプローチ »

写真・カメラ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/54482762

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒川:

« 写真展「世界の果ての9日間」 | トップページ | 微生物学 基礎から臨床へのアプローチ »