« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.30

9月最終日

038h19s
Hasselblad SWC/M / C Biogon 38mm f4.5 / Kodak Portra 160 VC / 神奈川県城ヶ島

あれよあれよと日々に追われる間に時は過ぎ、台風で大阪に足止め喰らったのもずっと昔のことのように感じる。それなのに、それとも、それだからか、最近、父母の晩年の姿をふとしたはずみに思い出すことが多い。
今年も残り3ヶ月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.28

秋来ぬと目にはさやかに

R9317448m2s
Ricoh GR digital II

台風一過後、秋めいてきた。
目でもわかる程に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.25

まつとしきかば再び

R9317398s

つれ合いから立て続けにメールが来て、何かと思えば、4月に妻実家に迎えた仔猫2匹のうち隻眼の方が、家の工事の音に驚いて外に飛び出して行方不明になり、いくら近所を探しても見つからない。隻眼なので視野が狭いし、車にでも轢かれたのではないかと心配。で、何だっけ、あのおまじない、とのこと。

「まつとしきかばいまかえりこむ」と書いて他人に見られないように玄関に貼るのだと返信してしばらくしたら、無事帰って来たとの電話があった。空腹だったみたいでガツガツ餌食べて、落ち着くとごろり。帰りを待っていた兄弟猫は、どこ行ってたんだよってな感じでぺろぺろ舐めてあげてたって。きっと、帰り着くまでにいくつも冒険してきたんだろうね。ともあれ、めでたしめでたし。

R9317415ss_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.23

台風で足止め

036swca3
Hasselblad SWC/M / C Biogon 38mm f4.5 / Kodak TriX 400

21日午後、休暇を終えて下関から川崎へ新幹線で向かうも、台風のせいで新大阪で足止め。大混雑の駅内では声を荒げて駅員に詰め寄っている人もいたけど、そんなことしても電車が動く訳でなし。僕はと言えば自然災害には勝てないと先の行程をあっさり諦め、職場に翌日遅刻する旨を連絡し、特急券の後日払戻の手続き後、改札を出た。土地鑑はあまりないけど、ネットで駅周辺のホテルを確保し、新大阪到着1時間後にはチェックイン。EX予約で翌朝の便を予約した後、ファミレスで夕食、銭湯で汗を流し、スーパーで缶ハイボールを買って、と悲壮感の欠片もなく妙にまったり。

22日は朝食後、新大阪駅へ。前日の余波で切符売り場は窓口、自販機とも長蛇の列だったが、EX予約端末は空いていたのですぐに切符を入手し、駅構内へ。外とは対照的に駅構内の精算窓口には誰も並んでいなかったので、前日の特急券を払い戻してもらい、ホームへ。後はいつもの行程で昼には職場復帰。しかし、50代最初の誕生日をこんな風に迎えることになるとは。新たな疾風怒濤の始まりなのか、それともこれで40代に背負った厄が落ちたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.21

墓参り

R9317400s
Ricoh GR digital II

下関までは毎月帰るのだから行こうと思えば、そう大した苦労もなく行けるのだが、夏のあまりの暑さに恐れをなして盆の帰省は諦めた。そして、1月末の法事以来、お彼岸を前に8ヶ月振りに両親の墓参りのために生まれ育った街へ帰った。台風の影響で行き帰りは、時に激しい雨にも見舞われたりもしたが、墓参りの前後は陽射しが強烈で暑かった。高台にある霊園からは有明海を挟んで雲仙が見えた。

昔通った小学校は3月末で廃校になり、正門が閉鎖されていた。児童減少のため、隣の学校と統合されたのだそうだ。今は空き家になった実家の周辺は、また空き地が増えていた。僕が物心付いた頃は、炭鉱のお陰で不夜城だったこの街がこれから再び栄えることはないのだろう。それは時代の流れとして、仕方ないことなのだろうが、街を離れ、たまにしか帰らない者にとっては、老いて衰えて行く親を見ているような気分だ。そして、自分自身も前回に訪れた時より確実に歳を重ねてしまったことを実感する。

妻実家の仔猫たちは2ヶ月見ない間にずい分大きくなっていた。屈託もなく戯れつく猫と遊んでいると時間が過ぎるのが速い。少し遅い夕食後、寝落ちしたソファで目覚めると風雨は収まり、風向きが反対になっていた。午後の新幹線で無事に川崎に帰れるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.19

台風接近中

R9317421s
Ricoh GR digital II

3分後、車のワイパーが効かない程の土砂降りに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.16

夏の名残り

026f100g2
Nikon F100 / AiAF 50mm f1.4D / ILFORD Delta 100

諸般の事情で取り損なっていた夏休みの残りを連休にくっつけて消化することになり、明日から5連休の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.15

残暑

032zie6
Zeiss Ikon / Carl Zeiss C Biogon 21mm f4.5 / Fuji Acros

ここに来ての残暑は身体に堪える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.11

城ヶ島の夕暮れ

R9317361s
午後、夕陽と海を見たくなって車で城ヶ島を目指した。第三京浜→横浜新道→横浜横須賀道路→三浦縦貫道と渋滞もなく進んで1時間ちょっとで到着。夕陽に間に合った。夕陽は海ではなく伊豆半島に沈んだ。

R9317370s
南の海上に大島が見えた。その先には4月に行った三宅島があるはず。
次回はもっと早い時間から行くことにしよう。マグロも食べよう。大判カメラも担いで行こう。

Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.10

カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」

023f100f1
Nikon F100 / Ais Nikkor 20mm f3.5 / Fuji Acros / 玄界灘

柔らかく守られた幼年期を過ぎ
自分が置かれた社会的状況を理解したある日
どんな運命だろうと自分の人生なのだから
それを引き受けて生きていくしかない。
教室の窓から外を眺めながらそう思った。
その日から「僕」が始まった。

自分の出発点となった12歳のあの日を
思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.07

Ricoh GXR Mount A12

R9317345s
今週末に発売されるリコーGXR MOUNT A12ユニットのデモ機を銀座のリコーRING CUBEでちょいと拝借。1930〜40年代にCarl Zeiss Jenaで製造された古いレンズ、Sonnar 5cm f1.5、通称いちごゾナーを装着して、ほんの短い時間だけ使ってみた。f1.5と明るいレンズのおかげなのか、通常の液晶画面でも案外ピントがつかみやすい。また、紹介記事で読んだ時は、その効果に懐疑的だった被写体のエッジだけを表示するフォーカスエイドもしばらくやっていると思った以上に使いやすい。熟練すれば普通にレンジファインダーカメラでピントを合わせる程度には使えるようになるかも。シャッター音も含め動作は軽快で、サクサク撮れる。そして撮れた画像も好感触。ちょっと欲しくなったけど、しかし、僕にとって最大の問題はGXRのベースユニットを持っていないこと。別件で物入りなんでGXR+Mount A12は当面先送りかな。

R9317335s
Ricoh GXR MOUNT A12 / Carl Zeiss Jena Sonnar 5cm f1.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.06

9月になった

032zic1
Zeiss Ikon / Carl Zeiss C Biogon 21mm f4.5 / ILFORD Delta 100 / 鎌倉市稲村ガ崎

写真展始まったり、台風来たり、写真展関連イベントあったり、飲み会あったり、大切にしてきたカメラを手放したり等々ばたばたしていたら、あっという間に9月も6日目。

9月4日に写真展「ぼくらの三宅島」は無事終了。準備はそれなりに大変だったけど、始まってしまうとあっという間だった。会場で高校の同級生やアメリカ在住時にお世話になったご家族など、思わず久しぶりの友人達に再会できてよかった。これも写真展の魅力のひとつ。

そんなこんなで週明けの体調は最悪。寄る年波を実感してしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »