« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011.03.31

立体写真ワークショップ@世田谷アートフリマ

Goliras

2011年4月23日(土)、24日(日)に三軒茶屋のキャロットタワー内の生活工房で世田谷アートフリマvol. 15が開催されます。世田谷アートフリマって何?って方はここを読んでいただくとして、本題。
このイベントの体験ワークショップコーナーで僕が講師を務める立体写真(ステレオ写真)のワークショップを開催します。

題して「写ルンです!で3D写真を撮ろう 〜 使い切りカメラで手軽に楽しむ立体写真 〜」

「写ルンです」を使って3Dカメラを作成し、自分が撮った写真で立体写真を楽しむというワークショップです。参加費は1,000円。これには関係各位のお陰で、太っ腹なことに写ルンです2台と現像・プリント代が含まれています。事前申込みが必要です。
ワークショップの詳細と申込みはこちらをどうぞ。

Setasen
Nikon F100/AF Nikkor 50mm f1.4D+Pentax Stereo Adapter/Kodak MAX400/平行法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.29

R0014007s
Ricoh GR digital II

節電で夜の街が暗いけど、
僕はもっと暗くてもいいんじゃないかと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.28

Blue on Blue

005swc4bs
Hasselblad SWC/M / Carl Zeiss C Biogon 38mm f4.5 / Kodak Portra 160 NC / 江ノ島

もうすぐ4月だというのに、なかなか暖かくならない。

東京都写真美術館で開催中の「ベッティナ・ランス写真展 MADE IN PARADISE 女神たちの楽園」へ。
女性が撮った女性ポートレイト。モニカ・ベルッチとシャーロット・ランプリングが印象に残った。会期は5/15まで。ちなみにベッティナ・ランスの写真展は銀座・シャネル・ネクサスホールでも開催中。こちらは4/24まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.27

First light

008dayiac4s

本来、ファーストライト (first light) とは新しく完成した天体望遠鏡が、設計通りの性能に達しているかどうかを確認するために行う最初の観測のこと。先の連休では下関に前のエントリーに書いたDAYI大判カメラを持ち帰り、使ってみた。使用したレンズはNikkor-SW 65mm。水平画角が約85度で、お馴染みの35mmフィルムでは、ほぼ20mm超広角レンズに相当する。

現像後のフィルムのムラは前回に比べるとマシになったが、まだ歩留まりが悪い。現像の手順に工夫が必要のようだ。フィルムと現像液についても試行錯誤していくつもり。

008dayiac6s
DAYI 4x5 Portable / Nikkor-SW 65mm f4.0 / Fujifilm ACROS 100 / 下関市響灘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.26

DAYI Portable 4x5 Camera

P1010444s
香港の業者から入手した中国製のポータブル大判カメラ。DAYIとは漢字でどう書くのだろう?4x5判カメラの他にも120フィルムを使うパノラマカメラなども作っている。しかし、メーカー自体についてはネットで検索してもほとんど情報が得られない。広州か深センあたりの町工場ではないかと想像するのだが。

送料込で540米ドルだったので今のレートだと45,000円くらい。カメラと言っても部品点数は少ない。ヘリコイド付レンズボードをネジ止めでグリップ付ボディーに装着するという単純なもの。レリーズとレンズ装着のためのレンチが付属。フォーカシングスクリーンやフィルムを装着するためのカメラバックとレンズは価格に含まれておらず、別途、調達しなくてはならない。自分は既に持っていたトヨフィールド45AのカメラバックとNikkor-SW 65mm f4.0を使っている。

P1010448s
ボディはNC加工で金属板から削り出したと思しきもの。精度よくかっちりと仕上がっている。レンズ向かって左にあるノブを緩めることでレンズボードを上下に各々19mm動かすことができる。自分のテーマにしている水平線撮影にはチルトやスイングといったアオリは必要ないのでこれで十分。シンプルな分、トヨフィールドよりも1kg以上軽く、徒歩での持ち運びには有難い。その気があれば、外付けファインダーを付けて手持ちでスナップ写真を撮ることだって不可能ではない。

007dayi1s
DAYI Portable 4x5 camera / Nikkor-SW 65mm f4.0 / Fujifilm Acros 100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模湾

005swc2bs
Hasselblad SWC/M / Carl Zeiss C Biogon 38mm f4.5 / Kodak Portra 160 NC / 相模湾

永遠なんてものが存在しないことは、わかっていたつもりなのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.25

科学する心

007toyo3s
Toyo field 45A / Nikkor SW 75mm f4.5S / ILFORD HP5Plus / 川崎市生田緑地

一昨日、川崎に帰着。早速、計画停電と余震の洗礼。

水道水での放射性ヨウ素検出のニュースのせいで近所のスーパーではペットボトルの水が売り切れ。ちゃんとした知識と論理的な思考力があれば、錯綜する情報に惑わされて意味もなく右往左往することもない。数学や理科を勉強することの意義を再認識。そもそも論理的思考に従えば、廃棄物の最終的な処理コストが算出できないような発電方法を安価だとかクリーンだとか喧伝するのは間違っている。このことはどんな発電方法にも当てはまる。しかし、起こってしまったことは仕方ない。今後は起こってしまったこと・これから起こることを論理的・科学的に処理していくのが重要。そして、これを機に社会全体でエネルギーについて科学的に再考し、冷静に議論していく必要があると思う。

ミネラルウォーターは売り切れでも、有難いことにジンを割るソーダ水は売り切れていなかった。僕の場合は今の調子だと水道水を飲み続けることよりもアルコール摂取を続けることの方がリスクが大きいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.20

響灘の午後

R0013938bws
Ricoh GR digital II / 下関市豊浦町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.18

新幹線の車窓から

R0013919s

土曜の集まりの予定もあえなく中止となり、思わぬ長期休暇となった。土曜の予約を繰り上げて午後の新幹線で下関へ。お供は大判カメラとやりかけの仕事。首都圏から1人でも減れば、諸々の負荷軽減に少しは役立つかな。

R0013920s

昨今の事情を鑑み、首都圏から妻子だけでも疎開をということなのか、車内はこの時期には珍しく小さい子供連れの若い母親が多い。お陰で動き始めて1時間もすると車内は保育園状態。耳栓代わりにiPodを聴いていたら、うたた寝。新大阪で保育園状態は解消。その後は仕事関係の文献に集中。

R0013921s

持ち帰った仕事を片付けながら、最近入手した香港製大判カメラで水平線の写真を撮って過ごす予定。

R0013922s

Ricoh GR digital II / 山口県徳山駅周辺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.17

思わぬ長期休暇

007toyo5s
Toyo field 45A / Nikkor SW 75mm f4.5S / ILFORD HP5Plus

うちの職場はボスの判断で連休明けまで、急ぎの仕事がない者は休んでいいことになった。確かに大変な思いをして出勤しても仕事の効率が上がらないし。思わぬ長期休暇。とりあえず下関に帰るとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.15

TOYO Field 45A

R0013892s

先日、新宿の中古カメラ屋でトヨフィールド45Aが、ジャンク扱いでネットオークションよりずいぶん安い値段で転がっているのを発見。ジャンク扱いとはいえ、使い込まれてはいるが、蛇腹はきれいだし、そもそも大判カメラは小型カメラ程には精密な作りになっていないので、使う分には大丈夫だろうと判断。他のカメラ屋をいくつか回りながらしばらく考えた結果、保護することに。本体は安かったのだけど、レンズ他、現像タンクなどもろもろを揃えていくと結構な金額になってしまった。まぁ、それもわかった上でのこと。

このカメラは4×5インチ(10×12.5 cm)のシートフィルムを使う。一般に馴染みのある35mmフィルムでは通常の1コマは2.4×3.6 cmなので面積は約15倍大きいことになる。撮影は撮るまでの手順とお約束が多くて面倒なのだけど、かえってそこが面白い。ただ、ピント合わせの際に布を被るのだが、人目があるところだとそれがかなり恥ずかしい。しかし、ピントグラスに映った逆さまの世界には写真術という言葉がぴったりくる不思議な魅力がある。

R0013897s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.14

メタセコイア

007toyo4s
Toyo field 45A / Nikkor SW 75mm f4.5S / ILFORD HP5Plus

ついにというか、やっぱりというか、大判カメラ(4x5)に手を出してしまった。まだ使いこなせていない。フィルム現像も初回は現像ムラだらけだった。撮影も現像も更なる情報収集と試行錯誤が必要のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.12

今日の宮崎台駅前

R0013909s
Ricoh GR digital II

職場は5Fなので、昨日の地震ではかなり揺れた。ガラス器具や試薬を収めた棚が倒れるかと思ったが、幸運なことに揺れの方向が棚の長辺と平行だったので事なきを得た。揺れが収まった後の点検で大きな冷凍庫や冷蔵庫が大きく動いていたのには驚いた。今まで経験した中で一番怖かった。震源からかなり離れた川崎でさえ、あれだけの揺れということは、震源近くの地域の揺れは一体どれくらいだったのだろう。想像がつかない。

宮崎台駅周辺は地震直後から夜半近くまで停電になり、それはそれで大変だったが、今でも電気が回復していない地域のことを思えば大したことなかった。

今日の宮崎台は、時折弱い余震があるものの平穏に過ぎた。この平穏が続くことを、そしてこの平穏が被災した地域にまでできるだけ早く広がっていくことを願う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.03.10

夕暮れ

R0013904s
Ricoh GR digital II

見上げると三日月とあかね色の雲
三月になってもなかなか暖かくならない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.08

Somewhere Beyond the Sea

004swc7as

月曜日。母の命日。朝から湿った雪が降った。シャーベット状の雪は重そうにぼたりぼたりと車のフロントグラスに落ちた。こんな日は母のことを思い出しながらゆっくり過ごしたかったのだが、そういう訳にもいかず。

004swc7bs

有明フェリーの船上から

Hasselblad SWC/M / C Biogon 38mm f4.5 / Kodak Tri-X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.07

海に行くつもりだった

005swc4as
Hasselblad SWC/M / Carl Zeiss C Biogon 38mm f4.5 / Kodak Portra 160 NC

日曜日
海に行くつもりだったのに
目が覚めたのはお昼前

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.06

三茶の夕焼け

R0013884s

土曜日。前夜、寝るタイミングを失して、就寝4時。4時間睡眠で4月に開催予定のワークショップの打合せのため昼前から三軒茶屋へ。打合せ後、ロケハンを兼ねて三茶周辺をぶら撮り。

R0013888s

Ricoh GR digital II / 三軒茶屋キャロットタワー展望台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.04

溶暗 fade-out

004swc2as
Hasselblad SWC/M / Carl Zeiss C Biogon 38mm f4.5 / Kodak Tri-X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.03

寒の戻り

R0013863s
Ricoh GR digital II

英語で書かれた分厚い学術書のある章の日本語訳を依頼され、〆切は随分先なのだが煮詰まり気味。自分の専門分野だし、読めば意味は過不足なくわかるのだけど、英語の言い回しをどこまで日本語に反映させるかが難しい。養老先生は先週のアエラのコラムで超訳ぐらいが丁度いいと書いていたけど、ねぇ。

職場を定時に上がって歯科へ。夕日に染まった街が美しい。
歯のメンテナンスの後は新宿に出てカメラ屋巡り。写真関連のものをいくつか購入。荷物が思いの外重く、ネットで注文すればよかったと平日夜の混んだ電車の中で少し後悔。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.01

写真展「私の青空 2011」終了しました

R0013826s
四谷のギャラリー・ルーニィが新たに開いたクロスロード・ギャラリーにて開催された「私の青空展 2011」終了しました。

R0013824s
今回はサイアノタイプ技法による作品を2点(写真左側)出展しました。
2/26には写真を前に参加者が自作を語り、そして、オーナー篠原氏による青空にまつわる写真の話。これがとても面白かった。

R0013828s
クロスロード・ギャラリー出入口からの眺め。

Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »