« 暗闇坂 | トップページ | 冬のメタセコイア »

2010.11.04

サイアノタイプ入門ワークショップ終了 (11/3)

Noirs
LOMO LC-A/Fujifilm ACROS 100/EPSON GT-X900でフィルムスキャン後、EPSON PX-5500でOHPシートにでネガを出力/Cyanotype process

10/31に予定するも台風接近のため、11/3に順延したMarche Jouetsでのサイアノタイプ入門ワークショップ第2回は天気に恵まれて無事終了。内容は第1回と同じく、概要と理論説明→感光紙作製→プリント→講評と質疑応答というメニューで進めた。2回目ということもあってワークショップはトラブルなく進んだのだけど、秋の陽の傾くのが早いのにびっくり。

参加者から調色をしてみたいとのリクエストもあり、僕自身のステップアップのためにも重クロム酸などの危険物質を使わない方法を調べて、やってみようと思った。次回のワークショップは、実のところ開催できるかどうかわからないけど、やるとすれば、陽が長くなる3月くらいだろうか。

今回はあまりサイアノ向きではないイメージを選んでプリントに挑戦してみた。上のプリントは3/30のエントリーと同じ写真。夜の雨の雰囲気を感じて貰えるだろうか?それにしても、サイアノタイプに直接使える大きなネガを得られる大判カメラが欲しいと思う今日この頃。

|

« 暗闇坂 | トップページ | 冬のメタセコイア »

Cyanotype」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/49930901

この記事へのトラックバック一覧です: サイアノタイプ入門ワークショップ終了 (11/3):

« 暗闇坂 | トップページ | 冬のメタセコイア »