« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.31

インディゴ・ブルーの海

043h500c8as
Hasselblad 500C / C Distagon 50mm f4.0 / Kodak PORTRA 160 VC

空の光が力を失うと海の青が濃くなった。

043h500c8cs
Hasselblad 500C / C Planar 80mm f2.8 / Kodak PORTRA 160 VC

数分後、土砂降りの雨がやって来た。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.10.29

秋の向日葵

043h500c7as
Hasselblad 500C / S Planar 120mm f5.6 / Kodak PORTRA 160 VC

秋深くなっても咲いていたヒマワリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.28

シルエット

041zi25s
Zeiss Ikon / Carl Zeiss C Biogon 21mm f4.5 / Kodak Tri-X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.26

暮れなずむ響灘

045h500c5as
Hasselblad 500C / C Planar 80mm f2.8 / Kodak PORTRA 160 VC

太陽は水平線の下に沈んだ。
波が寄せるたびに空が暗くなる。
冷たさを増した風が心地よい。
そろそろ家へ帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.25

長く暑い夏でしたが、それでも秋は来ました

043h500c2bs

043h500c3as

043h500c3bs

043h500c3cs

彼岸花よりも曼珠沙華という名前の方が好きです。

Hasselblad 500C / C Planar 80mm f2.8 / Kodak PORTRA 160 VC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.24

「冥談」京極夏彦 著

043h500c2cs
Hasselblad 500C / C Planar 80mm f2.8 / Kodak PORTRA 160 VC

風呂の時間は僕にとっては読書タイムでもある。気が付くと1時間近くも読んでいることがある。先日、春に買ったまま、ほったらかしにしていた「冥談」を風呂で読んでいた。この本は「冥」をテーマにした8つの短編が載っている。要するに短編ホーラー小説集ということ。ある話の最後のページをめくって、そこに書いてある言葉が目に入った瞬間、湯船に浸かっているにもかかわらず全身に鳥肌が立った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.23

夕暮れ時

040zi45s

夕暮れ時の波打ち際
みんな穏やかな表情で空と海の境を見ている

040zi44s

〆切が迫った仕事は期限内に終わる目処が付いた
今週末はのんびりできそう

Zeiss Ikon/C Biogon 21mm f4.5/ILFORD Delta100/下関市綾羅木海岸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.19

850万年

038swc7as

響灘に浮かぶ角島はお気に入りの場所。海岸には玄武岩の岩がごろごろしている。これは850万年前にこの地での火山活動によって噴出した溶岩なのだそうだ。850万年前というと新生代新第三紀中新世にあたり、生物相は現代とほぼ同じ種類のものが出現したが、人類の誕生はまだまだ。ここにごろごろしている岩がそんな昔からここにあって、そこに今、自分が立っているということが、すごく不思議な感じがした。

038swc6cs

Hasselblad SWC/M / C Biogon 38mm f4.5 / ILFORD Delta 100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.17

ねこサンゴ(組立式ピンホールカメラキット)

P1010362s

鈴木回漕問屋で販売している組立式ピンホールカメラキット、しばらく前に貰ったままで放置していたのをふと思い立って組み立ててみた。「ねこサンゴ」と「くまサンゴ」の2種類あるが、デザインが違うだけで両者のスペックは同じ。折り曲げた時に接するパーツの長さが微妙に変えてあり、それでできた段差を使ってパーツ同志がきっちり組み合うようにできている点など設計の芸が細かくて感心した。パーツの切り離しは丁寧にやった方が、出来上がりがきれい。光の経路にある、パーツの折り曲げ部の白くなった所は、迷光を防ぐために念のためマジックペンで黒く塗っておいた。作業自体には難しいところはなく、説明書に従って黒テープや両面テープで厚紙でできた本体を組み立てていけば終了。ゆっくり作業して組立時間はざっと1時間。

041neko2s
ねこサンゴ/Fujifilm ACROS100

早速、フィルムを入れて自宅のベランダで撮ってみた。モデルはいつものコパンダ。焦点距離は20mmと超広角。写りはなかなかシャープ。つまりピンホールの精度がいいと言うこと。実はキットに付属のピンホールは穴が空いているのでなくて、黒いフィルムに直径0.16mmの透明な円が抜いてある。この付属のピンホールを使うのもいいが、やはりピンホールカメラ作製の醍醐味は穴にあるので、金属箔などでピンホールを自作して取り付ければさらに楽しみが広がると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.16

物々交換

P1010366s

前日の3時間半睡眠の反動で今日は9時間半睡眠。要するに立派な睡眠障害ってこと。何かもどかしい夢を見たが、もどかしさだけ残して内容は覚えていない。

昼にalcoさんに駅前のドトールでWilliam Kleinの写真集「PARIS+KLEIN」を貰う。この写真集、結構高価なんで貰いっぱなしじゃ悪いなと思っていたら、会話の中で、子供がWiiをネットに繋ぎたがっているけど、どうしたらいいかわからないとのこと。それでは、うちで余っている無線ルーターを差し上げましょうということに。期せずして物々交換成立。しかし、Wiiって2万円の本体に標準で無線LAN機能が付いているとは、すごいものだ。

その後、夕方まで休日出勤で仕事。取り敢えず、本日の目標は達成。今週末は両日とも休日返上で仕事かと思ったけど、明日は休もう。しかし、上の写真のLeica M3がミニチュアみたいに見えるのはどういう訳なんだろう?写真集はPARISというタイトルながらファッショナブルな感じは全くない。荒々しく力強い写真でいっぱい。Kleinも確かLeica Mユーザーだったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.15

Pink Clouds behind a Electricity Pylon

039swc1c
Hasselblad SWC/M / C Biogon 38mm f4.5 / ILFORD Delta 100

木曜日。朝から集中して肩の凝る作業を2時間半。終了後、すぐにランチミーティング。その後、都内某所へ出掛けて仕事の打合せ。職場には戻らず、銀座でAppleStoreと写真ギャラリー(BLD, Ring Cube)を覗いて、いつものバーで一杯ひっかけ、混んだ電車で帰宅。軽く食事した後、ソファで寝落ち。

妙に送電鉄塔に惹かれるようで、気が付くと撮っている。これは東急田園都市線に給電するための鉄塔だと思う。鉄塔と言えば、以前読んだ「鉄塔 武蔵野線」。完全版と称する文庫が出ているみたい。再読しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.13

My Blue Heaven

038swc2cs
Hasselblad SWC/M / C Biogon 38mm f4.5 / ILFORD Delta 100

午後からの会議は精神的にぐったり疲れた。
あの青空を思い出して気分だけでも明るく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.11

海峡

037zi35
Zeiss Ikon / C Biogon 21mm f4.5 / ILFORD Delta 100 / 下関海峡ゆめタワー

1週間ぶりの川崎。田舎暮らしの方が向いていると思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.10

薄暮

R0013098s
Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.09

響灘の夕暮れ

R0013089s
Ricoh GR digital II

響灘に夕闇が迫る
風は微かに感じるのみ
潮の香りはしない
足下から波音
白い波頭が仄かに見える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.08

向日葵

R0013067s
Ricoh GR digital II

昨日は雨天の前の好天。日中は外にいると半袖でも汗ばむほど。病院へ見舞いに行った帰りにまだヒマワリが咲いているのを見つけた。
日没後、山陰方面へ1時間ほど車を走らせる。窓から吹き込む風が心地よい。海岸沿いの真っ暗な駐車エリアに車を停めると天の川が日本海に注ぐのが見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.05

曼珠沙華

R0013018s

今日から来週の連休明けまで休みを取って新幹線で下関へ。昼過ぎに自宅に帰り着くが、当然誰もいない。軽く遅めの昼食を取った後、自宅から病院まで田舎道を歩く。猛暑のせいか、今年は2週間ほど開花が遅れたようで、田んぼの畦道のあちこちに曼珠沙華が咲いてる。太陽は雲に隠れがちで、稲刈りが終わった田んぼを吹き抜ける風が心地いい。遠くの雲の切れ間から薄いベール状に降り注ぐ太陽の光が美しい。秋の気配を満喫しながら歩いて行くと、大きくカーブした道の先の高台に病院が見えてくる。メールしとこうと思って携帯電話を手にしたタイミングで電話が鳴り出す。電話に出ると窓からあなたが見えたからと妻からの電話。見上げると上の方の窓から手を振っているのが見えた。

R0013030s

Ricoh GR digital II


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.04

サイアノタイプ・ワークショップ 10月31日開催

Fern090426s2

9月に開催したサイアノタイプ入門ワークショップが好評でしたので、第2回を2010年10月31日に開催することになりました。サイアノタイプ(cyanotype)とは写真の古典技法のひとつで、日光で焼き付けをします。上の写真のような美しい青い色調が特徴です。この入門ワークショップでは、感光紙作製と焼き付け(プリント)を体験することができます。ワークショップの詳細はMarche Jouetsのサイトをご覧下さい。このワークショップに関する質問はこのブログでも受け付けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.03

巻雲

039swc3a
Hasselblad SWC/M / C Biogon 38mm f4.5 / Kodak Portra VC

土曜日。四谷でルーニィ→ニエプスとギャラリーを巡った後、新宿へ。鈴木さん@鈴木回漕問屋と落ち合い、マップとヨドバシで小物を購入後、カメラ市場へ。その後、軽く飲みながら来月のくまサンゴを使ったピンホールカメラ・ワークショップに関する打合せ。帰宅後、ウォッチリストに入れていたレンズの値段が上がっていなかったので、入札したら、まさかの落札。

日曜日。銀座のRingCubeギャラリーへ。その後、信濃町のギャラリーマルシェ・ジュエで昨日の鈴木さんとの打合せを踏まえてくまサンゴ・ワークショップの打合せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.02

Fly me to the moon

039swc3c

Let me play among the stars

039swc4a

Hasselblad SWC/M / C Biogon 38mm f4.5 / Kodak Portra VC


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »