« 響灘に沈む夕陽 | トップページ | 休暇明け »

2010.08.19

人はどうして沈む太陽を見てしまうのだろう

R0012836s
Ricoh GR digital II/下関市 綾羅木海岸

熊本ー荒尾ー下関と旅した今回の休暇は終わり。
満席の飛行機に乗って羽田着。所用があって新宿へ。そして、満員電車を乗り継いで帰宅。新宿も渋谷も人が多すぎる。羽田から自宅までの数時間にすれ違った人数は、休暇中の4日間ですれ違った人数よりもはるかに多いのではないだろうか?やはり、僕は田舎でのんびり過ごすのが性に合っているようだ。明日からは仕事。


|

« 響灘に沈む夕陽 | トップページ | 休暇明け »

写真・カメラ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/49185969

この記事へのトラックバック一覧です: 人はどうして沈む太陽を見てしまうのだろう:

« 響灘に沈む夕陽 | トップページ | 休暇明け »