« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.30

Strong Shot

026h11as
Hasselblad Flexbody/Carl Zeiss C Planar 80mm f2.8/ILFORD Delta 100

炭酸飲料ってのは飲むからには飲むのが大変なくらいガツンと来ないといけないというのが僕の信条。微炭酸だのカフェインフリーだのカロリーゼロなんてのが幅を利かす今日この頃の風潮はいかがなものか。アスパルテームやアセスルファムKなんてノンカロリーの甘味料は味にキレがなく後口が悪いので飲む気にならない。新発売の炭酸飲料は大体チェックしているが、なかなかリピーターになるものはないというか、すぐ消えてしまうのが多い。

そこに現れたPepsi Strong Shot。強炭酸につき取扱注意の表示も頼もしく、期待したのだけど... うーん、味のせいなのか量の問題なのか、まだまだもの足らない。もっと息が苦しいくらいの刺激が欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.29

8月最後の日曜日

030h7s
Hasselblad 500c/Carl Zeiss C Distagon 50mm f4.0/ILFORD Delta 100

午前早くは涼しい風も入って昨日よりもマシだった。午後、ギャラリー巡りをしようと出掛けるも、あまりの暑さに最初の世田谷233で力尽きた。結局、キャロットタワー最上階で涼んで帰宅。帰宅後、缶チューハイを一気飲みしたら、2時間ほど睡りこけてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.28

暗室作業、ホルガエキスポ展示替え

024rol3f1bs
Rolleiflex 3.5f/Planar 75mm f3.5/Fujifilm ACROS 100

昨夜遅く急に思い立って、ブローニーフィルム2本と35mmフィルム1本を現像した。水道水の水温が高くて温度管理に苦労したが、うまく解決法が見つかったので、今後はこれで行く。

いろいろやっていたら作業が終わったのは午前4時過だった。取り敢えず、10時まで寝て、午後からは都内某所で暗室作業。明け方に寝て午前遅くに起きるというパターンは昔から何故かとても快適。やはり夜の仕事に転職した方がいいのかも。

夕方、渋谷でホルガエキスポ2010の展示替え。後半もHOLGA120WPCによるピンホール写真。そういえば、この写真展では120WPCを使っているのもピンホール写真も、会期を通して僕だけのようだ。前半の会期中に期せずして何人かの方に暖かいメッセージを戴いた。驚くと共に感謝。僕の写真で誰かの心が動いたとしたら、それはすごく嬉しいこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.26

飲み会

R0012739bw
Ricoh GR digital II/熊本下通周辺

昨日は大学の部活の同期が海外出張の帰りの途中で東京に寄るというので、急遽、銀座の居酒屋で飲み会。飲み会に行く前にBLDギャラリーで開催中のマイケル・ケンナ写真展「Venice / New York City」を観た。静謐なモノクロ写真の数々を堪能した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.23

Blue on blues

Wings
Printed with cyanotype process

日曜は少し遠出をするつもりだったのだが、日差しのあまりの強さと渋滞に恐れをなして結局引き籠もり。折角なので日差しを利用して先日作製しておいたサイアノタイプ感光紙に焼き付けをした。

信濃町のギャラリーMarche Jouetsでサイアノタイプ (cyanotype) の入門ワークショップが2010年9月5日に開催されます。このワークショップでは、感光紙作製と焼き付け(プリント)を体験できます。ワークショップの詳細はMarche Jouetsのサイトをご覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.22

ホルガエキスポ2010、8/23から始まります

R0012860s
Ricoh GR digital II/渋谷17時

土曜日。午前中から午後まで恵比寿でのボランティア活動の後、夕方、ナダール渋谷355で8/23(月)から開催されるホルガエキスポ2010の設営に参加した。「なるほど、そう来ましたか」という感じで他の参加者の作品もなかなか個性的だった。

ホルガエキスポの設営終了後、最近は、VLASHOR(フラッシャー)ブランドのカメラストラップ販売が好調な鈴木廻漕問屋の鈴木さんと秋葉原の居酒屋で呑み。カメラストラップに関わるエトセトラを聞いた。実際に見せて貰ったが、確かに値段の割に作りがよく、コストパフォーマンスはいい。ただ、今販売されている25種類はどれも若い人向けのポップなデザインで、僕みたいなオッサンに合うのがないのが残念。でも、今後、まだまだ新しいデザインを投入していくそうなので期待してる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.21

残照

R0012853s

日が沈むと波音が高まったような気がする。

R0012850s

Ricoh GR digital II/下関市綾羅木海岸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.20

休暇明け

R0012737s

仕事に復帰。今日は休暇中に溜まった仕事を片付けて、おしまい。曇空のお陰で若干だが暑さが和らいだ。しかし、暑くても青空の方が気分はいい。
写真は先週、同窓会で訪れた熊本市下通周辺。でももうずいぶん昔のことのような気がしている。

予約していた「カメラマガジンno.13」が届いた。ハッセルブラッド特集のUser's Voiceのコーナーに僕が撮った写真と文が掲載されている。

R0012740s

Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.19

人はどうして沈む太陽を見てしまうのだろう

R0012836s
Ricoh GR digital II/下関市 綾羅木海岸

熊本ー荒尾ー下関と旅した今回の休暇は終わり。
満席の飛行機に乗って羽田着。所用があって新宿へ。そして、満員電車を乗り継いで帰宅。新宿も渋谷も人が多すぎる。羽田から自宅までの数時間にすれ違った人数は、休暇中の4日間ですれ違った人数よりもはるかに多いのではないだろうか?やはり、僕は田舎でのんびり過ごすのが性に合っているようだ。明日からは仕事。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.18

響灘に沈む夕陽

R0012846s
Ricoh GR digital II

太陽の下点が水平線に接するとあっという間に沈んでしまった。

録画してもらっていた「サマーウォーズ」を観た。こんな映画いいね。
夏休みも終わっちゃう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.16

青い水平線

まだもう少し夏休みが残っている。水平線を探して下関を振り出しに長門市油谷方面へドライブ。

R0012781s
長門市妙見山展望公園から北方向を望む。とにかく素晴らしい眺望。

R0012806s
長門市油谷島から手前に俵島、先に角島を望む。今回の目的地。

R0012809s
長門市大浜海水浴場から東方向を望む。エメラルドグリーンの海、白い砂浜に人影はまばら。

R0012817s
下関市二見から南南西方向を望む。

Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同窓会

R0012736s

土曜日。高校の同窓会で2年半振りに熊本へ。考えてみると熊本空港に降りるのは30年以上前振りではなかろうか。大分の方から進入し、阿蘇を越え、いったん有明海に出てUターンして白川を遡るようなルートで空港へ。熊本の大地は美しなぁと窓から飽かずに下を見ていた。

同窓会では、卒業以来ぶりの同級生にも会えた。見かけがすごく変わった人、あまり変わらない人いろいろ。2次会が跳ねた後、一人でBarへ。興味の赴くままにいろいろ飲んで、少々度を超してしまったらしい。ホテルに戻ってからの記憶がない。その上、10年以上ぶりに吐いてしまうという失態。この原因はバーで飲んだペルノーのせいなんだけど。いやはや。

R0012741s

Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.15

Hiroshi Sugimoto 〜 写真集

P1010322s
Panasonic DMC-L1/Leica D Summilux 25mm f1.4

夕立の後、蝉時雨の中、わずかに残った光で写真集を撮った。

昨年5月に大阪の国立国際美術館での展覧会「歴史の歴史」を観に行って衝撃を受けた直後にAmazon.co.jpで予約するも、納期が延期に次ぐ延期となり、手元に届いたのはホンの5日程前。待つこと1年3ヶ月というところ。大判の分厚い本に、これまでの彼の仕事を網羅的にまとめた写真集となっている。待った甲斐があるというもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.13

指宿枕崎線白沢駅 Cyanotype process

Shirasawas
Printed by Cyanotype process

お盆ということで町も職場も人が少なめ。早めに帰宅してサイアノタイプの焼き付けの続きをやろうと思ったが、午後からは雲が厚く、ついには雨が降り出したので断念。
さて明日から夏休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.12

東シナ海(南九州市頴娃町)cyanotype process

Echinaseas
Printed by Cyanotype process

早朝はきれいな青空。思いの外、朝日が強烈なので、思い立って出勤前にサイアノタイプの焼き付けをやった。
台風の影響か、日中は時々にわか雨。夕方、虹しかも二重(double rainbow)が見えた。きれいに繋がった虹を前回見たのはいつだったっけな。
大学時代の先輩御一家がお盆休みを利用して横浜に来ているというので、仕事の後、横浜中華街で会食。久しぶりに中国料理を食べたような気がする。調子に乗って生ビールを2杯飲んだせいか、持病の左足が微妙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.11

ホルガエキスポ2010に参加します

Holgaex2010f
トイカメラの王様といえば、ホルガ。このホルガで撮影した写真だけによる写真展「ホルガエキスポ2010」が東京と大阪のギャラリー・ナダールで開催されます。僕は8/23-8/28と8/30-9/4の東京組に出展します。前後半で展示替えをします。

ナダール渋谷は渋谷駅南口から徒歩5分くらいの所にあります。お時間のある方は観にいらして下さい。日曜休廊です。御注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.10

Blue Train

Cysetasensqs
Hasselblad Flexbody/C Planar 80mm f2.8/Printed by Cyanotype Process

日曜は自宅で9/5のサイアノタイプ入門ワークショップに向けての予行演習をおこなった。生憎の曇空だったが、サイアノの露光に必要な紫外線(UVa)は届いており、5分くらいの露光で充分だった。UVaは日焼けにかかわる紫外線なのだが、こんな曇の日でも無防備に外に出ると日焼けしてしまうというのを実感した。サイアノをやるのは久しぶりだったが、やはり楽しい。

写真は7/22の東急世田谷線の写真をモノクロ変換後、反転してOHPシートに出力してネガ原稿とし、サイアノタイプ技法でプリントした。このエントリーのタイトル Blue Train はJohn Coltrane が Blue Noteレーベルに残した唯一のリーダーアルバムからいただいた。そして、今、 Blue Trainを聴きながらこれを書いている。厳密に言うと世田谷線はtrainではなくtramなんだけど、そこは御愛嬌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.09

日曜日記

R0012717s
Ricoh GR digital II/京橋

昼、9/5のサイアノタイプ・ワークショップの打合せと予行のためにギャラリー・マルシェジュエのHさん来宅。昼食を挟んで5時間程かけて、実際のワークショップと同様に説明をいれながらやってみた。夕方、入れ替わりでカメラマガジン編集のTさん来宅。2時間ほど写真とカメラの話。

1日中喋りっぱなしで疲れたらしく、夕食後ソファで寝落ち。夜中に雨音に起こされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.07

立秋

R0012712s
立秋とは夏のピークが過ぎ、秋の気配が出てくる頃、つまり、まだまだ暑いのだと、以前、何かの本で読んだ。空には秋の気配があるが、確かに日中はまだまだ暑い。
朝からエアコンを入れずに汗をかきながら家事。その後、月末から始まる写真展の作品制作のための工作をした。前もって仕込んでおいたので、1時間半ほどの作業で無事終了。
京橋方面へ写真展を観に行くため16時前に外出。本当はもっと早く出たかったのだが、あまりの日差しに恐れをなしたというところ。

R0012706s
ZEIT-FOTO SALON「オノデラユキ展」
この人の写真は不思議に満ちている。シルエットがふわりと浮かんでいる写真なんてどうやって撮ったのだろうと思う。東京都写真美術館で開催中の展覧会も近いうちに観に行こうと思う。

R0012716s
72 Gallery 「ジャンルー・シーフ写真展」
雑誌PHaT PHOTOの編集長・写真家テラウチマサト氏が新しく作ったギャラリーのこけら落としはジャンルー・シーフ展。春に東京都写真美術館で開催されたシーフの写真展に引き続き、シーフのオリジナルプリントを見ることができる幸福。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.06

サイアノタイプ・ワークショップ 9月5日開催

Cyanosunfls

信濃町のギャラリーMarche Jouetsで写真の古典技法のひとつであるサイアノタイプ (cyanotype) の入門ワークショップを2010年9月5日に開催します。このワークショップでは、感光紙作製と焼き付け(プリント)を体験することができます。ワークショップの詳細はMarche Jouetsのサイトをご覧下さい。

【9/22追記】
前回のワークショップが好評だったので、2010年10月31日に第2回を開催することになりました。詳細はMarche Jouetsのサイトをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.05

1丁目の夕空

R0012694s

今日は朝から空が美しい日だった。
夕空にもどこか透明感があった。

R0012697

Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.04

呼子にイカを食べに行った

R0012676s
加部島の風の見える丘公園から呼子大橋を望む

R0012684s
生け簀に泳ぐイカ@河太郎

R0012687s
唐津市屋形石から糸島半島方面を望む

早いもので呼子にイカを食べに行ってから1週間が過ぎた。今、思い出しても旨かったなぁ。また行きたいけど、次に行けるのはいつだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.03

桜葉

026h73s
Hasselblad 500c/C Distagon 50mm f4/Fujifilm REALA ACE

宮崎台駅前 桜坂
緑のトンネル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.02

フェンスの向こう

026h53s
Haseelblad 500c/C Planar 80mm f2.8/Fujifilm REALA ACE

REALA ACEというフィルムをブローニーで使うのは初めてなのだが、階調、発色とも素直な特性で気に入った。最近はモノクロフィルムがメインでカラーフィルムはあまり使わずにいたが、ちょくちょく使ってみようと思う。

日曜日。今日から8月なのに気付き、時間の流れの速さに少したじろぐ。午後、四谷4丁目のギャラリーRoonee 247で開催中の鈴木勇 写真作品展「心象風景〜人々の気配〜」を観た。4x5の大型カメラで撮ったフィルムをサイアノタイプ技法でプリントし、紅茶で調色した作品。自分でもサイアノタイプをやっているのでとても興味深かった。サイアノタイプなどの古典技法は密着焼が主流なのでどうしても大きなネガが欲しくなる。しかし、この上、大型カメラまで始めてしまうと収拾が付かなくなるよなぁと自分にブレーキを掛けている状態。「うちには使わない旧い大型カメラがあるからどうぞ持って行って下さい」なんて奇特な人はいないだろうが、いたら嬉しい&困るなぁ。
その後夕方まで、某ギャラリーにて9月に予定しているサイアノタイプ入門ワークショップの打合せ。詳細は近いうちにこのブログにて告知できると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »