« 冬の散歩道 | トップページ | 錆びていく意 »

2010.03.10

旅するデザイン 鉄道でめぐる九州

P1010095
九州に住んでいた頃、JRバスがそれまでの垢抜けないものから、赤を基調にしたハッとするようなデザイン変わったことを憶えている。その後、そのJRバスのデザインが、鹿児島本線を走る特急つばめのデザイナーである水戸岡鋭治氏によるものであったことを知った。九州に住んでいるときは九州内の移動は自分で自動車を運転して行くことが多かったが、それでもたまに特急つばめに乗るのは心躍る経験だった。特急つばめの登場はJR九州が変わったと実感した出来事だった。

「旅するデザイン 鉄道でめぐる九州」は水戸岡氏のデザイン画集。デザインと鉄道が好きなひとにはお勧め。ぱらぱらと眺めていると列車で旅に出たくなる。ということで、別件の所用のついでに春分の日の連休を使って九州新幹線つばめに乗りに行くことに決めた。往きは羽田から飛行機で鹿児島へ。帰りは鹿児島中央から新横浜まで途中下車しながら鉄路という計画。

|

« 冬の散歩道 | トップページ | 錆びていく意 »

乗り物」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/47778922

この記事へのトラックバック一覧です: 旅するデザイン 鉄道でめぐる九州:

« 冬の散歩道 | トップページ | 錆びていく意 »