« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.31

大晦日の関門海峡

R0011466s
Ricoh GR digital II

大晦日夕方の火の山展望台から気温氷点下0.5℃、時々雪の襲撃を受けながら。
2009年最後の日没を見ることは叶わず。
左に光るのが関門海峡、右が響灘。
皆様、良い年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大晦日

R0011442s
Ricoh GR digital II

昨日は友人のご実家に昼にお邪魔して餅つきに参加。その後、夕方までフグを肴に焼酎と日本酒を延々と飲んだ。餅つきで頑張ったせいで今朝は全身筋肉痛。

そして今日はいよいよ大晦日。
今年一年、いろいろあったけど C'est la vie. とりあえず悔いはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.28

月曜日は市場へ

R0011448s
午後から家人につき合って小倉で買い物
久しぶりに旦過市場を覗いてみた

R0011453s
さすがにいろんなものが新鮮で安い

R0011455s
中を歩くと生まれ育った炭坑の街の市場を思い出す
僕の故郷は寂れて往時の賑わいは跡形もないけれど

Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海まで

よく晴れた午後、海まで綾羅木川沿いを小一時間散歩

R0011428s
葉を落としたポプラが箒みたいだ

R0011432s
山茶花咲いた道

R0011434s
しばらく散歩に来ないうちにいつものコースの途中に大きなショッピングモールが出現。開店早々&年末とあって次々に車が駐車場に吸い込まれていくが、裏側は以前と同様のんびりとした佇まい。

R0011436s
海に着いた。適度な波。潮騒の音が耳に心地よい。
水平線付近がやけに煙っているなぁと思ったら、12月にして黄砂来襲だそうで、この先が思いやられる。

Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.26

三昧

R0011423s
GR digital II/下関市豊浦町二見

予定通り、夜更かしと朝寝三昧の日々
昨日はそれに加えて川棚温泉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.25

巾着袋

1367744596_112
ペルちゃんは火葬されて小さな巾着袋に入っていた。ペルちゃんが眠る動物霊園の事務所には大きな雄の黒猫がグゥグゥ寝ていて、触るとニャーと図体に合わないカワイイ声で鳴いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.24

明石海峡

R0011411s

明石海峡は、晴れたり曇ったり、はたまた降ったり、そしてまた晴れたり。

R0011415s
Ricoh GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.23

休暇

R0011223s
Ricoh GR digital II/横須賀市猿島
今日から冬期休暇
当分、仕事を忘れて夜更かしと朝寝三昧の予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.21

「暗室からコンニチハ」展終了

R0011401s
Ricoh GR digital II

「暗室からコンニチハ」展は昨日無事終了しました。
芳名帳に460名以上のお名前を頂戴しました。ご来場下さった皆様、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.20

旅立ち

P1040127s1
来週、僕が帰るまで何とか生きていてくれないかなと思ったけれど、叶わず、昨夜、猫は旅立った。長いことありがとう。また、どこかで会うことがあればよろしくね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.18

写真展終了まであと3日

Zi01930s

開催中の写真展「暗室からコンニチハ」もいよいよ大詰め。会期を3日残すのみ。19日(土)は18時~19時、20日(日)は13時~16時の撤収まで在廊予定です。

Zi01931s

連れ合いの実家で飼っている19歳の猫が、このところ、餌を食べなくなってしまったとのこと。今は仔猫用のミルクを少しなめる程度だって。体重は今までの半分になってしまったけど、餌を食べなくてもそれなりに家の中をあちこち歩き回っているらしい。このまま逝ってしまっても年齢を考えると大往生と言っていいのかもしれない。でも、1日でも元気で長生きして欲しいと思うのは長く生活を共にした飼い主の気持ち。冬休みに僕が帰るまで何とかもってくれないかな。

Zeiss Ikon/Leitz Summicron 35mm (2nd)/ACROS 100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.15

最近入手したモノクロフィルム

P1010029
最近入手したモノクロフィルムたち。しばらく前にACROSをまとめ買いしたので、いずれもまだ試していない。

LUCKY New SHD100は中国製。鈴木商店から試供品として貰ったもの。
ILFORD DELTA 100は新世代のT粒子タイプのモノクロフィルム。100ft巻きは現在、日本国内ではサイバーグラフィックスのWeb shopだけで試験販売中。Web shopに「一定期間内の需要結果を考慮して、恒久発売品(通常商品化)の是非を検討します」と書いてあるのを見て、これは買わなくっちゃと。もちろん、僕が1巻き買ったとて、大した影響はないのだろうけど。是非、恒久発売品に昇格してもらいたいものだ。
LegacyPro100はUSAの写真用品通販ショップFreeStyleから円高を追い風に購入したもの。ネット上の噂では、このLegacyPro100はフジのACROS100、LegacyPro400は同じくフジのPRESTO400のOEMらしい。実際、公表されている現像処理時間はACROSまたはPRESTOのものと全く同じ。日本では先日販売が中止された100ft巻きが購入できるので買ってみた。海外でこうやってOEMで100ft巻きを販売しているのだから、日本でもACROSの100ft巻きを復活させてくれないものだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.12

写真展「暗室からコンニチハ」開催中です

Dmgsrs


   ダークルーム
写真展「暗 室 からコンニチハ」 東京都写真美術館ボランティアスタッフ写真展

日時:2009年12月8日(火)〜20日(日)
   12:00〜19:00(最終日は16:00まで)月曜休館
場所:ルーニィ・247フォトグラフィー@四谷4丁目
   
11/19のエントリーでお知らせした写真展「暗室からコンニチハ」開催中です。

本日12/12(土)17:30〜会場にてささやかなパーティを開催します。ご都合の付く方はこちらにもおいで下さい。
多くの方に観に来ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有朋自遠方来 不亦楽

P1010032

福岡で働いていた頃の飲み友達が、九州から出張で横浜に来るというので、今日は少し早く仕事を上がって横浜へ。元々、彼とは18年程前にウイグル地域への調査旅行に一緒に行ったのが始まり。それ以来、何故か気が合って福岡に住んでいた頃は、それこそ、月例で何度も吐くまで飲んだ仲。僕が鹿児島、アメリカ、川崎と住まいを変え、彼も職場を変わって、年賀状やメールの遣り取りはしても、実際に会うのは8年かそれ以上振り。今日は久しぶりに飲むというのに、あの頃のように毎月飲んでいたときと同じような感覚。今日はさすがに吐くまで飲むってところまでは行かなかったけど。有朋自遠方来 不亦楽

写真はお土産の竈猫(へっついねこ)という宮崎産の芋焼酎と今日届いたサンダースの4枚羽根イーゼル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.09

屈折する星屑の上昇と下降

R0011381s

初めて歩く路地、雨上がりの駅までの道
夕方はあっという間に夜になり、
雨が止んだ代わりに気温が下がった
デジカメの崩れてしまったカラーバランスが、
Ziggy Stardustのアルバム・ジャケットを彷彿させる

R0011383s

Rioch GR digital II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.08

A wink of sleep

P1010026

昨日のエントリーの杉本博司氏の写真集と一緒に個人輸入したRichard Avedonの写真集
「AVEDON FASHION 1944-2000」

既に持っている3冊の写真集と被る写真多数なるも、ファッション雑誌に掲載された写真とジャンルを区切ることで統一感があり、見応えのある写真集となっている。この写真集の表紙はHarper's Bazaar1965年4月号から。見る角度によってモデルの右目がウインクするという仕掛けも再現されている。

P1010027

今朝も瞬きのような睡眠時間。今日から3日間は目の回る忙しさ。せっかくの写真展にも行けそうにない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.07

Beyond the infinity

P1010019

円高をいいことにアメリカから杉本博司氏の写真集「Architecture」を個人輸入した。
小型カメラでは近距離から無限遠までフォーカスを合わせることができるが、無限遠以上にはストッパーがあってフォーカスリングを進めることが出来ない。ところが、昔風の蛇腹を持つ大型カメラでは無限遠を越えてフォーカスを進めることができる。もちろん、いわゆるピンボケ写真になってしまうのだが。この写真集では無限遠の先にフォーカスを設定して建築物を撮った写真からなっている。
ただ、問題なのは写真集を手に取って間近で観ていると、ちょっと乗り物酔いのような気分の悪さを感じる。どうも目がピンボケ写真のピントを合わせようと頑張ってしまうみたいなのだ。写真展の会場でオリジナルプリントを観たときには意識することはなかったのだが。

11/19のエントリーでお知らせした僕が世話人となって準備してきた写真展「暗室(ダークルーム)からコンニチハ」がいよいよ明日からである。昨日、夕方に会場を設営してきた。どこか頼りないぺらぺらの紙だった作品もマットを付け、額装し、照明を当てると、何となく立派に見えるもの。都合の付く方は是非観に来て下さい。31点のモノクロ写真がお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.04

父の夢を見た

020nf3ac36s
Nikon F3/Ai Nikkor 20mm f3.5/ACROS 100

夢を憶えていることはあまりないのだけど、今朝は父が亡くなってから初めて父の夢を見た。夢の中では古い大きな温泉に一緒に行って、湯船に浸かったりゲーム場をブラブラしたり終始御機嫌だった。父が肺ガンで1年半程の闘病の後、逝ってしまったのは今年の1月なのだが、すごく遠い昔のように感じられるこの頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.02

しろちゃん

P1010016s
近所の飼い猫。ホントの名前は知らないけど、勝手にしろちゃんと呼んでいる。この時は縄張りに侵入してきたノラ猫を5分程の睨み合いと唸り合いの結果、撃退した直後。声を掛けたら振り返った。顔に似合わず、しろちゃん案外強いのね。

Panasonic DMC-L1/D Vario-Elmarit 14-50mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »