« 父の夢を見た | トップページ | A wink of sleep »

2009.12.07

Beyond the infinity

P1010019

円高をいいことにアメリカから杉本博司氏の写真集「Architecture」を個人輸入した。
小型カメラでは近距離から無限遠までフォーカスを合わせることができるが、無限遠以上にはストッパーがあってフォーカスリングを進めることが出来ない。ところが、昔風の蛇腹を持つ大型カメラでは無限遠を越えてフォーカスを進めることができる。もちろん、いわゆるピンボケ写真になってしまうのだが。この写真集では無限遠の先にフォーカスを設定して建築物を撮った写真からなっている。
ただ、問題なのは写真集を手に取って間近で観ていると、ちょっと乗り物酔いのような気分の悪さを感じる。どうも目がピンボケ写真のピントを合わせようと頑張ってしまうみたいなのだ。写真展の会場でオリジナルプリントを観たときには意識することはなかったのだが。

11/19のエントリーでお知らせした僕が世話人となって準備してきた写真展「暗室(ダークルーム)からコンニチハ」がいよいよ明日からである。昨日、夕方に会場を設営してきた。どこか頼りないぺらぺらの紙だった作品もマットを付け、額装し、照明を当てると、何となく立派に見えるもの。都合の付く方は是非観に来て下さい。31点のモノクロ写真がお待ちしています。

|

« 父の夢を見た | トップページ | A wink of sleep »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/46956981

この記事へのトラックバック一覧です: Beyond the infinity:

« 父の夢を見た | トップページ | A wink of sleep »