« 写真展「鋸山に行ってきました」最終日 | トップページ | 晴のち雨の火曜日 »

2009.07.27

E-P1でデジタル・ピンホール写真

P1000043s
OLYMPUS PEN E-P1/L-Mアダプター+VM-M4/3アダプター+ケンコー・ピンホールレンズ

子供向けのピンホール写真ワークショップ2日目も好天に恵まれて無事終了。今日、お父さんと来ていた子がピンホールカメラを作りながら「パパ、とっても楽しいね。またここに来て何か作りたい」との言葉に励まされました。夏休みのいい思い出になったことでしょう。ただ、せっかく手作りしたカメラも、印画紙をフィルムとして使う場合は現像液等、薬品による処理が必要なので家庭で気軽にとは行かないのが難点です。

正統な(?)ピンホール写真愛好家からは邪道であるとの声もありますが、気軽にピンホール写真を楽しむためのひとつの方法としてレンズ交換式のデジタルカメラにピンホールを取り付けるという方法があります。OLYMPUS PEN E-P1にアダプター経由でケンコー・ピンホールレンズ(孔径0.2mm 焦点距離28mm F値140)を取り付けて撮影してみました。

O7260340s

感度は200固定で、露出は自動でシャッター速度1/2程度。花壇の縁などにカメラを置いて撮影しています。もちろん感度を上げれば手持ち撮影できるくらいにシャッター速度を上げることもできるのですが、ピンホール写真らしさを出すために敢えて、感度は200にしています。

O7260345s

デジタル・ピンホール写真はあっけないほど手軽にできるのですが、自作したピンホールカメラに印画紙を仕込み、光を読んで露出時間を決定して露光し、そして現像・焼き付けという、いくつかの手間の掛かる作業を経て、この世界の像(イメージ)を得る方が、やはりワクワク感が大きいように僕は思います。

|

« 写真展「鋸山に行ってきました」最終日 | トップページ | 晴のち雨の火曜日 »

My favorite cameras」カテゴリの記事

Pinhole Photo」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

やはり一般の方には写真の現像は敷居が高いようです。
フジや学研あたりでキット化したものを販売してくれればいいのになぁと思います。

紙製の組み立て式で35mmフィルムを使用する「くま35」のようなピンホールカメラが入門編としては手軽ですかねぇ。

投稿: 伊勢板 | 2009.07.29 22:43

>印画紙をフィルムとして使う場合は現像液等
>薬品による処理が必要なので家庭で気軽にと
>は行かないのが難点です。
昔は、学研の科学の付録にもカメラ(プラスチックレンズ)印画紙、現像液(1浴タイプ)が付いてきたというのに。
赤色LEDを使った簡単なライトが100円ショップで売られておりセーフライトとして使える。
こんなのを流用すればどうにでもなるのに、、、無理かなあ。

しかし、一言、コダック純正のD76袋に印刷された「ドクロマーク」は何とかならないのだろうか。

>正統な(?)ピンホール写真愛好家からは邪道
邪道とまでは言わないけどレンズ交換の出来るデジカメというところで既にある程度のレベルだったりします。
ピンホールはもっと簡単お手軽」でないと、、。

えっ矛盾してるって、失礼しました。

投稿: たけぴょん | 2009.07.29 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/45752777

この記事へのトラックバック一覧です: E-P1でデジタル・ピンホール写真:

« 写真展「鋸山に行ってきました」最終日 | トップページ | 晴のち雨の火曜日 »