« Little by little | トップページ | 加山又造展@新美術館 »

2009.02.08

人類の進歩と調和、そしてパンダの剥製

R0010133s

昨日は上野の科学博物館で開催された「1970年 大阪万博の軌跡」展に行ってきた。実際に大阪万博を見た世代としては期待が大きすぎたのか、この展覧会は少々肩透かしを喰らった気分。お祭り広場のミニチュアと太陽の塔内部の再現には満足したけど。

R0010114s

R0010105s

子供の頃、風呂嫌いだった僕は三洋電機から出品された人間洗濯機(ウルトラソニック・バス)が家にあったらなぁと夢想したものだった。

R0010124s

科博の日本館では上野動物園の歴代のパンダ達の剥製展を開催中。
生きている時には考えられなかった近さでパンダを見ることができる。間近で見てみると一頭一頭、顔が違うことがよくわかる。ちなみに上の写真が最初に日本に来たカンカンで下の写真はランラン。

R0010115s


|

« Little by little | トップページ | 加山又造展@新美術館 »

科学」カテゴリの記事

コメント

人間洗濯機の技術は現在の介護用浴槽に生かされているのだそうです。
http://www.sanyo-biomedical.jp/kaigo/hirb01.html

自動洗髪機の話は10年近く前にテレビで見ました。レポーターの人は頭皮に刺激があっていいみたいなことを言っていたような気がします。僕もマッサージや洗髪は人の手でやってくれるのを希望します。

投稿: 伊勢板 | 2009.02.12 02:11

こちらの「ソーラーカー国際レース」や太陽電池などエコをやっているヒトがもともと美容室経営なんですが洗髪マシーンというのを美容室に導入。シャワーの水圧でヒトの手の動きに変えたマシーンなんだけど、感想「.....」水圧って強いと頭にささるんだもん....手の柔らかさは機会では再現できませんって。でもくせになるヒトもいるかもなー。アナログでよ〜し。

投稿: DD | 2009.02.11 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/44002284

この記事へのトラックバック一覧です: 人類の進歩と調和、そしてパンダの剥製:

« Little by little | トップページ | 加山又造展@新美術館 »