« For You Blue | トップページ | The space between »

2008.11.20

オバマ氏の勝利演説

Fh010027s
Nikon F100/AF Nikkor 50mm f1.8/Kodak MAX beauty 400

インフルエンザの季節到来ですね。
僕は一昨日、インフルエンザの予防接種をしてきました。皆さんも早い機会に是非。

今更ながら11/5の次期アメリカ合衆国大統領オバマ氏の勝利宣言演説を通しで観ました。感動的な演説でした。民主主義の基本である言葉の力を感じました。もちろん、演説の草稿には優秀なライターがいるのだろうし、演説が上手いからと言って政治手腕が優れているとは限りませんが、彼の演説にはsomething elseがあります。翻って、現在活動している日本の政治家に言葉の力を感じさせてくれる演説ができる人が皆無というのは残念。しかし、その責任は僕たちにもあるわけで。それが民主主義というものなのだと。

The flu season has come. I got a flu shot yesterday. I strongly recommend you also have it at your early convenience.

Now, I watched the complete speech for victory by Sen. Obama, the next President of USA. The speech touched me and let me feel the power of words, which is the foundation of democracy. Of course, he has a number of talented writers and a person with a brilliant speech skill is not always an excellent governor. However, his speech had something else. On the other hand, in Japan, no politician shows us the power of speech. But, we are also responsible for the Japanese poor political scene. As you know, it's democracy.


|

« For You Blue | トップページ | The space between »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

第二次大戦後のアメリカの影響で日本人の政治的関心が薄くなったというのは、どうでしょうか?日本人の政治的無関心の歴史はそんなに新しいとは思えません。
為政者を「御上」と奉って、難しいことに煩わされずに過ごしたいという意識はアメリカの影響のない昔から一般庶民にあったものだと僕は思います。また逆に60〜70年代安保闘争のように戦後にも政治的関心(方向性はともかく)の高かった時期はあります。
たぶん2008年現在の政治的無関心というのは、1つや2つの要因で決まるような単純なものではないと思います。

投稿: iseita | 2008.11.27 21:54

確かに「主権が奪われた国」は表現として正確ではないですね。
しかしながら、大戦後、一人立ちするという意味での自尊心は日本には失われていると僕は思います。アメリカの助けなしには現実的な国防もままならないわけですから。
国民の政治に対する関心の薄さはここに帰結していると僕は考えます。国の舵取りが選ばれた政治家が行われているのではなく、他国によって行われているという潜在的意識が政治を重要なものとして捉えない日本人の基本姿勢を生んでいるいるのではないかと。

投稿: かまた | 2008.11.27 08:12

日本に主権があるかないかは、この際、置いておいて。しかし、主権を奪われていた国にも古くはインドのガンジー、比較的新しいところでは、南アのマンデラなど、演説の技術はともかく素晴らしい演説をする政治家はいました。これらの演説は今でも YouTubeなどで観ることができます。

日本の政治家の演説の貧困さは、どこに由来しているのでしょう?いろいろな要因があるのでしょうが、詰まるところは国民の政治に対する関心の薄さに帰結するのではないかと思います。では、何故、政治に対する関心が薄いのかと考え始めると、これまたいろんな要因がある訳で。

投稿: iseita | 2008.11.24 10:47

いい青ですね。カラーフィルムも研究してみたい分野ですが、デジタルとフィルムで二枚草鞋を履くと今の自分では収集がつかなくなりそうなので自重しようと思います。
オバマの演説は友達と一緒にタイムズ・スクウェアで聞きました。あの辺一帯はお祭り騒ぎになっていたので傍観者として自分も参加しました。演説者という側面から見たオバマは政治家として超一流ですね。聴衆を興奮させる落ち着きと勢いがある。
日本の政治家にも見習ってほしいところです。戦前には日本でも演説を立派にうつ政治家もいたようですが、やはり国家の主権を奪われた国には優秀な演説者としての政治家は現れにくいのでしょうか。

投稿: かまた | 2008.11.24 05:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/43169603

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ氏の勝利演説:

« For You Blue | トップページ | The space between »