« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.09.30

土曜日の青空

R0015200s
Ricoh GR digital

このところ雨続きで青い空を拝んでいない
土曜日に見た青空が最後
------
9月最後の日、仕事を早めに切り上げ、ひさしぶりにまともな服を買いに二子玉川へ。
僕にとって服の買い物はレクレーションではないので、行く店も買う服のイメージも店に入る前に決まっている。店に入ってからジャケット1着とシャツ2枚を買って店を出るまで30分以内。

夏はポロシャツ、春秋はGジャンに冬は革ジャンだけで過ごしたアメリカに住んでいた頃がよかったなぁとちょっと思ったり。今の職場も特別な行事の時以外はドレスコードにそれ程うるさくないのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.29

曼珠沙華

P1040367s

曼珠沙華という言葉は法華経中の梵語に由来し、本来は白く柔らかな花だそうだ。それが一体どこでどう間違えてヒガンバナに曼珠沙華の別名があるのかは、僕は知らない。

P1040360s

日本でみられるヒガンバナは染色体が三倍体で不稔(種ができない)なのだそうだ。ちなみに種なしスイカに種がないのも同じ理由。日本のヒガンバナは全て球根で増やしたもので、遺伝的には同一のクローンである。日本のすべてのヒガンバナは稲作の伝来期に大陸からやって来た1個の球根に由来すると考えられている。

P1040344s

4年前の今頃、義父が彼岸に旅立った日、この花が盛りだったのが印象に残っている。それで僕にはこの花がメメント・モリという言葉と結びつくようになった。その時の思いを書いたものをここに置いている。

Panasonic DMC-L1/Leica D Vario-Elmarit 14-50, Olympus Zuiko MC Auto-Macro 50mm f3.5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.28

Shadow of the Sunday Afternoon

Rolleia1100103s

Rollei A110/Tessar 23mm f2.8/Fujicolor Super G 100

------
日曜は朝から1日、恵比寿でワークショップの手伝い。
昨日、仕事だったせいか、今日は何となく土曜日のような気がしていたが、
紛うことなく明日は月曜日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.27

Blues wrapped around white

Rolleia1100101s

白の中に囲われた青たち

Rollei A110/Tessar 23mm f2.8/Fujicolor Super G 100

久しぶりに使ったA110、プリントしてみると今月撮ったと思えない懐かしさ。
------
横浜で学会。発表も無事終了。
夕食は横浜駅で済ませ、ヨドバシカメラに寄って帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.26

つづらの中身は

P1040532
大きなつづらの中身は iMac 24"/2.8GHz/500GBでした。

Apple StoreのBTOでお約束のハードディスク容量upとキーボードをWireless & US仕様にカスタマイズ。メモリーは別途安く購入しておいた増設メモリーで4GBに自分でアップグレード。

このキーボード、MacBookに採用されているキーの流用なのだろうけどタッチが思っていた以上にいい。テンキーがなくてサイズが小さいのも僕好み。その昔、Macintosh plusで使っていた128K用のキーボードを彷彿とさせて、オジサンは懐かしさで涙目(嘘

小さなつづらの中身は、これもMac関係だけど、また後日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大きなつづらと小さなつづら

P1040531
昨夕、わが家に届いた
大きなつづらと小さなつづら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.25

墓参りへ

P1040345s

夏期休暇の残りを使い、実家に帰って母の墓参りに行ってきた。
この休暇の間にひとつ歳を取り、母の歳にひとつ近づいた。

P1040374s

Panasonic DMC-L1/Leica D Vario-Elmarit 14-50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.22

誕生日

P1040139
またこの日がやってきた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.21

080921

P1040157s

Panasonic DMC-L1/Leica D Summilux 25mm f1.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.20

台風接近中

P1040090s

Panasonic DMC-L1/Olympus Zuiko Digital Zoom ED 7-14mm f4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.19

届くのが楽しみ

P1040324
いつ届くかな?
ーーーーー
今日の夕方からしばし旅の上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.18

もう木曜日、まだ木曜日

002holga2ps
Holga 120GN/Kodak Portra160NC

11月〆切の原稿の資料集めながら
出だしの部分を書き始めた
原稿用紙16枚のかなた
まだ道のりは遠い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.17

HOLGARDEN写真集 届きました

P1040321s

9月6日のエントリーに書いたHOLGARDEN写真集が届きました。サイズはCDに入っている解説や歌詞が書いてあるブックレットとほぼ同じ大きさです。写真展に参加した27名の写真が収められていて、いい記念になりました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.09.15

51092

R0015186bws

タイトルは豪徳寺と読んで貰えるとうれしい。
世田谷の豪徳寺は招き猫発祥の地とされている。その招き猫伝説と絡んで彦根藩井伊家の菩提寺となっている。幕末の安政の大獄で改革派弾圧を指揮し、その後、桜田門外の変に斃れた井伊直弼の墓はここにある。そしてその安政の大獄で獄死した吉田松陰の墓が程近い松陰神社にあるのは歴史の皮肉だろうか。

R0015187s

みんな揃って右手を挙げて佇む猫形たち
願いを叶えたいという人間の業の深さを感じた
勿論、その業は僕も背負っている

R0015189s

Ricoh GR digital

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BADOIT

P1040296s
BADOITと書いてフランス語だとバドワと読むらしい。「ついに日本解禁」という惹句でキリンビバレッジが扱うことになった。コーラ白書なんで本を愛読している炭酸愛好者の僕ももちろん気になっていた。 飲んでみると...ソーダ割につかうウィルキンソン炭酸を常用している僕には微炭酸はもの足りない。

職業柄、目を惹くのは 12 mg/L (= 12 ppm) のフッ素を含むので7歳未満の小児には飲ませるなという表示。フッ素にはむし歯予防効果があることが認められており、諸外国では多くの上水道に 1 ppm程度のフッ化物が添加してある。また、歯科医院で行うフッ素塗布のフッ素は1000 ppm程。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.13

ステレオ写真@生田緑地

P1040299s

P1040308s

P1040317s

P1040318s

天気がよかったので久しぶりに外に布団を干して、それからステレオアダプターを付けたカメラを持って生田緑地へ。いろいろ撮ったけど、結構難しい。上の写真はクリックすると大きくなります。

Panasonic DMC-L1/Leica D Summilux 25mm/Pentax Stereo Adapter

夕方、所用のため二子玉川へ。でもその所用を果たすために一番大切なものを持っていくのを忘れてしまい役立たず。気を取り直してデパ地下で食べたいものを買って帰った。夕方の246の渋滞には相変わらずうんざり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.12

月夜に弔ふ

R0015164bw

通勤途中のこの家からはしばらく前に人の気配が消えてゐた
躯体を半分もぎ取られた姿は無慈悲な秋の月夜に似合ふ
しばらく経つと誰もこの家を思い出せなくなるだらう
それを弔ふために僕はここにその最期の姿を残す

Ricoh GR digital

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.11

ステレオ写真

R0015144

ステレオって言うとほとんどの人は音響工学の方のstereophonicを思い浮かべると思うけど、実は写真のstereogramの方が歴史は長い。ステレオ写真の最初のブームはヨーロッパを中心に19世紀半ば〜20世紀初頭に起った。多くの写真家達が世界各地をステレオカメラを携行して旅した。彼らイメージハンター達が撮ったステレオ写真は実際に旅することなく異国情緒の臨場感を味わう手段として、もてはやされた。次のブームはアメリカを中心に1950年代に起こった。この頃、作られたステレオカメラは今でも時々中古カメラ屋で見掛ける。なぜ立体的に見えるかという理論的なことと立体的に見る練習法は別のサイトに譲る。

Pentaxステレオアダプターは随分前からあるアクセサリーで、最近はステレオアダプターDセットという名前で出ているが、別にペンタックスのデジタル1眼レフ専用ということでなく、別のメーカーのでも、はたまたフィルムカメラにも使える。ステップダウンリングを介して僕のPanasonic DMC-L1/Leica D Summilux 25mmの組合せに装着して撮ってみた。

写真はクリックすると拡大される。平行法で見ること。

P1040289s

P1040275

P1040276s

Panasonic DMC-L1/Leica D Summilux 25mm/Pentax Stereo Adapter

ーーーーー
今日も秋晴れの爽やかな日。
先日、やっとうまく行ったわいとほくそ笑んだのに。
何ってこった。満を持して仕込んだのが全滅とは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.10

東京原宿 瑞穂の豆大福

P1040293s

僕はと言えば、基本的に酒飲みで甘いものはあまり食べないのだけど、どういう訳だか時々無性にあんこ系の和菓子が食べたくなることがある。今日はまさにそのタイミングで東京原宿の知る人ぞ知る有名店 瑞穂の豆大福の差し入れ。絶妙の塩加減と皮にある豆のプチっとした感じがとっても美味。

P1040295s

豆大福がとってもおいしかったので、おいしさが伝わるようにステレオ写真でもお見せします。(本当に伝わるのか?)上の写真はクリックすると拡大されます。右の像を右目で左の像を左目でそれぞれ見る(平行法といいます)とあ〜ら不思議、豆大福やコパンダが立体的に見えますよ。

Panasonic DMC-L1/Leica D Summilux 25mm/Pentax Stereo adapter

ーーーーー
肩の張りがひどくなってきて、我慢できずに銭湯へ。
温浴と冷浴の繰り返しでかなり楽になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.08

CATS 再び

P1040281_2
オリジナル・ロンドン・キャストによる舞台のDVD
俳優のクローズアップによって表情を描き出すのはDVDならでは。夏休みに観た劇団四季版の舞台とは、また違う良さがある。でも、機会があれば四季版ももう1回観たいものだ。
ーーーーー
昨夕のゲリラ豪雨のお陰できっと車がキレイになっていることだろうと思って、朝、駐車場に行った僕が見たのは、くっきり新鮮な泥でついた猫の足跡。やれやれ。
3ヶ月煩わされてきた仕事の目処が付いた。結果のデータを見ながら口角が上がるのを止められない。この調子で残りも今月中に片づけてしまいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.07

ニューメディアとアート〜山本現代と写真美術館へ

R0015148
土曜日、大学の後輩で鹿児島の頃からの友人と恵比寿で待ち合わせ。まずは山本現代で開催中の高木正勝の個展へ。住所の場所には何の変哲もない事務所ビルしかなくて戸惑ったが、勇気を出してガラス扉を明けると入口に表示があって一安心。そしてエレベーターで3階に上がると...後は行った人だけのお楽しみ。

P1040285
高木正勝展を堪能した後、東京都写真美術館で開催中の液晶絵画展へ。期せずしてニューメディアアートをハシゴということに。まず驚いたのはシャープの協力による高精細な大型液晶ディスプレイ。作品のいくつかは楽しめたが、いくつかは退屈で集中力が続かない。高尚なコンセプトはともあれ、そしてメディアは何であれ美しさが感じられないものは観るに耐えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.06

HOLGARDEN 写真集

Holga10ps

2008年7月22日〜8月3日に四谷のルーニィ247フォトグラフィーで開催した写真展HOLGARDENの写真集ができました。中身はここで見れます。

HOLGA 120GN/Kodak BW400cn

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.09.05

暴君

P1040188
ハバネロ君の暴君振りがどんなものか、まだ試してません。ぶるぶる。

ーーーーー
仕事帰り、思わぬ渋滞で床屋の前で停止。店の中を覗いたらイスが空いていたので、そのまま駐車場に車を入れて、散髪してもらった。髪を切ったのるのいつ振りだったっけ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.04

福だるま

P1040265

石川に行ってた友人に貰ったので、金沢のお菓子かと思っていたら京都のだった。
初めて食べるのに懐かしい味だった。

P1040267

午後になって左肩の違和感が強くなってきたので、仕事帰りに銭湯に寄ってサウナと水風呂、それにジェットバス。お陰で少しはマシな状態に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.03

マーブル模様

R0015143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.01

花と龍

P1040264
「花と龍」は明治中期から昭和初期の北九州・若松を舞台に作者 火野葦平の父 玉井金五郎が裸一貫から沖仲仕の組長、さらに市会議員になった半生を描いた小説。小説の体裁をとっているが、ストーリーには実際に起こったことが含まれている、いわば実録小説、もしくは私小説の変形といったところ。小説としてはあらもあるが、展開の面白さに引き込まれて、一気に読んでしまった。

余談だが、アフガニスタンで医療援助などの活動をしているペシャワール会の代表である 中村 哲 医師は玉井金五郎の孫であり、火野葦平の甥にあたる。

ーーーーー
今日もすっきり晴れという訳には行かず、昼頃に雨。どうやら、夏はどこかへ行ってしまったらしい。気温はともかく湿度が高いのが困る。
午後からダブルヘッダーで会議の予定が、2つめは直前でキャンセルになったのはありがたい。といっても中止ではなくて順延なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »