« その後の「N 十六」 | トップページ | 春嵐 »

2008.04.08

往く春を惜しむ

P1030313rs
もしかしたら人生は水面を流れる桜の花びらみたいなものかもしれないね
それならそれでいいんだけれど

生田緑地にて

Panasonic DMC-L1/Leica D Summilux 25mm f1.4

|

« その後の「N 十六」 | トップページ | 春嵐 »

写真・カメラ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

子、川のほとりに在りて曰く、「 逝く者はかくの如きかな。昼夜をおかず」 ってことです。

投稿: iseita | 2008.04.08 23:48

そうえば英国の詩に「小川」というのがあったなあ...(水は流れきて水は去っていく、ヒトもまた、やってきて去っていく...それは小さな町の人間が旅の途中ちょい立ち寄るヒトを歓迎し、送り出してやるときちょっとさびしいという詩だったけど。nnn、イギリス人だ。

投稿: DD | 2008.04.08 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/40811480

この記事へのトラックバック一覧です: 往く春を惜しむ:

« その後の「N 十六」 | トップページ | 春嵐 »