« アントワーヌ・プーペル写真展 | トップページ | 午後から雨の土曜日 »

2008.04.25

久し振りに母の夢を見た

P1030488s

母が亡くなってから2年余り。久し振りに母の夢を見た。これが多分3回目。

自宅近くの子供の頃よく通った映画館。「閉館しました」と壁に書いてある(実際は25年以上前に取り壊されている)。50m程歩いて家に着くと「閉店します」の貼り紙。窓は開け放たれ、奥の方では父が閉店の片づけをしている気配(姿は見えない)。入り口すぐのテーブルでは親戚のおばさん(15年以上前に物故)と母が韓国に行くのだとはしゃいでいる。そして、僕を見ると、リコンファームをしなくてはいけないので航空会社に電話してくれと言う。僕は「今時、リコンファームなんていらないよ」と答え、2階の自室に上がる。その時、既に僕は母が180日後に死んでしまうことを知っている。そして自室で上着も脱がず立ちつくしたまま、涙が流れるのを止めることができない。

目が覚めたら本当に泣いていた。起きてすぐは映画館のシーンの前を覚えていたのだが、それはすぐに忘れてしまった。夢らしく儚い記憶。

P1030492s

昨夜は所用で新百合ヶ丘に出てきた高校時代の同級生と夕食。会うのは正月の同窓会以来。

Panasonic DMC-L1/Leica D Summilux 25mm f1.4, Zuiko Digital Zoom ED 7-14mm f4.0

|

« アントワーヌ・プーペル写真展 | トップページ | 午後から雨の土曜日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/40992486

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに母の夢を見た:

« アントワーヌ・プーペル写真展 | トップページ | 午後から雨の土曜日 »