« さくら | トップページ | 宮崎台の桜は満開 »

2008.03.30

針穴写真ワークショップ

Pinhole2s
ミッドタウンの桜

東京ミッドタウンにあるフジフィルム スクエアで昨日開催された公開写真講座「針穴写真の魅力再発見」に参加した。

カメラ作成から現像プリント、そして写真の講評まで、講師の日本針穴写真協会スタッフの皆さんのお陰で短い時間ながら楽しむことができた。今回作製したピンホールカメラは、キャビネ版印画紙の箱(もちろんフジ製)にまち針で穴を空けた銅箔を貼り、キャビネ版印画紙をフィルムとして使うもの。単純な造りながら意外性のある写真が撮れた。

Pinhole0s
多重露出を試みた

富士フィルムフォトサロンでは4/3まで「日本針穴写真協会10人展」を開催中。これまでのピンホール写真に対する考えが改まる作品ばかりだった。

R0014566s
只今、針穴カメラで撮影中

針穴写真ワークショップの待ち時間にフジフィルム スクエア・ギャラリーPHOTO ISで開催中の「時代を彩る女優(おんな)展」を覗いてみた。 沢渡朔 撮影の真行寺君枝と坂田栄一郎 撮影(だったかな?)の岸田今日子にやられた。こちらは5/6まで。

フジフィルム スクエアおよび日本針穴写真協会スタッフの皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。

|

« さくら | トップページ | 宮崎台の桜は満開 »

Pinhole Photo」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/40690979

この記事へのトラックバック一覧です: 針穴写真ワークショップ:

« さくら | トップページ | 宮崎台の桜は満開 »