« We're all alone | トップページ | Into the Blues »

2008.01.24

You can have me anytime

H902as

タイトルは昨日に続いてBoz Scaggsからいただいた。邦題はトワイライト・ハイウエイ。
この曲が山崎 努出演の車のCMで流れていた頃、僕は熱烈な恋の季節の真っ只中にいた。今となっては少し気恥ずかしい思い出。遠い遠い昔の話。でもその思い出は今でもホンの少しだけ僕の心を暖めている。

H902bs

日が沈むと同時に一陣の風がさぁっと吹き、海面に一瞬だけさざ波が立った。
それが、すごく美しくて。でもそれは写真に残す間もなく、息を呑んだ刹那に消えてしまった。

Hasselblad 500C/Planar C 80mm f2.8, Distagon C 50mm f4.0/FUJICOLOR Pro400H

|

« We're all alone | トップページ | Into the Blues »

写真・カメラ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

原題を訳すと「僕はいつでも君のもの」ってところかな。
「トワイライト・ハイウエイ」という題は車のCMと関係あるのかも。

僕も京極夏彦は文庫になったものは全部読んでいます。
『魍魎の匣』も好きな作品です。映画も是非。

投稿: 伊勢板 | 2008.01.24 18:14

原題と邦題とが全く違うんですねー。
それにしてもステキなお写真です。。。

だいぶさかのぼってしまいますが、
映画の『魍魎の匣』をご覧になったのですねー。
私、京極夏彦の本が好きで、
中でも京極堂シリーズが好きで、
その中でも一番この作品が好きなんですよー。
『姑獲鳥の夏』が映画化された時もビックリしましたが、
でも魍魎はさすがに映画には出来ないだろーと踏んでいたので(笑)
相当ビックリしてます。
アレをどうやって映像化したのかな~と、
とっても気になるところです。。。

投稿: ろさりー | 2008.01.24 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/17808093

この記事へのトラックバック一覧です: You can have me anytime:

« We're all alone | トップページ | Into the Blues »