« 甲府盆地上空1万メートル | トップページ | Hasselblad 500C »

2007.10.11

父の肖像

H109s
義務教育が終わった辺りから、親に正対するのが何となく照れくさくて、これまできちんと両親の写真を撮ったことはなかった。昨年、母を突然亡くしたとき、ちゃんとした母の写真を撮っていなかったことが唯一の心残りだった。今回、帰省した日の次の朝、「お父さん、写真撮ろう」と僕が言った言葉の意味を父は即座に理解した。「あぁ。どこで撮るかね」と。縁側に座って貰い、僕は庭に出て2枚撮った。ハッセルのくぐもったシャッター音の余韻が耳に残った。たった2枚シャッターを切る間に3ヶ所も蚊に刺された。

H110s
この家を建てたときに庭に母が植えた花水木は、今年の猛暑にほとんどの葉はからからに干涸らびて落ちてしまった。このまま木も枯れてしまうのかと思ったら、少し涼しくなると控え目ながら若葉が生えてきた。若葉は薄曇りの空からの光を反射して柔らかく光っていた。

Hasselblad 500C/Zeiss Planar C80mm f2.8/ILFORD XP2 super

|

« 甲府盆地上空1万メートル | トップページ | Hasselblad 500C »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

日本一深いと言えば田沢湖ですね。
行ってみたいと思いつつ、まだ果たせずにいます。

投稿: 伊勢板 | 2007.10.13 01:09

taiちゃん、こちらには日本一深い湖があります。湖の水が美しいからそこに映る風景もまた美しい。

投稿: DD | 2007.10.12 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/16732573

この記事へのトラックバック一覧です: 父の肖像:

« 甲府盆地上空1万メートル | トップページ | Hasselblad 500C »