« この忙しい時に限って... | トップページ | 100%の行楽日和 »

2007.10.20

あいまいな日常の私

P1010684ss
職場健診である異常を指摘され、医者に服薬を指示されるようになって10ヶ月。最近では薬を毎日飲むという行為が日常の中に埋没してきた。ある行為が日常に組み込まれると、自動的に行われるようになる代わりに、その行為の記憶は脳内にごく短い時間留められるだけになってしまう。これは職場に着いてしばらくすると、普段の通勤途中に起こったことが全く記憶に残っていないのと同じ。人間記憶の仕組みはそういう風にできている。そうなると困るのが、食後に薬を飲んだかどうかの記憶が曖昧になってしまうこと。
そこで買った小さなピルケース。お陰で薬を飲んだかどうかを悩む必要はなくなった。ところが、今度はこのピルケースを見ないと薬を飲むこと自体を忘れるようになってきた。記憶の仕組みというのはつくづく因果なものだ。

PowerBookのハードディスクは、内科的処置(ソフトウエアによる修復)では復旧せず。外科的処置が必要かなぁ。

|

« この忙しい時に限って... | トップページ | 100%の行楽日和 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/16815434

この記事へのトラックバック一覧です: あいまいな日常の私:

« この忙しい時に限って... | トップページ | 100%の行楽日和 »