« 首を横に振るTK氏の肖像 | トップページ | 感覚のcrossover »

2007.09.16

休日は写真展をハシゴ

P1010607s

「昭和 写真の1945〜1989」第3部 高度成長期@写美
昭和32年から42年の写真が中心の展示。このシリーズも第3部となり、写真に写った街並みも僕の記憶と重なる写真が増えてきた。といっても、もちろんその頃、東京に行ったことはなかったけれど。以前、このブログのどこかにも書いたが、その是非は別として、この時代は今と比べて世の中が随分単純だった。今の日本の進んでいる方向はどこか間違っているような気がする。「ゴミを捨てる男達」と題された秋山亮二氏の作品にあらわれた風景が、怪獣映画の特撮で作られた荒涼とした風景の記憶に重なった。

キュレーターズ・チョイス07@写美
今日は2回目。前回よりも人が少なめで心おきなくじっくりと観覧できた。

P1010616s

恵比寿から渋谷で移動し、先月のプリンター協会と写美が共催したモノクロ写真ワークショップでお世話になった加藤法久さんが主催されているプリントワークショップ写真展「SABADO vol.9」にお邪魔。

P1010629s

着いたら丁度パーティの真っ最中ですごい盛り上がり様。加藤さんに挨拶に行くと「写真を観る前に、まず、向こうのテーブルで飲み物を取ってこい」と。なかなか美味そうな酒が揃っていたのだけど、帰りに車を運転しなくてはならないので、泣く泣く水のみを摂取。先のモノクロ写真ワークショップでお世話になったプリンター協会の方々や受講者の方々とも再会できた。また、プロの写真家から興味深いお話を伺え、自分と写真の関係を考えさせられた。

P1010632m
Merci, Philippe! I enjoyed your talk very much. See you again in the near future.


|

« 首を横に振るTK氏の肖像 | トップページ | 感覚のcrossover »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/16461954

この記事へのトラックバック一覧です: 休日は写真展をハシゴ:

« 首を横に振るTK氏の肖像 | トップページ | 感覚のcrossover »