« 生田緑地 | トップページ | 56Chocolates »

2007.07.03

江戸百

P1000508

初代広重である。江戸百である。
江戸百とは「名所江戸百景」の略。目に見える風景から要素を的確に抽出し、単純化してそれを大胆に紙の上に再構成する能力の素晴らしさ。カバーのそでには絵葉書などで今も大人気と書いてあるが、確かに僕もアメリカへのお土産に買っていった。
原信田 実氏による「謎解き 広重「江戸百」」は、広重による一見風景画としか見えない絵の裏にあるメッセージを読み解くという本。裏のメッセージといってもオカルト的なものでない。江戸時代、時期によっては、御上の取り締まりが厳しく、現代の目から見ると些細なことでも場合によってはお咎めを受けた。そんな幕末のちょっと息苦しい世の中での息抜きとして仲間内でメッセージを共有するという遊び。

ボーナスが出た。といっても先行して明後日引き落とされるカード払いでデジタル1眼レフを買ってしまったので特に買えるものもなし。自動車の任意保険の支払いと気になっていた本とCDを買うくらいかな。

|

« 生田緑地 | トップページ | 56Chocolates »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生田緑地 | トップページ | 56Chocolates »