« 愛の反対語 | トップページ | こんな一日 »

2007.06.24

De qui s'agit-il?

P1000369s
アンリ・カルティエ=ブレッソン 知られざる全貌
2007.8.12まで東京国立近代美術館で開催中

僕が心の師と仰ぐブレッソンの写真展に行ってきた。約450点の作品・資料は大回顧展に相応しい量と質だった。中でも会場中程のヴィンテージプリントのコーナー。ここさえじっくり見れば、他はざっとで構わないんじゃないかと思えるくらい見応えがあった。常設展では岸田劉生と麗子にまつわる展示が面白かった。同時開催のアンリ・ミショー展の方は、期待していたにもかかわらず、気力、時間共に切れ。週末くらいは開館時間を延長してくれないかなぁとちょっと思った。時間を作ってもう1回見に行きたいと思う。

P1000382s

Panasonic DMC-L1/D Summilux 25mm f1.4

|

« 愛の反対語 | トップページ | こんな一日 »

写真・カメラ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛の反対語 | トップページ | こんな一日 »