« 未必の故意 | トップページ | 未必の故意と桜〜神奈川編 »

2007.04.07

富士山上空

R0012407s
今日は内陸のコースを飛んで富士山上空を通過。
傾いた日差しの中、雲海から頂上を突きだした姿は感動的だった。

R0012410s
地上は曇っていても、雲の上はいつも青空。

そもそも。
羽田での出発ゲートが本来ボーディングブリッジだったのが変更になって、遙か彼方の駐機場にバスで延々と運ばれたたのが皮切り。お陰で搭乗完了が遅れ、そのせいで当然、離陸が遅れ、さらに北九州空港の空域の混雑とかで宇部の上空を旋回しながら20分くらい待機。

結局。
35分遅れで着陸。下関行きの高速バスは既に出発した後で、次の便は待ち時間1時間以上。仕方ないのでバスで小倉駅に行き、そこからJRを小倉ー門司ー下関ー新下関と2回乗り換えて帰宅。やれやれ。JRの乗り継ぎがスムースだったのがせめての救い。

まぁ。
アメリカを行き来している頃の飛行機のトラブルに比べるとまだ可愛いもんだ。

Ricoh GR digital

|

« 未必の故意 | トップページ | 未必の故意と桜〜神奈川編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 未必の故意 | トップページ | 未必の故意と桜〜神奈川編 »