« 命日 | トップページ | 246は今日も渋滞 »

2007.03.09

Leicaflex

R0012212s
今から40年程前、1965年に発売されたLeicaflex。
僕の手元にあるのは最初の5000台のロットのうちの1台。いわゆる Mark I と呼ばれる型。多分、当時の物価水準を考えると、このカメラの価格は今の感覚に換算して、ちょっとした国産高級車に相当するのではないだろうか。しかしながら、ファインダーが空中像だとか、露出計が外光式だとか、故障しても修理できないとか、大きくて重いとか、いろいろな不人気の理由があって、21世紀の今となっては、下手すると最新のコンパクトデジカメよりも安く入手することができる。

R0012214s
しかしながら、実際に使ってみると持ちやすく、操作しやすい。また滑らかな操作感と静かな操作音に驚かされる。そして何と言ってもメッキの質感といったら。指の腹でカメラを撫でたときの触り心地は最高。今のような消耗品でなく、耐久消費財であった頃のカメラはやっぱりいい。重さはともかく、造りの良さと使い心地の滑らかさはLeica M3にも匹敵するのではないかと僕は思うのだが。
僕のアメリカ滞在中は日本の自宅の防湿庫で眠ってもらっていたけど、久し振りに使ってみようと思っている。

|

« 命日 | トップページ | 246は今日も渋滞 »

My favorite cameras」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 命日 | トップページ | 246は今日も渋滞 »