« 門司港ホテル周辺 | トップページ | その駅は以前、小郡駅と呼ばれていた »

2006.11.17

片道1110円

Ft65

あなたに会うために
今朝は少しだけ早起きしました

ペットボトルの水とカメラをお供に
60kmと1時間の小さな旅

居眠りすると乗り過ごしそうだからと
頑張って目を開けていたけれど
でもよく考えたら降りるのは終点でした


Olympus Pen FT/F-Zuiko 38mm f1.8/RDPIII


|

« 門司港ホテル周辺 | トップページ | その駅は以前、小郡駅と呼ばれていた »

写真・カメラ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うちは下関ですよん。

投稿: iseita | 2006.11.25 20:50


taiちゃんち、フランシスコザビエルら?

投稿: DD | 2006.11.25 20:11

遠くというか、山口県にも家があるのです。つまりは単身赴任。月に1回くらいは帰っています。で、家人が忙しくて一人になる時間があるとカメラを持って鉄道で近場をうろうろという訳です。

投稿: 伊勢板 | 2006.11.20 21:44

遠くへお出掛けだったんですね?

ペットボトルの写真が凄く好きです♡

私も毎日通勤で電車に乗ります

長時間じゃないけど、窓側に座って外を眺めるのが好きです
ペットボトルも何か思ってたんでしょうか^^

投稿: rosy | 2006.11.20 19:37

僕はどうも軽いワインよりもどっしり重いやつの方が好きみたい。そして醸造酒よりも蒸留酒の方がより好きなのです。
ブドウの木は美しいですよ。僕は巨峰の産地で生まれ育ちましたから。

投稿: iseita | 2006.11.18 21:13


taiちゃんのは各駅停車の写真だからいいんだなあ。澄んだ気持ちがよく表れてる。そういえば、そういう旅をしばらくしてないことに気づきました。expressじゃ味わえないかも。ところでボージョレ・ヌーボーといえばtaiちゃんかな?NZのワインセラーで飲みまくりの至福を思い出しています。ぶどうの木が美しいと思ったのははじめて。

投稿: DD | 2006.11.18 19:05

普通列車はどんな駅も2秒で通り過ぎたりせずに、一駅一駅しっかりと停まっては進みます。車窓を過ぎるのは田舎の秋の景色。この間、太陽はきっかり15°進みました。

投稿: iseita | 2006.11.18 00:10

んーと、soundscapeは....The Station I Passed In Two Seconds...車窓からみる草や木はさわやかな風を伝え、光る星の飾られた針葉樹の輝きに目をみはる。車掌さんとの会話や、旅の男の子と笑顔のあいさつ。降り立つ駅には僕の小さなマーク・トゥエインやおやじさんやおふくろさんがいつも居るんだ。「ただいまあ」

投稿: DD | 2006.11.17 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 門司港ホテル周辺 | トップページ | その駅は以前、小郡駅と呼ばれていた »