« 横浜たそがれ中華街 | トップページ | 5年越しの邂逅 »

2006.09.19

ボンタンアメ

R0010220s
先週の鹿児島出張のお土産。

ボンタンは熊本や鹿児島で栽培されている柑橘類で、漢字で書くと「文旦」。
ザボンとボンタンは同じもの。

R0010222

名前の由来は江戸時代に種を鹿児島の阿久根にもたらした清国船の船長「謝文旦」の名前にちなむ。「しゃぶんたん」の前半部「しゃぶん」から「ざぼん」、後半部「ぶんたん」から「ぼんたん」に転じたと言われている。

嵐で阿久根に漂着した際に地元民に受けた親切に感謝して種を贈ったとされている。この話はいくつかのバリエーションがあるが、どれも美化されていてちょっと怪しいと僕は思っている。当時の時代背景を考えると、多分、謝文旦は密貿易船の船長だったんじゃないかと思う。

R0010229s

それはともかく、ボンタンアメ。
子供の頃は包んであるオブラートが苦手であまり好きじゃなかった。今、食べるとほんわかした味わいが心地よい。オブラートも昔に比べて薄くなっているような気がする。でもこれは気のせいかも。

"Bontan-ame", bontan is a kind of orange and ame means candy in Japanese. Bontan came from China in Edo period, about 250 years ago and now the bontan is planted in southen area of Japan. The fruit itself taste good but sometimes it is made into marmalade or compote. Bontan-ame is a candy made from bontan. This candy has been sold since my childfood. I don't like it when I was a kid. However, nowadays, I like a sort of old-fashioned taste of this bontan-ame.

|

« 横浜たそがれ中華街 | トップページ | 5年越しの邂逅 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あはは。本当ですよ。
鹿児島に住んでいたころに仕入れた話です。鹿児島県阿久根市役所のサイトにもほぼ同様の話が載っていますから。

オブラートが口の粘膜にくっつく感じが嫌いだったのに今のやつは割とさらっとしているように思います。

投稿: 伊勢板 | 2006.09.19 22:47

ぼんたんあめ、懐かしいです~
私も昔はオブラート嫌いでした
薬なんかも小さい頃はよく飲めなくてオブラートに包まれてましたが、包むと臭いは無くなるしまとまるんだけど、形が大きくなって余計に飲めなかった思い出が^^;

あ、今回の由来話はホントですよね!?(笑)

投稿: rosy | 2006.09.19 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜たそがれ中華街 | トップページ | 5年越しの邂逅 »