« 発光体 | トップページ | ブレッソン »

2006.09.04

絶望と希望の半世紀展@東京都写真美術館

R0010076s

自宅近くの中学校の運動会とのことで騒音から逃れるために恵比寿の東京都写真美術館で開催中の「絶望と希望の半世紀展」を見に行った。敬愛する写真家Richard AvedonのRolling Stone誌での仕事が目当て。

報道写真がメインとのことで、いくつかのオリジナルプリントの展示はあるものの、大部分は当時の雑誌をアクリルのケースに入れ、その雑誌の内容のカラーコピーを壁にピン留めしたもの、または液晶プロジェクターによる壁面へのスライドショウ。報道写真の性質上、確かに出版物というメディアを通過する際に写真原版が持つ写真としてのニュアンスは既に変質しているので、カラーコピーや液晶プロジェクターも「あり」なんだろうけど少々安直すぎる気もする。特に液晶プロジェクターで投影されている写真の画質が悪すぎ。それでも写真展自体は報道写真の持つ「力」と「無力」のジレンマが感じさせられる内容で良かったと思う。見終わった後、どっと疲れたけど。

R0010077s

To escape from some noises around my apartment on Sunday, I went out to an exhibition 'Photojournalism in context since 1955' at Tokyo Metropolitan Museum of Photography. Please refer the link for the detail of the exhibition, but sorry for Japanese captions only at the website. I was very interested in the works at 'Rolling Stone' by Richard Avedon. There were several original prints and actual magazines in showcases; however, the main exhibits were color-photocopies and slideshows of the magazine contents. The photojournalism always appears through the media, and then, the nuance of the original photo-prints are degenerated anyway. Because of this property of photojournalism, this way of exhibition may be acceptable. But still I was disappointed with the photo-quality of the slideshows using LCD projectors. Nevertheless, the exhibition itself was very interested, I felt a deep dilemma of photojournalism there.

|

« 発光体 | トップページ | ブレッソン »

写真・カメラ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/11753632

この記事へのトラックバック一覧です: 絶望と希望の半世紀展@東京都写真美術館:

« 発光体 | トップページ | ブレッソン »