« ブレッソン | トップページ | 太郎 »

2006.09.09

Brown sugar

P1000384s
先週、東京写真美術館のショップで見掛けて気になるも「ポラロイドフィルムなんていつまであるかわかんないし、どうせ(いろんな意味で)ゴミを増やすだけ」と何とか踏みとどまって買わずに帰ってきたのに...結局、ここにあるのは何故? 数日前、佐川急便のお兄さんが差し出した伝票に受け取りのハンコを押したのは覚えているけど。

ブラウン・シュガーはポラロイド80系フィルムを使うピンホールカメラ。ピンホール径0.3mm 焦点距離46mmってことなのでF値は約150ってところ。生産は終了していて残るは店頭在庫のみ。売りはフェイクな木目調のプラスチック・ボディで気分はミッドセンチュリーってところか。ストラップはA&AのACAM-104で色を合わせてみた。

P1000394s
アパートの廊下からの景色。約5秒。 手持ちだとさすがにブレブレ。

P1000391s
少し暗い室内。45秒。全然光が足りない。
暗闇に妖しく浮かぶコパンダにもっと光を!

P1000392s
再挑戦。露出計で測ったら6分と出たので、相反不軌を考慮して2割増しの7分。
醒めた後の夢のような写真。

|

« ブレッソン | トップページ | 太郎 »

My favorite cameras」カテゴリの記事

Pinhole Photo」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ポラロイドカメラは20年程前にアメリカ旅行した際に向こうで買ったものがあるのですが、使用機会はすごく低いのです。その理由の一つはフィルムが高いこと。

一度、一瞬でも欲しいと思ったカメラは結局買っちゃう運命にあるのかも。そんなこんなで高級機からトイカメラまで90台くらい(爆

投稿: 伊勢板 | 2006.09.10 12:19


コチラも写美のshopのトイカメラにはやっぱり立ち止まっちゃう。けど、taiちゃんが+するとこが好きだな。
ところでポラはフィルム高いのよ。だから、ぼやけて撮れたたんぽぽの写真だってBOOKのあいまや棚やフロアでカードたてにたてて野原風。SLIMACEって重いのよ。そんで、何年に1回のおよびw遊びにしてはシビアなやつ。

投稿: DD | 2006.09.10 10:37

ピンホール・カメラというのは小さな穴が開いているだけでレンズがないのに写真が撮れるという代物なのです。

カメラはどこか1ヶ所でも気に入っているところがあれば、どんなのでも構わないと思います。どんなに素晴らしい風景に出会ってもカメラがなければ写真に残すことはできません。つまり、気軽に持ち出せるようなカメラがいいと思います。どこにでも持って行きたいカメラ、つまりどこかしら気に入ったところがあるカメラということです。

投稿: 伊勢板 | 2006.09.10 00:54

わ~、ポラロイドカメラですか!
カメラ(写真)は好きなんですけど、全く詳しくないので、分からない用語が沢山^^;
でもお洒落なカメラですね!
パンダちゃんの写真、伊勢板さんの、【醒めた後の夢のような】ってコメント、素敵ですね!

私も新しくカメラが欲しいんですけど、何を買えば良いのか分からず^^;

もっと勉強しなくちゃ~・・・

投稿: rosy | 2006.09.09 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブレッソン | トップページ | 太郎 »