« 残暑お見舞い | トップページ | 夢で逢いましょう »

2006.08.23

若沖展@東京国立博物館

帝都の上野山にあるその館を最後に訪れましたのは、先の帝の御時でしたでしょうか。それとも今上の帝が即位されたばかりの頃だったでしょうか。いずれにしましても平成という名の館がなかった頃でございます。思い返せば帝都の姿もその頃とは随分変わりました。変わらないのは人の多さと夕方に鳴く烏の声でございましょうか。私の髪にちらほらと白いものが増えてしまったもの仕方のないことでございます。

P1000354s

などというどうでもいい前置きはさて置き、先週土曜は横浜美術館東京国立博物館東京都写真美術館で迷った挙げ句、東京国立博物館の「若中と江戸絵画展」へ。
会期も今週末までと言うこともあってすごい人の数。特に有名な絵の前では列がぴくりとも動かないの。

伊藤若沖を知ったのは没後200年の2000年に京都で開催された展覧会を特集したテレビ番組を観て。彼の作風は生物を緻密に描いた絵という印象があったのだけど、思った以上に良かったのが水墨画。対象の特徴をうまく抽出してシンプルな線の中に味わいのある絵になっていた。そういう才能がもちろん精密画のなかにも生きているのだろう。

P1000359s
葉書を入れる小袋が専用のものというのも妙に嬉しい。

Last Saturday, I went to Tokyo National Museum to inspect the exhibition, "The Price Collection - JAKUCHU and The Age of Imagination". Please refer the link for Mr. Price and the detail of his collection. It was a fantastic and amazing exhibition except too many visitors.

|

« 残暑お見舞い | トップページ | 夢で逢いましょう »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残暑お見舞い | トップページ | 夢で逢いましょう »