« エドガー・アラン・ポー博物館 | トップページ | 「いやげもの」は世界を覆う »

2006.05.19

Coca-cola BlaK

P1120865

日本に比べるとさすが本拠地アメリカにはコカコーラの種類がすごく多い。

近くのスーパーで見かけるものだけでも、
caffeine free Coca-cola, caffeine free Diet Coke, Cherry Coke, Coca-Cola Classic, Coca-Cola C2, Coke II, Coca-Cola with Lemon, Coca-Cola with Lime, Coca-Cola Zero, Coke with Raspberry, Diet Cherry Coke, Diet Coke, Diet Coke Sweetened with Splenda, Diet Coke with Lemon, Diet Coke with Lime, Diet Coke with Raspberry, Diet Vanilla Coke, Vanilla Coke
とざっとこんな具合。

僕のお気に入りはVanilla Coke。日本ではあっという間に消えたけど、こちらではまだしっかり売っている。幸い職場の自販機にないお陰で飲み過ぎずに済んでいる。体重は気になるけどDietシリーズはアスパルテームの後口が苦手。ZeroよりはC2の方が好きだけど、そう言えば、この頃C2は見かけないなぁ。

そして最近見かけた新顔がこれ、Coca-Cola BlaK。

普通のCoca-Colaだと355mlの缶入りが特売日には12本パックで$2.50のところ、このBlaK、237mlのビン入り4本で$5.99とやや高めの価格設定。にもかかわらず、炭酸好きの僕としては見逃すことができなくて、少々躊躇しながらもご購入。

冷えたところで早速飲んでみた。
味はコーヒーとコーラの合体。炭酸は弱いが味にコクと深みがあってなかなか好ましい。炭酸飲料にもかかわらず、何故かとろんとしたまろやかな飲み口。後味もすっきりしている。バニラコーク以来の好感触。これでもう少し安ければいいのだけど...いや、安くないから飲み過ぎなくていいのかも。

|

« エドガー・アラン・ポー博物館 | トップページ | 「いやげもの」は世界を覆う »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エドガー・アラン・ポー博物館 | トップページ | 「いやげもの」は世界を覆う »