« 往く春を惜しむ | トップページ | 最近買った写真集2冊 »

2006.04.03

楓の花

今日から夏時間。何となく体内時計の調子がずれている。

この頃、ハイウェイを走っていると緑の新芽に混じって真っ赤な葉をつけた木がたくさんあって何だろうと気になっていた。散歩していたらアパートの敷地内の木にも赤い葉を付けたものがあるのを発見。

P1120384s

近づいて観察してみると赤いのは葉ではなく、カエデの実だった。

P1120382s

ノンビリしたのはまだ花をつけていた。

P1120386s

カエデの実はこれからだんだん乾燥して堅くなり、ある時期になると枝から外れ、プロペラみたいにくるくる回りながら落ちていく。その時に風があると風に乗って遠くまで飛んで種を広範囲にばらまく。

花よりも実の方が派手というのも、また人の力を借りずに勢力を拡大していこうという戦略もソメイヨシノとは対極にあっておもしろい。人間社会にも似たようなことがあるよなぁ。となんとなくしみじみ。

|

« 往く春を惜しむ | トップページ | 最近買った写真集2冊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 往く春を惜しむ | トップページ | 最近買った写真集2冊 »