« アンセル・アダムス ヨセミテ・コレクション | トップページ | 幻日と上部タンジェントアーク »

2006.04.29

Instant Light – Tarkovsky Polaroids –

P1120614s

最近はレンタルビデオのお陰で比較的容易に観たい映画を観ることができるようになったが、その昔、僕の学生時代にはなかなかそう言うわけにはいかなかった。そもそも大学を卒業するまでビデオデッキなんて贅沢品は持つことはなかった。それでその頃、観たい古い映画を観るためには名画座に望みの映画が掛かるのをひたすら待つしかなかった。そう考えるとビデオはラジオスターを殺しただけでなく、名画座にも引導を渡したということなのだろう。そうやって何度もスクリーンで観た映画というのは、家庭のビデオで観た映画よりも遙かに印象深い。タルコフスキー監督の「惑星ソラリス」もその印象深い映画のひとつ。そう言えば原作者のスワニフ・レムが先月26日に亡くなった。

この写真集はタルコフスキーがロシアとイタリアで撮ったポラロイド写真を彼の息子とイタリア人写真家が選んだもので、実は2004年に一度発売されるも、あっという間に売り切れ、入手不可になっており再版が待たれていた。

イタリアで撮影された部分は映画「ノスタルジア」の撮影の頃に撮られたものなのだろうか。写真から滲み出る雰囲気が映画のそれによく似ている。どの写真もすごく味わい深い。ポラロイド写真にここまでフィルム映画に似た味が出せるとは思いもしなかった。現在、ポラロイドはデジタルカメラに息の根を止められつつあるが、これらの写真の雰囲気はデジタルにはきっと永遠に出せないものだろう。

前日の日記で好きなタイプの写真を見ると影響されてしまうので、あまり見ないようにしていると書いたばかりなのに、今日、この写真集を見て、ヤバイなぁと思っている。フィルムが高いし、思ったような写真が撮れないからと日本の自宅の部屋の奥深くに仕舞っていたポラロイドカメラを引っ張り出してしまいそう。やはり、しっかり影響されてしまうようだ。

|

« アンセル・アダムス ヨセミテ・コレクション | トップページ | 幻日と上部タンジェントアーク »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

僕は絵も描けないし、楽器も弾けない。絵も音楽も鑑賞するだけが取り柄。
最近よく聴いているのはリストがピアノソロに編曲したベートーベンの交響曲第6番「田園」。そういう僕はYMOの昔からのファンだったりもします。

投稿: iseita | 2006.05.04 06:42


20代、グールドを聴きながらアトリエでリトグラフの制作。いつもそういえば、サティやショパンやモーツアルトやベートーヴェンやJ.S.BACHのマタイ受難曲が流れていました。なぜか草間弥生の作品がアトリエの片隅にあずかっててボックスをのぞくとミラーがあってみたいな、オノ•ヨーコの作品みたいなのでした...そばで、仲間がインベーダーゲームやってたりしてwうるさいなあ、もう!怒ってました。


投稿: DD | 2006.05.02 21:48

惑星ソラリスの音楽といえば、初期のシンセサイザーが奏でるバッハ。そういえばアメリカに来てから、何故かグールドのピアノにはまっています。
無伴奏チェロいいかも。

投稿: Iseita | 2006.05.02 00:41

カザルスの無伴奏チェロをラジカセで聴きながら、公園をお散歩。青そらのむこうからtaiちゃんのむふふが聞こえてきそうでしたよ。

投稿: DD | 2006.05.01 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンセル・アダムス ヨセミテ・コレクション | トップページ | 幻日と上部タンジェントアーク »