« その如月の望月のころ | トップページ | 花に嵐 »

2006.02.21

The Edukators/ベルリン、僕らの革命

PR1217334s

日曜日は日中も気温が上がらず、最高気温が0℃くらい。せっかく咲いたヤマザクラも可哀想に凍えて萎れていた。高空に刷毛でさっと描いたような雲は巻雲(Cirrus)がすごい速さで移動していく。これが出るときは上空にかなり強い風が吹いているのだけど、地表ではほとんど風はなかった。しかし、近くの公園を散歩すると寒い。

PR1217345s

日曜の夕方、リッチモンド大学の外国語映画上映会でThe Edukators(邦題:ベルリン、僕らの革命)を観た。日本でも昨春公開済み。
ヒロインが債務を負っている金持ちのおっさんをひょんなことでボーイフレンドとその友達の3人で誘拐する羽目になってしまい、それに三角関係が絡んでという話。このおっさん、日本で言うところの全共闘世代なのだが、全く日本のその世代の人間と同じで喰えないキャラに描かれている。このおっさん、自分を誘拐した若者達に若い頃の「革命」の話を懐かしそうにかつ自慢げに語るのだが、結局、歳月を重ねた末に当時糾弾したはずのブルジョワになって大人の論理を振りかざし、自分よりも下の世代・階層を搾取することに何の疑問を持っていない。映画のラストシーンから推察するにこの監督は現代の社会に渦巻く問題点の多くはこの世代に責任があると思っているんじゃないかな。

P1120056s
ポスターに書いてある「YOUR DAYS OF PLENTY ARE NUMBERED」というのはEdukatorsがことをなした後に残す決めの台詞なんだけど訳すと「あんたらの肥え太った生活ももう終わりだ」ってところ。馴染みのある単語だけなのに日本で英語教育を受けた者には訳しにくく、また自分でも書けない文章のひとつかもしれない。

|

« その如月の望月のころ | トップページ | 花に嵐 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/8769065

この記事へのトラックバック一覧です: The Edukators/ベルリン、僕らの革命:

» ベルリン、僕らの革命 [A画な生活。]
ベルリン、僕らの革命 「ベルリン、僕らの革命」 監督/ハンス・ワインガルトナー ★★★ キャスト/ダニエル・ブリュール/ジュリア・ジェンチ/スタイプ・エルツェッグ 「グッバイ・レーニン!」で注目された若手俳優ダニエル・ブリュール主演の青春映画です。 「graniph」というTシャツブランドが公開前にオリジナルTシャツを売りだしたことでこの映画を初めて知りました。アートワークが割とかっこよかったので映画を観て良かったらTシャツ買おうかなぁなんて思っていたんだれど、結局劇場では観ず、... [続きを読む]

受信: 2006.03.02 01:33

» 「ベルリン、僕らの革命」を観た [神々の黄昏 ―Gotterdammerung―]
いきなりですが、主演のダニエル・ブリュールってあの有 名俳優に似ていませんか? ずばり、有名俳優とは「24」のキーファー・サザーランド。 ブリュールの顔の輪郭、瞳の力強さを見ていて、俺には ブリュールがまるでサザーランドの息子であるように錯覚 してしまった(うーん、でも息子と言うには年の差を感じな いな。年が離れた弟と例えたほうが適当だろうか)。 ドイツ版サザーランドのブリュールが、「グッバイ... [続きを読む]

受信: 2006.03.11 02:27

« その如月の望月のころ | トップページ | 花に嵐 »