« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

週末に観た映画

P1110836s
土曜日の夕方、頭痛も退いていつものBYRD Theatreで The Family Stone を観た。ゴールデン・グローブ賞主演女優賞コメディ・ミュージカル部門でサラ・ジェシカ・パーカーがノミネートされていて(受賞は逃した)、ちょっと気になっていた映画。日本では公開未定らしい。
いかにもアメリカ人の好きな笑いと涙のツボを押さたコメディ風ホームドラマ。大笑いしたり、くすくす笑いしたり、シュンとなったり、涙ぐんでみたりと、観客の反応が面白い。こういう映画は一人でDVDで観るよりもこうして大勢で観る方が面白さが増す。そして、こういう観客の土壌の上にこそ、テレビのシチュエイション・コメディ(あの笑いが入るやつ)があるのだなと思い至る。

そして日曜日。昼にテレビをつけたらPBS(日本だとNHK教育に相当。でもここは受信料よこせなんてケチなことは言わない)で The Great Escape/大脱走 をやっていた。70年代にはテレビの洋画劇場で何度もやってたけど、そういえば最近はやらないなぁ。懐かしくて見始めたら思わず最後まで見入ってしまった。
スティーヴ・マックィーンがスイス国境に向けバイクで障害物を乗り越えるシーンが格好良くて、久し振りに見ても結果を知っているのにわくわくした。登場人物が多いけれども、みんなばっちりキャラが立っていて、散漫になっていない。3時間近い上映時間も全く飽きない。娯楽映画はこうあるべきという見本だと思う。

P1110847
夕方はリッチモンド大学の外国語映画上映会でフランス映画 王と王妃/Rois et Riene を観た。2004年作品。今のところ日本公開未定。これも2時間半と長い。ストーリーは例によってフランス映画らしく込み入っていて、これまたフランス映画らしく見終わってもモヤモヤが残る。カタルシスは得られない。モヤモヤを抱えたまま、映画の意味を考えながら夜に車を運転して帰るのは危ないなぁ(<自分)。フランスでは結構な観客動員を記録したそうだけど、こういう映画に人気が出るとはやはりフランス人はひねくれていると言わざるを得ない。
ある意味、昼に観た「大脱走」の対極にある映画とも言える。でも、これも映画。僕はどちらも好き。やっぱりひねくれているから。

P1110837s
BYRD Theatre隣のアンティークショップのショウウインドウ。毎度のことながらウィットに富んだディスプレイがおもしろい。 これは結婚は「三猿」で臨めという寓意か。参考までに「見ざる聞かざる言わざる」は "See no evil, hear no evil, speak no evil."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.30

猫の三回忌


FH033

28日はもんちゃんの三回忌でした。
もう2年も経ってしまったんだねぇ。長いような短いような。
写真は手術後しばらく調子がよかった頃。

FH022s


| | コメント (0)

寒の戻りと思いきや

P1110827s
金曜日の朝はキンキンに冷えて氷点下。車の窓にもきれいな星模様。
うちのボスの風邪がうつったのか土曜は目覚めると頭が痛い。どうせ休みだからと二度寝すると次に目覚めたのは11時半。 ちょっと寝過ぎ。

月末ということで家賃の支払いのため小切手を切っていて、昨年、自分へのお年玉として買ったMONTBLANC StarWalkerファインライナー のインクが切れているのに気付き、郊外のショッピング・モールへ気晴らしも兼ねて出掛けた。何も考えずに革ジャンを着て出たら、みんな春の装い。半袖の人も結構な比率。気温が18℃くらい。確かにショウウインドウもすっかり春。冬を纏った自分はなんだか肩身が狭くて買うもの買ったらそそくさと帰宅。

P1110834s

| | コメント (0)

2006.01.28

hairspray

P1110821s
ブロードウェイで人気のミュージカル、hairspray。一緒に行く予定の人が急用で行けなくなったからどうですかとのお誘い。最近、TVでCMをやっていて何となく見てみたいと思っていたので渡りに船。

実はミュージカルの舞台を観るのは初体験。
映画は明らかにスクリーンという布の上に儚くも映っている影なので「これは虚構だ」と意識させられ、そのために逆に感情移入しやすいのだが、生の舞台は話も登場人物も虚構なのに目の前で生きている本物の人間がやっているというところが引っ掛かり「騙されないぞ」という反応なのか、どうも話にのめり込めない。というか観ていてこっちが何か気恥ずかしくなってしまうのだ。

それはともかく、今回観たhairspray、思っていた以上に楽しめた。それ程深みのあるストーリーではない。刹那的に目と耳に入ってくる刺激を楽しめばいいのだ。舞台装置の立派さには驚いた。主人公Tracyの親友Pennyの恋人Seaweed役のAlan Mingo, Jrのダンスが素晴らしい。しかし、事実かどうかは知らないがちょっと耳にしたところによると、こういう地方のドサ周りにくるメンバーは野球で言えば2軍以上レギュラー未満のレベルなんlだとのこと。ということはブロードウェイの舞台に立っている1軍の人達は相当すごいのだろうなぁ。やはり、一度はNYに観に行くべきなのかも。

| | コメント (0)

2006.01.26

人工衛星の軌道計算

今朝の夢。

どこか大きな研究所のようなところで働いている。
この研究所で小学生の夏休みの自由研究を手伝うことになり、担当の子供にテーマを提案させると人工衛星の軌道計算をしたいと言う。肉眼で見える人工衛星がないと軌道計算はできないと答えると、「ほらあそこに」と子供が指さした先に昼間だというのに人工衛星が見える。

それではと言うわけで人工衛星観測用の望遠鏡を組み立てる。太陽が視野に入ると大変なことになるので遮光用のフィルターも付け練習をする。二人一組になり、一人が望遠鏡の視野内の十字線に衛星を捉え続け、5秒ごとに望遠鏡が示す経度と緯度の数字を声に出して読み、もう一人が書き取る。リハーサルしてみると望遠鏡で追尾する方が忙しすぎる。追尾する方は追尾に専念し、記録方が経緯度を読むことにし、念のため画像と音声を記録しながらやることにする。

そして本番。小学生だってやればできるものだと作業を監督しながら感心する。観測データはうまく取れ、それを天球儀にプロットし軌道を計算し始めたところで目が覚めた。

P1110803s
今朝最初にブラインドの隙間から部屋に差し込んだ朝日

| | コメント (2)

2006.01.24

週末観た映画

土曜日は誘われて珍しくシネコンに Memory of Geisha/SAYURI を観に行った。土曜夜のせいか客の入りはいい。7割白人2割アジア系ってところ。
字幕なしで挿入される日本語。画面に溢れる過剰かつデフォルメされた日本趣味。予想通りアメリカ人の視点から見た日本という意味ではLast Samuraiにも雰囲気は似る。 主人公のチャン・ツィイーよりも敵役のコン・リーの方に感情移入しやすかった。桃井かおりはいい味出ている。頰杖はつかないかおりお姉様も遣り手ババァの似合う歳になっちゃったんだね。ミッシェル・ヨーは相変わらず渋い役。

P1110785s
たまにはピンぼけ写真なんかどうかな

日曜にはいつものBYRD Theatreで Proof/プルーフ・オブ・マイ・ライフ を観た。期せずして日米で数学者絡みの映画が公開中。

P1110795s

映画を観た後で邦題の「オブ」以下は不要というか邪魔だと思った。実際のところ、この映画に出てくる Proof は私の人生を証明するものではない。それから公式ページのキャッチコピーには違和感ありまくり。そんな話じゃないと思うんだ。
主演のグウィネス・パルトロウはゴールデン・グローブ賞にノミネートされるも受賞は逃した。発狂した天才数学者の役にアンソニー・ホプキンス。

お馴染みBYRD Theatre周辺の店の立て看板
PR1214821s

PR1214822s
Konica HexarRF/Ricoh GR 28mm f2.8/f3.5-AE/Fujifilm Superia 400

| | コメント (0)

2006.01.21

ピクルス縦切り

P1110737s
今日のランチは職場のみんなでダウンタウンのレストランへ。

P1110742s
注文したのはDirty Burger。アメリカ人の命名センスはユニーク。Mississippi Mud(ミシシッピーの泥)なんて名前のデザートがある。

日本ではこういうタイプのパンに何を挟んでもバーガーと呼ぶけれど、アメリカでは牛挽肉100%のパテの場合しかBurgerと呼ばない。形が同じでも牛挽肉以外のもの場合はSandwichと呼んで区別している。つまりchicken burgerやfish burgerという名前のものは存在しない。
マクドナルドみたいに輪切りではなく縦切りの大きなピクルスが×印のように2つも入っていたけど残さず食べたよ。相変わらずキュウリは嫌いなのだ。

P1110744s
今日のリッチモンドはすっかり春の陽気でダウンタウン周辺を歩く人たちも気候を楽しむという雰囲気でリラックスしていた。空の色にも厳しさは感じられない。

P1110749s
でもまだ1月なんだよね。また寒波が来るんだろうなぁ。

| | コメント (4)

2006.01.17

林の中を散歩

キング牧師の記念日ということで今日は休日。
昼間は読書三昧。日が傾いてきた頃、ちょっと近くの公園を散歩。

P1110678s
少しだけ覗いた青空が微妙でいい感じ。

P1110684s
上を見上げるといろいろなパターンで空が区切られていて飽きない。

P1110687s
途中で出会った看板。

P1110689s
1時間程歩いて、たったこれだけだけどなんだか久し振りに身体を動かした。

| | コメント (0)

2006.01.16

Kiss Kiss Kiss Kiss...

P1110667s
派手にキスマークだらけ。こんなの貰ったら照れちゃいそう。

P1110663s
こっちは真っ赤なハート。こんな皿でデザートが出たら照れちゃいそう。

P1110672s
うん、君にはとっても似合うと思うんだ。でもね、こんな服で君がデートに現れたら照れちゃいそう。

| | コメント (0)

2006.01.15

昔なつかしの

06LR6003-17s
元旦に実家近くの小高い丘の上にある神社に出ていたカルメラ焼きの露店。
おじいちゃんが黙々と製造実演するも売れ行きは芳しくない。子供の頃に食べた記憶はあるが、要するに砂糖の塊。それ程うまいとも思わなかった。 カルメラとはポルトガル語のcaramelo(甘いもの)から来ているそうでキャラメルも同源の言葉らしい。

P1110578s
子供の頃、この神社の2月と9月の例大祭(こくんぞさん)にはたくさんの露店が出てそれは賑やかだった。こくんぞさんにはもう20年以上も行っていないけれど、この頃はどうなんだろう。相変わらずの賑わいを見せているのだろうか?三池炭坑の凋落と終焉のせいで元旦にお参りする人は昔に比べて減ってしまったようだけど。

06LR6003-18s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.11

冬の散歩道 その2

日曜の散歩写真 ー フィルムカメラ撮影分

06LM5001-04s
曇天に絡まる枝

06LM5001-02s
ごみはゴミ箱に

06LM5001-05s
昼から夜への分岐点

Leica M5/Summicron 35mm f2.0 (2nd)/Fujifilm super HQ200

| | コメント (0)

2006.01.10

冬の散歩道

P1110637s2
鈴生りの赤い実。こちらの鳥はこの実を食べないのか、全然減らない。昨年もこの状態のまま春が来て木の上で干涸らびてしまった。

P1110633s
冬至を半月以上過ぎ、日が暮れるのが一時よりも確かに遅くなったと感じる。冬らしい陰鬱な写真とは裏腹に、ここ数日、まるで春が勘違いしてやって来てしまったかのように暖かい。

P1110639s
落葉樹の葉がすっかり落ちてしまい、あちこちの樹上にリスの巣が見える。枯葉で覆ってあるもののえらく風通しのいいところにあるので中に住んでいるリスは寒いのではないかと他人事ながら少々心配。

| | コメント (0)

2006.01.09

Good Night, And Good Luck

Good Night, And Good Luck
ジョージ・クルーニー監督作品

P1110621bw

幕が開いて、まず、モノクローム画面の美しさに圧倒され、ただただ呆然と見惚れるばかり。この美しい映像とカメラワーク、そして背景に流れるジャズを鑑賞するためだけに映画館に足を運ぶ価値があると思う。

時代はマッカーシズム吹き荒れる1950年代、自由を守るためそれに抗い勝利したCBSナイトショウのテレビクルーの実話に基づいている。Political correctnessや嫌煙権なんて言葉の影もなかった時代なので、白人じゃない登場人物はジャズミュージシャンだけ。男はみんな髪を油で撫で付けネクタイ着用。もちろんピアスをした男なんていない。それから登場人物の誰もが男女にかかわらずタバコを吸う吸う、吸いまくる。狭いミーティングルームは煙が充満。タバコを吸わない僕なんか映画を観ているだけで服にタバコの匂いが付くんじゃないかと心配になる程。そして主人公の指には常に紫煙たなびくシガレットが。あろうことか番組放送中にもシガレットを離さない。それでもってタバコを吸う姿がこれまた決まっていてやたら格好いい。そんな時代だったということ。でも嫌煙権団体からきっと文句が来るな。

P1110623bw
映画館のある商店街のショウウインドウ。今日は映画に影響されてモノクロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.06

Back in USA

P1110607s
始まる前は長いような気がした休暇も終わり、アメリカに戻る旅。
今回の道中、司馬遼太郎「幕末」を読み耽る。機中で観た映画は3本。Mr & Mrs Smith、蝉しぐれ理想の女。例によってほとんど眠らない。

P1110610s
シカゴ空港は小雨。乗り継ぎ便の待合室から遠く雨に煙ってシカゴの摩天楼が見えた。 飛行機を降りると当たり前だけどみんな英語を喋っている。3週間のブランクの後、「あぁ、こんなところだったね」と少しずつ記憶が戻り感覚が馴染んでくる。なんだかシーズン最初に泳ぐ時みたいな感覚。iPodで久し振りに聴く井上陽水が場違いでいい感じ。

P1110614s
乗り継ぎ便は定刻に出発。この季節としては画期的。
雲は密なれど高度は低い。飛行高度ではびっしりとした雲海の上に青空が広がっていた。覚悟していた揺れもほとんどなく快適。雲のパターンが楽しくて見飽きない。南下に従い雲が切れ地表が見えてくる。これまた画期的なことに定刻よりも早く到着。

リッチモンドは晴。暖かい。 革ジャンでは少々暑いくらい。
さてさて今年は一体どんな年になりますやら。願わくば今回の旅のように快適でスムースなものになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.02

わが家は今年も

NewYear06s
ということでよろしくお願いします。


| | コメント (6)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »