« Blue Planet | トップページ | わが家のブラック・ホール »

2005.12.03

Josh Simpsonのガラス工芸

11/26にクライスラー美術館で見てとても感銘を受けた Josh Simpson のガラス工芸品、27日付の日記に書いたように直径18cmのものが50万円程、直径25cmのものが200万円程で買えるのです。200万円はとても無理だけど、50万円だったらちょっと無理すれば出せるのではないかと思ったり。そんなもの買ってどうするのだと思ったり。

悩んだ挙げ句、欲しいときには素直に欲望に従うべしってことで、アメリカに来てからの貯金をはたいて Josh Simpson の直販ウェブサイトで買いました。

P1110262s

実際届いてみると置き場所も何とかなったし、何よりも自分の手で触って冷たい感触を感じながらいろんな角度から見られるのが幸せです。やっぱり美術品って思い切って買ってみるものですね。

P1110260s

え、上の写真はともかく、iBookの上に乗っている写真では直径が18cmもあるように見えないって...


18cmのを買ったとはどこにも書いていないのです。
実は予算と置き場所の問題で買ったのは直径5cm弱のもの。なのでお値段もそれなり。それでも凝縮された世界観はなかなかのもの。これは自分用に買ったのではなく、友人のお祝い事への贈り物なのです。でも、手にとって眺めていたら、贈るのが少し惜しくなってきた...

|

« Blue Planet | トップページ | わが家のブラック・ホール »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本でも下記リンク関係で扱っているようです。
http://www.cavian.jp/
他にもあるかもしれません。

美術館で見た40cm程のものにはかないませんが、小さいものは小さいなりにミニチュア感がいいです。

投稿: 伊勢板 | 2005.12.04 18:30

素敵!
私も欲しくなりました。

小さなものでも素敵なら、大きければその感動は更に大きく・・・?
一度見てみたいな。そして触れてみたいな。

投稿: ころりん | 2005.12.04 14:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Blue Planet | トップページ | わが家のブラック・ホール »