« バースディ・ランチはミートローフ | トップページ | Blue on blue »

2005.09.26

旅人とマジシャン

P1100592s
University of Richmondの外国映画上映会、今日は2003年のブータン映画 Travellers and Magicians。日本じゃこんなの見る機会ないだろうなぁと思っていたけど、ネットで検索したところ昨年の福岡アジア映画祭で上映されたそうです。お見逸れしました。

ストーリーはアメリカかぶれの若者が渡航のためのビザを得ようと田舎から街へ向かう途中の話なんですが、素朴なユーモアに溢れていて面白かったです。「オレはアメリカで一儲けするんだ」と言う主人公に女の子が「アメリカ人なんて誰もブータンがどこにあるかもわからないんだよ。そんなところに行ってどうするの」って返したシーンは大爆笑でした。今日来ていた観客の90%以上は多分ブータンの場所を知らないだろうな。

以前から世界ふしぎ発見などのテレビ番組で紹介されるたびに言われることですが、ブータン人と日本人は顔立ちが似ています。この映画の主人公も さとう宗幸と桑田佳祐 を足したような顔立ちでした。他の登場人物もこの人は日本のあの人に似ているなぁとすぐ思い付きました。田んぼに案山子があったりと、風景も日本の山間部の農村にそっくりで、文化人類学的な興味からも楽しめました。

|

« バースディ・ランチはミートローフ | トップページ | Blue on blue »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バースディ・ランチはミートローフ | トップページ | Blue on blue »