« nano | トップページ | 鈍牛は夕陽を目指す »

2005.09.20

最近観た映画

P1100549s
日曜にリッチモンド大学の外国語映画上映会でA Very Long Engagementを観た。
アメリの監督(ジャン=ピエール・ジュネ)と主演女優(オドレイ・トトゥ)の組み合わせ。ワーナー・ブラザーズが制作費の35%資本参加したとか。
ストーリーはいろんなところのレビューで言う程複雑じゃないと思うけど、公式サイト等で予習しておいた方が楽かも。映画にはこの監督独特の毒が少々。オール・フランス人キャストの中で何故かジョディ・フォスターが出ていた。Big FishやTaxiにも出ていた脇役のマリオン・コティヤールが気になる。

bewitched_bigearly
土曜にはBewitched(奥様は魔女)を見に行った。
昔懐かしのテレビ番組のリメイクかと思ったら、リメイクを作る話の映画だった。ストーリー的には平凡。魔女が人間と恋することの葛藤も薄っぺらくしか描かれていない。でも、ニコール・キッドマンがひたすら可愛い。多分、それだけでいいのだろう。先日見たインタープリターでのシリアスな顔よりははるかに魅力的。
シャーリー・マクレーンの怪演、既に魔女の雰囲気。お父さん役のマイケル・ケインもいい感じ。地味な役だけどタイムキーパー役のヘザー・バーンズって結構好みのタイプかも。

brad_pitt4
Mr. & Mrs. Smithを観たのは3週間程前になるけど、忘れないように書いておこうっと。
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー主演のアクション・コメディ。ブラッド・ピットの離婚原因になったとか何とかいろいろゴシップのネタになった映画。映画自体は馬鹿馬鹿しくって、とっても楽しめた。

ブラッドが尋問する相手がFight ClubのTシャツを着ているといった小ネタが仕込んであったり。思わず夫婦の絆ってなんだろうなと考えさせられたり。まぁ、ここまで極端な夫婦もいないでしょうけど。うちは結婚以来、全然喧嘩したことないのだけど、喧嘩するんだったらここまで派手にやってみるのもいいかもしれないと思ったり。
トゥームレイダーの頃よりもアンジェリーナの女っぷりが上がっていて彼女の映画の中では一番魅力的だったと思う。
日本では12月に公開予定とのこと。

|

« nano | トップページ | 鈍牛は夕陽を目指す »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« nano | トップページ | 鈍牛は夕陽を目指す »