« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.26

旅人とマジシャン

P1100592s
University of Richmondの外国映画上映会、今日は2003年のブータン映画 Travellers and Magicians。日本じゃこんなの見る機会ないだろうなぁと思っていたけど、ネットで検索したところ昨年の福岡アジア映画祭で上映されたそうです。お見逸れしました。

ストーリーはアメリカかぶれの若者が渡航のためのビザを得ようと田舎から街へ向かう途中の話なんですが、素朴なユーモアに溢れていて面白かったです。「オレはアメリカで一儲けするんだ」と言う主人公に女の子が「アメリカ人なんて誰もブータンがどこにあるかもわからないんだよ。そんなところに行ってどうするの」って返したシーンは大爆笑でした。今日来ていた観客の90%以上は多分ブータンの場所を知らないだろうな。

以前から世界ふしぎ発見などのテレビ番組で紹介されるたびに言われることですが、ブータン人と日本人は顔立ちが似ています。この映画の主人公も さとう宗幸と桑田佳祐 を足したような顔立ちでした。他の登場人物もこの人は日本のあの人に似ているなぁとすぐ思い付きました。田んぼに案山子があったりと、風景も日本の山間部の農村にそっくりで、文化人類学的な興味からも楽しめました。

| | コメント (0)

バースディ・ランチはミートローフ

P1100576s
誕生日当日は職場のメンバーのスケジュールが合わなくて、翌日、ボスの奢りでバースディ・ランチ。行き先はダウンタウンのThe Tobacco Conpanyというレストラン。

P1100581s
食べたのはミートローフ。考えてみると日本のハンバーグに当たる料理はこっちにはなくて、ミートローフが一番近いかも。ハンバーガーのパテは基本的に純粋に挽肉だけでタマネギやパン粉、小麦粉は入っていない。

P1100585s2
職場に戻ってからサプライズでケーキが出てきた。こっちはそんなの用意していると思わないから、談話室で他のラボの人のデータ解析の相談に2時間も乗ってあげていた。何だかみんな入れ替わり立ち替わり、入り口を通るなぁと思っていたんだけど。あれはどれくらいで終わりそうか様子を伺っていたんだな。

| | コメント (5)

2005.09.22

鈍牛は夕陽を目指す

05HRF29-05s
しかし、牛くんのその後の行方は杳として知れない

Konica Hexar RF/Voigtlander Color-Skopar 21mm F4.0/f8.0-AE/AGFA VISTA 400

| | コメント (6)

2005.09.20

最近観た映画

P1100549s
日曜にリッチモンド大学の外国語映画上映会でA Very Long Engagementを観た。
アメリの監督(ジャン=ピエール・ジュネ)と主演女優(オドレイ・トトゥ)の組み合わせ。ワーナー・ブラザーズが制作費の35%資本参加したとか。
ストーリーはいろんなところのレビューで言う程複雑じゃないと思うけど、公式サイト等で予習しておいた方が楽かも。映画にはこの監督独特の毒が少々。オール・フランス人キャストの中で何故かジョディ・フォスターが出ていた。Big FishやTaxiにも出ていた脇役のマリオン・コティヤールが気になる。

bewitched_bigearly
土曜にはBewitched(奥様は魔女)を見に行った。
昔懐かしのテレビ番組のリメイクかと思ったら、リメイクを作る話の映画だった。ストーリー的には平凡。魔女が人間と恋することの葛藤も薄っぺらくしか描かれていない。でも、ニコール・キッドマンがひたすら可愛い。多分、それだけでいいのだろう。先日見たインタープリターでのシリアスな顔よりははるかに魅力的。
シャーリー・マクレーンの怪演、既に魔女の雰囲気。お父さん役のマイケル・ケインもいい感じ。地味な役だけどタイムキーパー役のヘザー・バーンズって結構好みのタイプかも。

brad_pitt4
Mr. & Mrs. Smithを観たのは3週間程前になるけど、忘れないように書いておこうっと。
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー主演のアクション・コメディ。ブラッド・ピットの離婚原因になったとか何とかいろいろゴシップのネタになった映画。映画自体は馬鹿馬鹿しくって、とっても楽しめた。

ブラッドが尋問する相手がFight ClubのTシャツを着ているといった小ネタが仕込んであったり。思わず夫婦の絆ってなんだろうなと考えさせられたり。まぁ、ここまで極端な夫婦もいないでしょうけど。うちは結婚以来、全然喧嘩したことないのだけど、喧嘩するんだったらここまで派手にやってみるのもいいかもしれないと思ったり。
トゥームレイダーの頃よりもアンジェリーナの女っぷりが上がっていて彼女の映画の中では一番魅力的だったと思う。
日本では12月に公開予定とのこと。

| | コメント (0)

2005.09.16

nano

P1100532s
今、nanoと言えばiPodなの...ってこともないか。
来週にまた一つ歳を取る僕の誕生日プレゼントにワイフがiPod nanoを買ってくれた。 職場に届いて「わぁい」と喜びつつも、考えてみるとここしばらく誕生日プレゼントを貰っていなかった。前回最後に貰ったのはいつだっけなと思い返してみると、確か3年前の第2世代iPod (10GB) だったような気がする。
3年の間にiPodはすごく薄くなっちゃったけど、まさか愛情も薄くなったということはないよね。

| | コメント (5)

2005.09.14

パンダ@ワシントンDC

週末、ワシントンDCの国立動物園にパンダを見に行ってきました。 パンダはここでも人気者でした。

P1100457s
Tian Tian(♂)、この岩穴みたいなのには実はエアコンが内蔵されているそうで、びっくり。

P1100474s
Mei Xiang(♀)、運動スペースが広く、草木がいっぱい。

05HRF30-11s
実はこのパンダたち、年間100万ドル(1億1千万円)の10年契約で中国から借りているものだとか。 う〜ん、海を越えて出稼ぎに出て、年間100万ドルも故郷に仕送りしているなんて、何て偉いんでしょう。
動物園の方も大金を払っている元を取ろうというわけでもないのだろうけど、売店にはパンダ関係のグッズが盛り沢山。

| | コメント (2)

2005.09.13

SEPTEMBER 11, 2001

05HRF30-18s

昨日は運動がてらUniversity of Richmondのキャンパスを散歩。 大きな木が多く、適度な起伏があって散歩には具合がいい。歩いていると噴水の周りに献花されている4つのベンチを見つけた。

05HRF30-21s

近づいてみるとベンチの表面に名前が刻んであった。そして名前の下に生年月日と命日が。生年月日は4人とも違うけれど命日はどれもSEPTEMBER 11, 2001。

P1100525s

昨日、街中至る所で見かけた半旗の意味にやっと気が付いた。

上・中:Konica Hexar RF/Leitz Summicron 35mm f2.0 (2nd)/Kodak MAX 400/f2.8-AE
下:Panasonic DMC-F1/f2.8-1/50

| | コメント (0)

2005.09.11

モノクローム・キャット

05HRF28-12s

05HRF28-18s

05HRF28-16s

Konica Hexar RF/Leitz Summicron 35mm f2.0 (2nd)/Kodak B&W/f2.8-AE

映画館のそばの本屋は引っ越してしまい、先日、前を通ったときは次の店子のために改装中。
気軽に猫を触れる場所がなくなってちょっと残念。

| | コメント (0)

2005.09.07

Williamsburg Winery

P1100404s
Labor Dayの連休に数日の休暇を加えて現在遅めの夏休み中。昨日は自宅から車で1時間ちょいのところにあるWilliamsburg Wineryに行ってきた。

P1100402s
ワイン貯蔵庫の周囲に広がるブドウ畑。ブドウの木が高させいぜい2mくらいで細長い列になっているのは、機械でこの列を跨いで収穫するため。

P1100401s
このブドウはメルロー。粒が小さく色が濃い。

P1100395s
有料($7)の貯蔵庫見学と試飲に参加してみた。 ワイナリーの歴史に関するビデオを見た後、地下倉庫に案内された。黴くさい地下倉庫で眠るワイン樽。ワイン樽はフランス製だった。
赤ワインは飲むときに室温でというが、その室温とはワインセラーと同じ温度とのことで、それは50°F=10℃。だから赤ワインでも飲む前に冷蔵庫で軽く冷やしてあげた方がよいという説明だった。

P1100398s
最後に7種類のワインを説明を聞きながら一口ずつ試飲。試飲に使ったグラスはお土産としてお持ち帰り。 試飲した中で気に入ったカベルネ・ソーベニヨンを2本買って帰った。

| | コメント (2)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »