« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.30

風速60m/s

082905今朝のニュースでやっていたハリケーンKatrina。風速60m/sだって。時速になおすと216km/hで新幹線並みの早さ。ちょっと凄すぎ。再上陸したルイジアナ州では相当の被害が出ている模様。幸い今回、うち(矢印の先あたり)はルートから外れていて大した影響もないようだ。


昨年はちょうど今頃、小型ながらも急速に発達した熱帯低気圧Gastonの直撃を受け、普段自宅まで20分で帰れるところ、4時間掛かったり、職場が停電で3日閉鎖されたりと散々な目にあった。
今年はどうか大変なことがありませんように。

| | コメント (5)

2005.08.27

これもアメリカ流なのか

アメリカで不思議なことの一つ。
ビールやワインにアルコール度数表示がないのだ。ジンやウォッカ、バーボンなどのハードリカーには必ず表示があるのに。
理由はわからない。 水や清涼飲料水と同じ扱いって訳じゃないと思うけど。

P1100302ギネス・エクストラ・スタウトは好きなビールの一つ。こんもりと盛り上がったクリーミィな泡を舐めるときに幸せを感じる。ラベルにIMPORTEDと書いてあるので、てっきりイギリスからの輸入品かと思ったら、カナダでのライセンス生産品だった。確かに輸入品なんだろうけどちょっと騙された気分。味は変わらないのだろうけど。

P1100304近所のスーパーの総菜コーナーに "Sushi is back! Taste is better than ever!" との手書きの張り紙と共にSushi、敢えて寿司とは書かない、が並んでいた。さてどんなものかと買ってみたが...
中身はカニかまのマヨネーズ和え。この小さな6個を食べるのに一苦労。どう考えてもこれを寿司とは呼べないと思う。しかし、これで今までよりもマシになったということは以前は一体どんな...

| | コメント (6)

2005.08.26

これがアメリカ流なのか

P1100285s定期購読していたNewsweek誌購読更新のお知らせが届いた。

実は購読期間が切れたのは今年の2月。購読期間中を含めてこれまで一体何回このお知らせを受け取ったことやら。しかも雑誌はまだ送られてきている。お金は払っていない。つまり半年以上もタダ読みしていることになる。もちろん、この先、払うつもりもないし、契約を更新するつもりもない。MacWorld誌も1月に購読期間が切れたのに、つい先月まで、「これが最後の雑誌です。今すぐ購読更新して下さい。」って紙が毎号、表紙について届いていた。
アメリカでは雑誌を定期購読すると1冊当たり本屋で売っている価格の半額は当たり前。7割8割引きなんてのもある。その上、タダで半年送ってきたらすごい割引率になる。というか書店売りが高すぎるのか。

これがアメリカ流なんだろうか?
元は取れていると思うけど、大丈夫なのかと思ってしまう。

現在はWIRED誌を購読中だけど、期間が切れた後どれくらい届くのか楽しみ。しかし、日本では雑誌は定期購読しても定価販売で割引ないし、下手すると送料分が割り増しになるのは何とかならないものか。

| | コメント (2)

2005.08.21

長いこと嘘に騙されること

物語とはいかに上手に嘘をつくかに掛かっていると思う。
そして28年にわたって騙され続けていた嘘が終わった。

今日、STAR WARS episode 3を観た。
映画や小説の楽しみとは上手な嘘に騙されることの快感。
エンドロールを見ながら確かにこの嘘は終わってしまったのだとしばし感慨にふける。明日からちょっと寂しくなる、と言ったら大げさかな。

映画ではヨーダが大活躍。ヨーダは昨年死去した義父に似ていてヨーダがアップになると彼のことを思い出してしまった。 そういえばヨーダのモデルは溝口健二監督の脚本家だった依田義賢氏であるという説がある。

映画館の並びにある本屋は明日で移転。映画の前の時間潰しに猫を触れる貴重な店だったのに残念。いつも猫を触り写真を撮るだけで何も買わなかったので、今日は罪滅ぼしに1冊お買い上げ。
P1100270s
ミルクティ1号は左目の具合が悪いらしい。2号は写真を撮ろうと思ったらどっかに行っちゃった。

P1100272s
ミケは今日は機嫌がよかったみたい。相変わらず愛想悪いけど。引越し先でも元気でね。

| | コメント (0)

フラクタル その2

P1100260s
模様に閉じこめられた時間の記憶


| | コメント (0)

2005.08.18

マッシュルーム

P1100252sP1100254s

日本に比べてアメリカの方が圧倒的に安いものっていうのが、いくつかあるけど、マッシュルームはそのひとつ。1ポンド(453g)、250円くらい。

<マッシュルームと鮭のパスタ>

強火でオリーブオイルを熱し、ニンニクのスライスを炒めて、そこに鮭の切り身を塊のままいれる。両面を少し焦げ目が付くくらいに焼いたら、スライスしたマッシュルーム、タマネギ、ざく切りにしたトマトを入れ蓋をして火を弱め野菜から出る水分で鮭を蒸し焼きに。
フライ返しで食べやすい大きさに鮭を崩してそこにゆで上がったパスタを入れ、塩、胡椒で味を調えてできあがり。

| | コメント (4)

2005.08.15

正しき場所

P1100236ss

暑さに負けてしばらく散歩していなかったら、いつもの散歩コースにいつのまにか脱力系の看板が生えていた。

P1100238s

P1100239s
百日紅の紅が目に染みる。まだまだ暑い日が続きそう。

| | コメント (0)

2005.08.11

わがまま?

夜は寝たくない。
朝は起きたくない。

030831c4

夕焼けは好き。
朝焼けは嫌い。


これって わがまま?

| | コメント (2)

メキシカン・レストラン

P1100162s
夜が来る

P1100164s
出番を待つテーブル達

P1100157s
壁の中のマタドール

| | コメント (0)

露出計算板

P1100216s
20年以上前、季節や被写体に相当する絵に指針を合わせると露出値が出るという計算板式の露出計「関式露出計セノガイド」というのがあった。友人が持っていて、その時はカメラに内蔵の電気式露出計があるのに何の役に立つのだろうと思った。 時は過ぎ、露出計のない古いカメラを使うようになったとき、セノガイドがあれば便利だと思い至るもとっくの昔に製造中止。たまにネットオークションで見かけると電気式の露出計が買えるくらいの落札価格に物欲も一気に冷めてしまう。
電気の力を借りずに手軽に露出を決めることができるのはクラシック・カメラにふさわしいと思い、某カメラショップのオリジナル商品開発掲示板で復刻または同等品の製作を2年半前に要望した。その後、前向きに考えるとの返事を貰うも未だ実現には至らず。風の噂では特許関係がクリアにならず、話が進められないとも聞いた。しかし特許は原則として出願日から20年で失効するはずなので、特許以外にも何か障害があるのかもしれない。

先週、1時間仕上げの写真の現像を待つ暇つぶしに本屋で写真雑誌を立ち読みしていて、露出計算板「Black Cat Extended Range Exposure Guide」の広告を見かけた。< a href="http://www.blackcatphotoproducts.com/">BLACK CAT PhotoProductという会社名を記憶し、帰宅後ウエブを検索したところ、同社のサイトから直接買えることを知った。

P1100215s
そして届いたのがこのカード。三つ折りになっていて内側にはいろいろな条件、例えばSnow in full sunはA、Twilight at sunsetはFという具合に書いてある。ダイヤルを回してアルファベットとフィルム感度を一致させると絞りとシャッター速度の組み合わせが得られるという仕組み。 XMAS TREEやSTAINED GLASSなんて状況が設定してあるのがアメリカっぽい。

想像していたよりも大きくてちょっと残念。せめて面積が半分になれば携帯に便利なのだが。しかし、そうなるとアメリカ人の大きな手と年寄りの老眼では取り扱いが苦しくなるかもしれない。絞りが1024までとピンホールカメラにも対応している辺りが "Extended Range" と名乗る理由か。実際のところ、フィルムの箱にある露出の目安表にちょっと毛が生えたくらいの性能だが露出に対する勘を養うにはいいかもしれない。

| | トラックバック (0)

2005.08.08

シンデレラマン

朝、いつものように遅く起きたのに、昼食後、小説を読んでいるうちにいつの間にか眠っていた。眠りに落ちたときは外は目も眩む強い日差しが溢れていたが、目覚める時は激しい雷雨に起こされた。どうやら我が家は発達した積乱雲の底にあるらしく、周囲で雷が落ちまくっている。
夏の休日にはよくあることだが、こんな風に昼寝して、目覚めたときに暗くなっていると時間感覚がずれてしまう。薄暗い部屋の中で朧気な意識を手繰り、今の時間を確定し、意識と同期させるのに時間が掛かる。ともあれ、なんとか同期に成功し身体から2.5cmくらい浮いていた意識を取り戻す。そしてこんな休日にトドメを刺すのは映画だと思い至り、雨が止んだの見計らい、いつものByrd theaterに行った。上演中の映画はシンデレラマン

P1100205s
ロン・ハワード監督、ラッセル・クロウとレネー・ゼルウィガーが主演。大恐慌時代の実在のプロボクサーの話。ネタバレは意図しないので詳細は控えるが、素直に映画に感情移入できればラストには感動が待っている。つまり、ロン・ハワード節、全開。観終わった後の余韻は「アポロ13」に似ている。でも電気を止められるくらい貧乏しても、服だけは家族みんな結構いいのを着ていたのが不思議。

5月に観た「ミリオンダラーベイビー」のときもそうだったが、ボクシング映画での観客の一体感は素晴らしい。スクリーンの上に映る作り物の影の一挙一動に息を飲み拍手をし声援を送る。アメリカで映画を観る醍醐味のひとつは観客との一体感かもしれない。

P1100206s

前回、映画を観たのは7/3のTHE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY(邦題:銀河ヒッチハイク・ガイド)だったから1ヶ月程間が空いてしまった。考えてみると、この映画のことを書きそびれたままだった。イギリスでカルト的な人気を誇るSFコメディの映画化とのことでいやが上にも期待したけど、残念ながら僕の趣味には合わなかったみたいで、途中眠りこけそうに。しばらく前にNHKでイギリスのテレビ番組「宇宙船レッドドワーフ号」てのをやってたけど、ユーモアのテイストは似ているかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.05

たまにはLC-Aを使ってみたり

先日のヴァージニア・ビーチの写真のフィルム・カメラで撮影した分。カメラは久しぶりにLOMO LC-Aを使いました。同じ日の同じ場所を撮ったデジカメの写真と比べると、とても同じ日とは思えない。

PR01186623ss
まるで80年代の雰囲気

PR01186612s3
映画「太陽がいっぱい」のラストシーンを思い出した

PR01186610s2

PR01186609s2
アナログもやっぱり捨て難いと思う今日この頃

LOMO LC-A/Program AE/Fujifilm super HQ200/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うな玉丼

P1100150s
一時期に比べると随分マシになりましたが暑い日が続いております。
中華系スーパーで買った冷凍うなぎ蒲焼きでうな玉丼を作ってみました。バテないようにと思って栄養を摂り過ぎると、かえって太ってしまうのではと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.04

tempo time tag

普段の生活で腕時計をしなくなって何年経つだろう。
仕事に支障があるので職場では腕時計はできないし、実際のところ公私ともに腕時計の必要性を特に感じない生活なのだ。腕時計をしないのに慣れると、たまに腕時計をする必要があるとすごく腕が煩わしい。一時期、ポケット・ウオッチを持ち歩いたこともあったけど、最近はポケットが重いのも煩わしくなってしまった。
そんな時、ネットサーフィンをしていてこれはいいやと思ったのがvesseltempo time tagというクリップ式の時計。vesselのサイトからメールオーダーして待つこと10日の今日届いた。
P1100152s
クリップの向きがそれぞれ右と左の2個セット

P1100155
シャツに付けてみると軽くてとっても具合がいい。
作りはちょっとオモチャっぽくて耐久性がちょっと心配。それよりもっと心配なのは外すのを忘れて洗濯しちゃうこと。気をつけなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.03

Stop and Go Peppers

P1100095s
P1100091s
緑、黄、赤のピーマンが袋に入ってStop and Go Peppers。鮮やかな色に惹かれて買ってみました。

ちなみに昨年7月のエントリーにも書いていますが、ピーマンは日本へはアメリカ経由で入ってきたにもかかわらず、「ピーマン」って言葉はフランス語(piment)由来なのです。英語では基本的に通じません。bell pepperまたは単にpepperって言います。

P1100144s
3色ピーマンで青椒肉絲(チンジャオロウスー)を作ってみました。ソースは既製品だからやることといったら、細切りにした牛肉に片栗粉をまぶして、同じく細切りにしたピーマン、缶詰のタケノコと炒めるだけ。隠し味にオイスターソース少々と刺激を求めて刻んだ鷹の爪1本を加えてみました。

彩りもよく、味も上々。酒とご飯が進みすぎるのが欠点かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.02

私を野球に連れてって

P1100099s
昨日は片道3時間半の道程をBaltimoreのOriole Park Cameden Yards球場までBaltimore Orioles vs Chicago White Soxの試合を見に行った。本来の予定ではデーゲームのはずが、テレビ中継の関係でナイトゲーム、しかも20時開始に変更になった。出発がゆっくりなのはいいけど、帰りは一体何時になるやら。
球場はぱっと見、ホテル風。実際、球場内もまるでホテルのような豪華な作りになっていて驚いた。

P1100106s
お目当てはWhite Soxの井口選手。ホークス時代よりも一回り大きくなったような雰囲気。1打席目クリーンヒット、2打席目はフォアボールを選んだ後、盗塁成功。2打席とも得点に絡んだ活躍。しかし3打席目でデッドボールを喰らい、ここで大事を取って代走が出て交代でした。上の試合前の練習のフィールドの手前にちょこっと小さく写っているのが井口選手。小さくてわかんないね。
試合自体は初回にOrioles先発のロペスがいきなり火だるま。White Soxが大量に得点し、後は大味な展開になったけど、それでもいろいろ楽しめた。 そういえば、ここでは7回のストレッチの時に「私を野球に連れてって」じゃない歌を歌っていた。試合終了は午前0時。それから空いた高速道路をお巡りさんに捕まらない程度にすっ飛ばして(ちなみに僕は運転してません)、2時間ちょいで帰宅。帰宅と同時にバタンキュー。

P1100100s

メジャーリーグと言えば、New York YankeesのマイナーであるColumbus Clippersと契約した野茂投手、週末にClippersの遠征に合流してRichmondに来ていたらしい。そして、本日、夕方、Norfolkでの試合でメジャー昇格をかけて登板予定だとか。好成績を収めてメジャーに復帰して貰いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »