« 私を野球に連れてって | トップページ | 週末に観た映画 »

2005.06.12

マグノリア

ヴァージニアの春を代表する花がドッグウッド(花水木)ならば、初夏の花はマグノリア(泰山木)。樹高20mを超える常緑の大木に甘い香りを漂わせながら大ぶりの白い花が咲くのは見事です。
左上から右に時間経過を追って並べてみました。
1.蕾に茶色のベールが掛かっている 2.ベールが割れる 3.緑の蕾が現れる 4.緑色が消える 5.蕾がふくらみ始める 6.外側の花びらが広がる 7.横から見た状態 8.花心部は上が雌しべ、下が雄しべ 9-10.下の方から雄しべが外れて外側の花びらに貯まる 11.花びらは付いたまま茶色に干からびていく

m001

m002

m003

m004

m005

m006

m007

m008

m009

m010

m011

|

« 私を野球に連れてって | トップページ | 週末に観た映画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私を野球に連れてって | トップページ | 週末に観た映画 »