« Musical Baton | トップページ | 渡った先に »

2005.06.27

外国語映画上映会

リッチモンド大学の外国語映画上映会で先週は2001年スペイン映画 INTACTO (10億分の1の男)を見た。
この映画、日本にいるときに雑誌の映画評を見て少し気になっていた。人間の「運」について描いたサスペンス映画。 公式ページはこちら

「こんなところで運を使いたくない」とか「運を使い果たした」なんてことをよく耳にするけど、「運」というのは使ったからといって減るもんではない。その代わり、なにかのはずみに潮が引くように突然消えてしまうというのが僕の考え。実際、周囲を見渡しても運のいい人は何をしても運がいいし、不運続きのひとはいつまでたっても運が悪いような気がする。

映画は面白かったですよ。ハリウッドでリメイクされるという噂もあります。しかし、最近のハリウッド映画はリメイクものばかりでパワーを失っていると思う。

P1090543s
今週見たのは2002年フランス映画 Bord de mer (海のほとり)。ジュリー・ロペス=キュルバル監督。同年のカンヌ映画祭新人監督賞受賞作。

ノルマンディー地方の海辺の田舎町でのお話。特に大きなドラマがあるわけでないが、登場人物はみんな何か満たされないものを抱えて苛ついている。現実の世界でもそうだけど、苛ついている人を見るのは嫌い。そして何かが解決したわけではないけれど、ラストは妙な明るさをたたえていた。
特に共通点があるわけではないけど見終わった後、フェリーニ監督「甘い生活」を思い出した。

次回の上映会は9月とのことで楽しみ。

|

« Musical Baton | トップページ | 渡った先に »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今は「仄暗い水の底から」リメイク版のテレビ・スポットがよく流れています。
ジェニファー・コネリーvs黒木瞳の対決興味があります。ってちょっと違うかも。

最近のハリウッドでのリメイク流行りはいかがなものかと関係者を小一時間問いつめたい気分です。制作費の高騰で映画がこけちゃうと会社のダメージが大きいせいなんでしょうけど。
Shall we dance?のハリウッド版をオリジナルキャストが吹き替えると面白いことになるだろうなと密かに思っています。

投稿: iseita | 2005.07.01 00:37

リメイクリングがテレビでやっていましたが、
リメイク+吹き替えで、なんとも間が抜けて、
ゲラゲラと笑ってしまいました。

この映画面白そうですね。

投稿: Furo | 2005.06.30 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/4730012

この記事へのトラックバック一覧です: 外国語映画上映会:

« Musical Baton | トップページ | 渡った先に »