« マグノリア | トップページ | Carytown Books »

2005.06.15

週末に観た映画

ここのところ休日の昼間はひたすら眠り続け、夕方になってやっと意識が戻って行動するというパターン。で、夜は眠れないかというとそんなことはなくて普通に2時には寝てしまう。まぁ普段2時に寝るのが既に普通ではないのかもしれないのですけど。ある意味、睡眠障害なんでしょう。でも、平日は全く支障なく仕事しているのです。

P1090450s
夕方意識が戻ったところでお馴染みのBYRD Theater「Sahara(邦題:サハラ〜死の砂漠を脱出せよ〜)」を見に行く。プロローグが南北戦争時代のわが町リッチモンドというところで観客から拍手と指笛。これに限らずアメリカで映画を観ると観客の反応がおもしろい。
冒険とお宝と美女、それにちょっとだけアメリカの歴史。3月に観たナショナル・トレジャーと同じパターンですね。そう言えばインディ・ジョーンズにも新作の噂が。

P1090454s
映画館の横にはストリート・マジシャン

日曜にはリッチモンド大学外国語映画上映会へ。今回はアルゼンチン映画「El Abrazo Partido (英題:Lost Embrace)」
この映画は2004年第54回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(主演男優賞)受賞とのこと。 舞台はブエノスアイレスのショッピング・モール。ポーランド系ユダヤ人家族を背景に、日々の中で自分を失いそうな次男坊が自分探しをするというお話。
何となくジム・ジャーニッシュ監督のストレンジャー・ザン・パラダイスを彷彿とさせるストーリー展開。というか、いくつかの小さなエピソードの切れ目にタイトルを入れるやり方って誰が始めたのでしょう?ひょっとして無声映画時代のテクニックなのかな。

P1080334s
リッチモンド大学は森の中にひっそりと佇む瀟洒な大学


|

« マグノリア | トップページ | Carytown Books »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マグノリア | トップページ | Carytown Books »